ナツユ探偵事務所

十二、

「すごかったんよ、露草くん! 妖怪を倒したんよ!! 見とらんかったん?!」 「わかった、わかったから向日葵ちゃん」  熱く語る向日葵に、仲居の男は笑う。  俺たちは全員、風呂場からロビーの方に戻っていた。怪異の消滅を伝えたことで、ロビーは安堵した雰囲気に包まれている。  萌黄は椅子に座っている露草に寄って、心配そうに声をかけた。 「露草くん、怪我はない?」 「大丈夫だよ、萌黄さん。心配してくれてありがとう」 「そう……なら良かったわ」  萌黄はそう言って露草を見つめ、照れたように微笑む。  ……おい何だ、この萌黄の態度の変わりようは。露草、さっき二人で二階に行ったとき、一体何をしたんだ……!  露草に疑いの目を向けていると、烏羽と茜が宿泊客への説明を終えて、俺たちの方に歩いてきた。 「こうして小満さんの死因がわかっていても、書類上では病死として処理されるでしょう」  烏羽はそう言って、俺たちを見る。 「しかし、我々は怪異の存在を認知しました。あれは法律では裁けませんが、実質は殺人犯と同じです。市民の平和のために、今後は見過ごせない」 「小満さんの身元、そしてあの壺を手に入れた経緯については、今後も調査を続けます。それから、もしまた怪異の関わる事件が起きたときには、露草くんに連絡を取ります。よろしいですか?」  茜が説明を引き継ぎ、露草に聞いた。  露草は、俺の方を振り返る。 「どう思う?」 「無理にとは言わないが、引き受けたらいいんじゃないか?」  俺がそう提案すると、露草は微笑み、再び二人の方を見た。 「いいよ。けど、タダでとはいかないな。ぼくたちもそれを仕事にしているわけだし」 「良いでしょう、そのときはこちらで報酬は用意します。……それではよろしくお願いします」 「今回も、ご協力ありがとうございました!」  烏羽と茜はそう言って敬礼をして、宿を去っていった。  入れ替わりで、女将の木蘭が俺たちに声をかけた。 「夜も遅いし、今日は泊まっていかないかい?」 「いえ、迷惑をかけるわけには行きませんから、お暇しますよ」  そう言って椅子を立ち上がると、露草も立ち上がった。  木蘭は俺たちを見て微笑む。 「全く、夏虫君は真面目だねぇ。二人共、今日はありがとう。また何かあったらいつでもおいで」 「はい。とりあえず、風呂が直るまでは来ると思います」 「そういえば、ぼくたちの家のお風呂、壊れてたね。いつ直るかな?」  三人でそんな話をしていると、ぴょこんと、木蘭の陰かららむねが出てきた。 『お兄さん、またお喋りしに来てね』 『ああ、もちろん。お前もいい子にしてろよ』  俺はしゃがんで、らむねのその柔らかい頭を撫でて、頷く。  向日葵と萌黄も、俺たちに微笑みかけた。 「また来てな! 露草くん、夏虫さん!」 「気をつけてね」  手を振る向日葵と、お辞儀をする萌黄に見送られ、そうして宿から出ようとしたそのとき、 「待ってくれ!」  一人の宿泊客が、俺と露草を引き止めた。  足を止めると、宿泊客は真剣な顔で俺たちを見た。 「猫と話せるって本当か? それに、化物を消したって聞いた。君たち、一体何者なんだ!」 「……それは」  その問いかけに、露草と顔を見合わせる。  俺たちは、何者か?  俺は猫と話ができて、露草は除霊ができる、それぞれ特殊な力を持っている霊能力者だ。  けれど、それは俺たちの使える能力であって、本質とは少し違う。 「俺たちは霊能力で事件を解決して、人の日常を守る仕事をしている、」  だから、それを聞かれたとき、俺はいつもこう答えることにしていた。 「探偵だ」  俺の言葉に、露草は微笑んで、付け加えた。 「猫や怪奇でお困りのときは、ナツユ探偵事務所にどうぞ」 「御守、使ってくれたんだね」 「ああ、ありがとう。そういえば返してなかったな」  とっぷり暗くなり、街灯が灯る住宅街。秋の夜の、肌寒い風が吹き抜ける。  人気のない道を露草と歩きながら、そう言って首にかけたままであった御守を外すと、露草はその手を制した。 「その御守、これからずっとナツが持っててくれない?」 「それは駄目だ、お前が困るじゃないか」  そう言って御守を差し出すが、露草は手も出さず、御守を見つめたまま黙る。  少し間が空いてから、露草は真面目な表情で、呟くように言った。 「あのね、ぼく自身は正直、市民の平和とか、他人の幸せとか命とか、どうでもいいんだよね」 「は? 今更、何言ってるんだ?」  初めて耳にした露草の真意に、困惑する。  他人のことがどうでもいい? それなら、 「じゃあ、何でお前は人助けの仕事してるんだ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ひよこランチャー

    駄ヶ目

    ♡600pt 2019年8月15日 0時46分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    君なら世界を救えるかもしれない

    駄ヶ目

    2019年8月15日 0時46分

    ひよこランチャー
  • 女神官

    水深 彗

    2019年8月16日 10時27分

    ポイントとスタンプありがとうございます!!いつも読んでいただきありがとうございます!!😺

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    水深 彗

    2019年8月16日 10時27分

    女神官
  • うどん

    早藤 尚

    ♡500pt 2019年9月6日 10時00分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは期待

    早藤 尚

    2019年9月6日 10時00分

    うどん
  • 女神官

    水深 彗

    2019年9月6日 11時18分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがたき幸せ

    水深 彗

    2019年9月6日 11時18分

    女神官
  • ひよこ剣士

    ハル

    ♡500pt 2019年8月15日 8時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    ハル

    2019年8月15日 8時53分

    ひよこ剣士
  • 女神官

    水深 彗

    2019年8月16日 10時28分

    ポイントとスタンプありがとうございます👼がんばりますー!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    水深 彗

    2019年8月16日 10時28分

    女神官

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 過去に書いた殺しの美学の改訂版

    ♡9,100

    〇0

    ミステリー・連載中・100話・70,244字 村上未来

    2020年9月23日更新

    感情の無い園山美玲は、産まれて初めて興味の持てるものを見つけた。それは人を殺す事。絶対無二の美しさを持つ彼女は学習する為、様々な生物を殺し始める。そして… 皇伊織は神になりたかった。頭脳明晰な彼は神になりうる手段を模索していた。そして催眠術と出会った。不可能と言われる催眠術を使っての殺害を繰り返し続ける伊織は、美玲と出会う。 美玲と伊織が出会った瞬間、何かが起こった。 寝た切りの絶対的存在の父親に殺人を強要される少年 記憶を無くした美少女 愛する者を殺され心が壊れた少年 幾人もの普通とは異なる人種達のストーリーが、やがて1つになる 過去に書いた殺しの美学の改訂版です。内容が少し変わります。

  • これは挑戦。

    ♡66,100

    〇1,180

    ミステリー・連載中・17話・34,935字 一輝

    2020年9月23日更新

    目には目を、歯には歯を、犯罪には犯罪を‥‥ 世に蔓延る身勝手な凶悪犯罪の数々 そして、正義とされる筈の法律に守られ、犯した罪の重さ通りには決して裁かれない加害者達。 それにより、2度目の大きな傷を負わされる被害者達‥‥ そんな理不尽を過激にぶっ壊していくのは、犯罪者を犯罪で狩る 黒き執行人『黒峰 蓮』 そして、それに相対するは、己が正義を貫く心優しき信念の刑事『蒼井 龍太』 矛盾した正義というものが、正しく生きる者を傷つけていくものとなっているこの現代社会に、タブーとされている事柄に躊躇なく斬り込んだ、ハードボイルドなweb小説界の問題作。 「正義とは何か?」 犯罪に犯罪で対抗するダークヒーローのその姿、貴方は共感しますか?それとも悪だと否定しますか?