現代/青春ドラマ 長編 連載中

いつか私を思い出して

作者からの一言コメント

処女作です。二人の少女の物語です

読了目安時間:3時間9分

ある少女たちの数奇な人生の物語を書こうと思っています。 気軽に立ち寄っていて抱ければと思います。 ※この物語はフィクションです。多少調べてはいますが、自分の知識と想像で書いているので、現実とは異なることがあります。 もし気づいたことがあればコメントください。現実ではこうですよなど...

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 いつか私を思い出して
作者名 こいこい
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 女主人公 現代日本 日常 事故 恋愛 学園 家族 美少女 過去 手紙
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月30日 17時00分
最終投稿日 2021年9月18日 15時00分
完結日 -
文字数 94,253文字
読了目安時間 3時間9分
ブックマーク登録 17件
コメント 16件
スタンプ 184件
ビビッと 31件
応援ポイント 187,300pt
ノベラポイント 1,641pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女子高生が、納屋から発掘したR32に乗る話

    車好きでない女子高生の凸凹カーライフ劇 

    32,400

    420


    2021年9月23日更新

    高校3年生になった舞華は、念願の免許を取って車通学の許可も取得するが、母から一言「車は、お兄ちゃんが置いていったやつ使いなさい」と言われて愕然とする。 納屋の奥で埃を被っていた、レッドパールのR32型スカイラインGTS-tタイプMと、クルマ知識まったくゼロの舞華が織りなすハートフル(?)なカーライフストーリー。 ・エアフロってどんなお風呂? ・本に書いてある方法じゃ、プラグ交換できないんですけどー。 ・このHICASってランプなに~? マジクソハンドル重いんですけどー。 など、R32あるあるによって、ずぶの素人が、悪い道へと染められるのであった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間30分

    この作品を読む

  • 社会不適合者として生きていたら、いつの間にか凄腕のバリスタになっていた件

    癖の強いバリスタの物語です。

    43,800

    110


    2021年9月23日更新

    世界的バリスタである葉月梓は今やコーヒー業界の第一人者と呼ばれるまでになった。 しかし梓がどのようにしてバリスタの頂点にのし上がったのかを知る者は少ない。ファンたちは梓が努力もせず、才能だけで人生を謳歌しているものだと思っている。 今の梓があるのは、数えきれないほどの苦労や試練があったからであるとも知らずに。そう思っていた矢先、梓は生まれてから今までの過去を思い返すのであった。 これは世間の荒波に揉まれながら、拡大を続けるコーヒー業界の中で成り上がっていく、1人のバリスタの物語である。 なろうにもこの作品の改稿版を投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:29時間28分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔法少女になりたかったのに!

    魔法少女に憧れる少女のドタバタコメディー

    288,700

    700


    2021年9月22日更新

    「あんさんに、助けてほしいんや」 関西弁を話す奇妙な黒猫と出会った、魔法少女オタクJCの西村千秋。 そんな黒猫と契約した千秋が身を投じたのは、魔法少女になって敵と戦う運命――になるとばかり思っていたのに、実は悪の組織の一員になっていた!? 契約を破棄しようとする千秋。 だけど 「悪の組織を抜けたら、魔法少女オタクなことを周りにバラすで」 なんて脅されて、大好きな魔法少女の敵として戦う羽目に。 しかも悪の組織はブラック企業も真っ青になるくらいの労働環境。 果たして、悪の組織が魔法少女に勝てる日は来るのか? そして千秋は大好きな魔法少女を愛する日々に戻ることはできるのか!? 【表紙は大江戸ハマチ様(@Hamachi_Oedo)に描いていただきました。ありがとうございます。】

    読了目安時間:5時間7分

    この作品を読む

  • アルビオン王国宙軍士官物語~クリフエッジと呼ばれた男~(クリフエッジシリーズ合本版)

    ハヤカワ文庫さんのSF好きにお勧め!

    244,000

    1,790


    2021年8月24日更新

    人類が宇宙に進出して約五千年後、地球より数千光年離れた銀河系ペルセウス腕を舞台に、後に“クリフエッジ(崖っぷち)”と呼ばれることになるアルビオン王国軍士官クリフォード・カスバート・コリングウッドの物語。 ■■■ 宇宙暦4500年代、銀河系ペルセウス腕には四つの政治勢力、「アルビオン王国」、「ゾンファ共和国」、「スヴァローグ帝国」、「自由星系国家連合」が割拠していた。 アルビオン王国は領土的野心の強いゾンファ共和国とスヴァローグ帝国と戦い続けている。 4512年、アルビオン王国に一人の英雄が登場した。 その名はクリフォード・カスバート・コリングウッド。 彼は柔軟な思考と確固たる信念の持ち主で、敵国の野望を打ち砕いていく。 ■■■ 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:25時間18分

    この作品を読む