文芸/純文学 短編集 連載中

日刊ソメヂメス劇場

作者からの一言コメント

鍛錬企画「毎日書き物メソッド」参加作品

読了目安時間:3時間14分

総エピソード数:75話

五色ひいらぎ様の鍛錬企画「毎日書き物メソッド」に参加させていただきます。出来れば毎日ジャンル不確定で思いつきのような掌編を更新したいと思います。さらっと読める文字数ですのでお付き合いいただければ幸いです。 都合により毎日更新出来なかったらごめんなさい。

前へ

1-75

次へ

前へ

1-75

次へ

作品情報

作品名 日刊ソメヂメス劇場
作者名 ソメヂメス
ジャンル 文芸/純文学
タグ 毎日更新 群像劇 鍛錬企画参加 ノベプラオンリー 毎日書き物メソッド 現代日本 日常 ほのぼの
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年9月15日 23時26分
最終投稿日 2021年11月29日 13時10分
完結日 -
文字数 97,201文字
読了目安時間 3時間14分
総エピソード数 75話
ブックマーク登録 17件
コメント 173件
スタンプ 420件
ビビッと 58件
応援ポイント 120,978pt
ノベラポイント 87pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • これは我が家最寄りのジェイアぁルの駅である。

    ※これはオマージュです。ノットパクリ。

    0

    0


    2021年11月30日更新

    みなさまは、のみに始まりのみに終わる、某絵本をご存知だろうか。ちょっと何言ってんのかわかんないです、という人は今すぐこの画面を閉じ、「のみ ぴこ」で検索してほしい。あの華麗なる言葉遊びは後世に語り継がれるべき文学作品だ。ちなみに小学五年生にしてようやくあの絵本に出会った私は、あまりの感動に一冊暗記してしまった。いやまあ実質一ペぇジしかないのだが。で、何が言いたいのかというと、要するに私もオマぁジュしてみようと思うのだ。一日一日、少しずつ 少しずつ、愛情込めて文章を育てようと思うのだ。ある程度の長さになるまでかなりの時間がかかるだろうが、どうか、生温い目で見守っていただきたい。 かしこ 訳:おねがいします見捨てないで

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • ショート・ショート・ストーリー

    これまで書いていた短編のまとめです。

    0

    0


    2021年11月30日更新

    三篇の短編です。お暇があれば。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    5,000PV感謝! 『帝国編』進行中

    146,930

    515


    2021年11月26日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマが王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる————

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間16分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    455,750

    1,900


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む