街外れ、半人前、ふたりぼっち

読了目安時間:7分

エピソード:6 / 7

6.ぼくの秘密と、噂の正体

『師匠の、わからず屋っ!!』  背中に掛けられた制止の言葉を振り切って、師匠のもとを飛び出したのは、何年前のことだっただろうか。  それからは、ずっとひとりだった。身寄りのない私にとって、師匠だけが唯一の身内だったから、ひとりでもなんとかなる、と思いこむしかなかった。  事実、なんとかする力が私にはあった。周りの魔女たちも、私を天才だと持て囃していたから、それが当たり前だと思っていた。  挫折を知らないまま、はじめての試験に臨んだ。そこで初めて、隷属というものの存在を知った。  生まれてはじめて挫折を知った。それを知られたくなかったから、変化の魔法で大人のフリをしていた。  規則という大きな力の前では、子供は無力だった。  そしてそれは、どれだけ修行を積んでも、研究を繰り返しても、すぐに埋められるようなものじゃなかった。  二度目の試験。うまくいくと思っていた。実際はあの有様だ。見立ても実力も、何もかも足りなかった。  試験場を飛び出して、あてもなく彷徨った。たまたま見かけたベンチに座って、これからのことを考えた。 「これからのこと……?」  大人になれない私が、これからのことを考える必要はあるの?  子供のための明るい未来は、大人になる意思のうえだけに成り立つものじゃないの……?  そんなことが頭をよぎって、考えることがいやになった。  考えることをやめると、ただ、虚しいだけだった。  雨あがりのベンチは冷たくて、夜風はひたすらに寒かった。  ひとりになりたいのと同じくらい、誰かと一緒に居たかった。  全部を吐き出してしまいたい。そう思うだけで動けない私を、ロビンが迎えに来てくれた。  子供の姿で、そのままの気持ちをぶつけた。私のただの我侭に、ロビンはぼろぼろと涙を流してくれた。    子供だけど、子供だからこそ、本音を言えた。受け入れてくれたことを、受け入れられた。  格好悪いところは全部、しっかり見せた。  ……今度は、格好いいところを見せる番だ。  ∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬∬  ローブの袖口で涙を拭っていると、ロビンがハンカチを貸してくれた。ちいさくお礼を言って、照れくささを振り切るように、勢いよく立ち上がった。 「付き合ってくれてありがとね、ロビン」  ひとりで終わった気になっちゃだめだ。私はまだ、ロビンのお願いを叶えていない。  振り返って手を伸ばしたけど、今の私の身長じゃ、あんまり意味がなさそうだ。  慌てて引っ込めようとした手を、ロビンがぎゅっと握りしめた。  これじゃ、私が手を引いてるんじゃなくて、ただ手を繋いでるだけじゃないか。  そう言おうとしたけど、ロビンの手があんまり暖かかったから、言う気になれなかった。 「さ、今度はロビンのお願いの番よ。お家はどこかしら?」 「えっ……? 試験は、もういいの?」 「うん、もういい……あ、意地とかじゃないからね!」  これは、隷属の話だけじゃない。  なりたくもない一人前になって、嘘をついてまで大人ぶるくらいなら、子供のまま世界を広げてみよう。  私の理屈と感情が、そう言っていた。 「今までの私が苦しかったのは、きっと、大人に認めてもらおうと必死だったから。でも、ロビンに認めてもらえて、ああ、これでよかったんだ、って前を向くことが出来たの」  私の胸の奥に引っかかる何かは、もう、すっかり抜け落ちていた。 「私は、私を認めて生きていく。だから、もうなんの躊躇いもないの」  浮かべていた箒を呼び寄せて、掴んだ手のひらに力を込める。  ……子供の姿をやめて、もう随分と経つ。体の使い方だけはすっかり大人だったから、自分の体の成長にも気が付かなかった。箒ひとつ持つのも、体を持ち上げるのも、自分のものじゃないみたいに辿々しかった。  両手を使えば楽だけど、そうはしなかった。  繋いだ手を離したくなかった。それを隠すことも、恥じることも、したくなかった。 「えっと、ぼく、ひとりで帰るから……」 「はあ?!」  だからこそ、ロビンがそんなことを言い出した瞬間、私は箒からずり落ちそうになった。 「何言ってるのよ。もともと、あなたのお母さんを私に診てもらうための話でしょ?」 「それは……そうなんだけど……」 「あ! ひょっとして、私の魔女としての力を疑ってるのかしら? 試験に落ちるような半人前の魔女なんかに、お母さんを診せたくない、って……?」  箒から降りて、俯くロビンの顔を下から覗き込む。  我ながら意地の悪い質問と表情だと思ったけど、いまの自分は子供なんだ。多少の我侭は許されるはずだ。 「違うよ、違うんだけど……っ!」 「ならいいじゃない。そうしないと釣り合いがとれないし、私だって納得がいかないわ。ロビンだって、私の格好いいところ、見てみたいでしょ?」 「それは……うん……」 「決まりね」  にやりと笑って、私は今度こそ箒に飛び乗った。万が一のことを懸念して、身体強化魔法をかけた小さな手のひらで、ロビンの手を体ごとぐっと引き寄せる。驚きながらも私の後ろにおさまったロビンが、あたふたと両腕を動かした。 「じっとしてて頂戴。危ないわ」 「ごめんなさい。でも、掴むところがなくて……」 「肩でも腰でも、掴めばいいじゃない」 「え、でも、どっちもちっちゃい――」 「――何か言ったかしら?」 「いえ……」  二の句を封じ込めて、ぐんぐんと高度をあげた。空は私の世界だ。文句は言わせない。  それにしても、ああ、自分に嘘をつかなくていいことが、こんなに気楽だとは思っていなかった。 「その……セレーネさん、人が変わったみたいだね……」 「もとに戻ったって言ってほしいわね。それとも何? 大人の私のほうがお好み?」 「…………」 「ほら、場所を教えてくれなきゃ、降りられないわよ」  雨上がりの空、真正面にぽっかり浮かんだ月が、暗闇に沈む眼下の景色を淡黄色に照らしていた。  聞きながら、懐の時計を取り出す。金属のこすれる快音に目を落として、すぐにもどす。その腕と重なるようにのびたロビンの指先が、ほとんど真下の森の一点を指した。 「……あなたの家を、教えて欲しいのだけれど」 「だから、僕の家です。あそこ……」  箒を傾けて、ロビンの指先に目を凝らした。街の入り口からさほど遠くない森のなか、木々の屋根のかわりに、人工物らしき屋根が確かに見えた。  街で数年暮らしているのにも拘らず、初めて見る家だった。私の屋敷がある森は、街を挟んでちょうど反対側にあるから、気が付かなかったのかもしれない。  両親のどちらかの生業と関係があるのかな、とも思ったけど、いま、ロビンに親のことを聞くのはよくない。  その家に箒の矛先を向けて、素直に急降下した。  ……暗い。  降り立って見上げた家の第一印象は、それだった。  森の中にあるわけでもない。振り返れば、街灯の光に覆われた景色が一望できる。  なのに、どこか人の気配がしないような。そんな家だった。  外壁に立て掛けられていた斧と薪だけが、かろうじて、誰かの所有物であることをしめしていた。  木でできていたその家は、踏み入れた途端、くすんだ悲鳴をあげた。扉をノックしてみるも、病人だからだろうか、なんの反応もなかった。 「おじゃましますー……」  声が小さくなってしまったのは、部屋のなかにいっさいの照明がなかったからだ。  窓がないのか、月の光すら射し込んでいない。家の中のはずなのに、森の中のような真っ暗闇の空間だった。  ……ぎし。  見えない視線の先から、木の軋む音が響いた。  ロビンのお母さんだろうか。足取りらしいその音が妙にゆっくりだったから、私は急いで家のなかに飛び込んだ。  なんの病気であろうと、ヒトは無理をするとすぐに死んでしまう。  いくら適切な処置を施しても、引き返せない境界というものはある。  とりあえず、暗すぎるこの部屋をなんとかしたかった。ひとまず指先に焔を浮かべて、私はロビンへと振り返った。 「ロビン? 早く入ってきて、照明を――」  瞬間、左手に掴んでいたはずの箒の感触がなくなった。  ぱらり、と、藁屑が舞い落ちてきた。木と木のこすれる音に釣られて頭上を見上げると、天井に這った黒い影が、ばたばたと暴れる私の箒を押さえつけていた。 「……おかえりなさい、ロビン」  紛れもない怖気が背中を走り抜けて、私は声のしたほうへと指先を突き出した。  闇の奥を照らす焔が、人の良さそうな笑顔を浮かべる女性の姿をうつしだした。 「……ただいま、母さん」  今度は背後から。小さくつぶやくようなロビンの声と、扉の閉まる音。  わけもわからず強ばる体に魔力を込めて、向かってくる足音に向けた火の勢いを強めた。  ゆらり、と。風もないのに、焔が逃げるようにゆらめいた。なおも強めた焔が、視界を明転させた。  血のようにどろりと揺れる瞳の光、闇のなかでざわざわと蠢く黒髪、そこから覗く艶のある両角。  ……そして、影のない体。 「一人前になるための捕食、その子に決めたのね?」  その姿と、その発言。  私は、ようやく事態を把握した。  ――街外れの森の魔女。この街での私の通り名。  夜な夜な子供をさらい、食べたり、実験のために使い捨てたりするという――  その、正体。  咄嗟に翻そうとした肩は、ロビンの手に掴まれて、私は一歩も動けなくなった。 「……ごめんなさい」  横目で見たロビンの唇の奥に、親指ほど太い牙がのぞいた。  私の逡巡は、答えに辿り着いた瞬間、終わりを見せた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇200pt 2021年11月26日 23時36分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「宇宙(コスモ)」ステラ

    くにざゎゆぅ

    2021年11月26日 23時36分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月27日 7時39分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    実は狙ってました。

    羽山一明

    2021年11月27日 7時39分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年3月10日 5時20分

    いや、あれ? おかしい、違います! 拙者いったい何を見せられているでありますか? 違うのです! 拙者、もっとこう甘々の……。えっ?

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年3月10日 5時20分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年3月10日 17時14分

    じつを言いますとこれが既定路線です。本来は喰われて死ぬホラーです。書いている途中で、あまりにもセレーネが不憫になり、なぜかハートフルな感じになっちまいました。残酷になりきれないのが悩みです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年3月10日 17時14分

    ミミズクさん
  • ひよこ剣士

    乃木重獏久

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年3月1日 23時44分

    ハートフルな成長譚かと思いきや、紛うことなきホラーですね! まさか、このような展開になるとは。どんでん返しが最高です! とはいえ、ここで終わるとは思えません。もう一捻りありそうな気が。ハートフルで終わるのか。それとも絶望で終わるのか。果たして……。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    乃木重獏久

    2022年3月1日 23時44分

    ひよこ剣士
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年3月2日 7時30分

    ホラーだったんですよ、これ。途中がもっと短くて、ここで終わり、という流れが本来のアイデアで。でも、途中でセレーネが不憫になってしまって、思いっきり話を転進させました。どうしてこうなった。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年3月2日 7時30分

    ミミズクさん
  • 野辺良神社の巫女

    花時雨

    ♡500pt 〇30pt 2021年11月26日 23時10分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    きゃーーーっ!

    花時雨

    2021年11月26日 23時10分

    野辺良神社の巫女
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月27日 3時00分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    実は狙ってました。

    羽山一明

    2021年11月27日 3時00分

    ミミズクさん
  • サキュバステラ

    特攻君

    ♡100pt 〇10pt 2022年1月27日 11時39分

    まさかの展開に 羽山さんのニヤリ顔が浮かびますなあ(´▽`*)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    特攻君

    2022年1月27日 11時39分

    サキュバステラ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年1月27日 17時54分

    いやこれ本来の流れなんです。食われて終わり、のホラー作品のはずだったので、今までの流れがむしろ予定外です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年1月27日 17時54分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ソード・オブ・ホワイト–魔術至上主義の世界で最強剣士を目指す

    想像を掻き立てる戦闘描写と情景描写

    200

    0


    2022年5月25日更新

    --その昔、現代に六龍と伝承される龍がいた。 英雄は龍を短刀へと封印し、計六本になったそれを『始祖の剣』と名ずけ、異なる特徴をもった6つの剣術『龍派』として、後世へと伝承した。 剣士達はしのぎを削り、いつしか剣術至上主義の世界が完成していたが、ある日世界に魔術が登場し、圧倒された剣士達の地位は転落していく……。 時は経ち、魔術至上主義へと完全に移り変わった現代に、 誰も才を持てず、架空の龍派とされていた6つ目の龍派『白鱗流』の才を持つ少年『アルバ』がいた。 アルバは魔術至上主義の世界で剣士差別を受けながらも、自らが最強剣士となり差別のない世界を作る野望をもつが、 世界の有権者は幾多の覇権に揺るがされていて……。 そんなある日、アルバは1人の剣士オベロンに進級審査を救われ、最強剣士への憧れをより一層募らせる。 1人の名も無き少年アルバが、剣術で世界を相手に戦うファンタジー作品です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

  • 継ぎ接ぎバーコード

    存在を許されない僕らはどう生きればいいの

    67,700

    100


    2022年5月19日更新

    ──それは、少年が自分自身で与えた罰。 存在を許されない“バーコード”と呼ばれるバケモノ達と継ぎ接ぎの少年。そして人間達の苦悩や葛藤。 生きたいとか、殺したくないとか、愛されたい。そんな願いが、全て叶わない。物語。 「どうか、安らかに死んでくれ」 殺戮の運命を背負う少年と、生きたいと足掻くバーコード達の、命の物語。生きる事のもどかしさ、苦痛、愛することについて考えさせられる作品です。 かなり残酷描写が多い作品なので、注意してください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間58分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 戦国夜話 ドラゴンVSフェニックス

    よろしくお願いします

    94,126

    1,127


    2022年5月24日更新

    戦国時代で最強とうたわれた武将、越後の龍( ドラゴン )・上杉輝虎ちゃんと、戦国時代きっての最弱大名でありながら、領民や部下に支えられ、何度ボコられても復活する不死鳥( フェニックス )のような小田氏治。何の因果か、はたまた運命か?この二人が今、なし崩しに激突する! 戦国時代で異彩を放った、最強と最弱の二人がいかに「 山王堂合戦 」で八時間もの激闘を繰り広げ、雌雄を決していったかを綴って参ります。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間34分

    この作品を読む

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    236,480

    535


    2022年5月20日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間2分

    この作品を読む