街外れ、半人前、ふたりぼっち

読了目安時間:4分

エピソード:1 / 7

1.玄関先の迷子と、パーティーへのご招待

 降り始めた雨が、長いローブを重く染めあげる。  遠目に見える雲から、雷が舌を出してこちらを睨んでいる。凶兆だ。 「ああ、もう! 大事なパーティーの日なのに……っ!」  雨に打たれた箒が、みるみるうちに不機嫌になっていく。  なだめるように魔力を込めて、もうすぐよ、と声をかけた。  ひとつの山を越えた先、見慣れた街のはずれ、森の奥。  ぐん、と高度を下げて、庭先に降り立つ。雨垂れの景色の向こう側、屋敷を背景に、見慣れない人影がうずくまっていた。  子供だろうか。煉瓦の階段の上に俯いたまま座り込んで、雨音に溶けるような、か細い泣き声をあげている。 「……ねえ、君、どうしたの? 迷子?」  少し迷ったけど、声を掛けてみた。ずぶ濡れの体がぴくりと動いて、子供はゆっくりと顔をあげた。  年端もいかない男の子だった。  雨のなか、ここで泣き続けていたんだろうか。濡れた目元がすっかり赤くなっていた。 「……お姉さんは、この街の魔女さん?」 「そうよ。小さな子供をさらって食べちゃう、悪くて怖い魔女なの」  箒の端切れを少し千切って、ふっ、と息を吹きかけた。  ぽん、と音をたてた端切れが、小ぶりの傘に姿を変えた。ちょっと心配になる音を立てて開いたそれを、少年にさしだした。 「だから、私がお腹を減らす前にお帰りなさい。拭くものくらいなら貸してあげるわ」  精一杯、優しい声で話しかけたつもりだった。だけど、子供はふるふると首を横に振った。 「魔女さんは、ひとつお願い事を叶えてあげると、お返しにお願いを聞いてくれるんだよね?」 「…………」  ――街外れの森の魔女。それが、この街での私の通り名らしかった。  夜な夜な子供をさらい、食べたり、実験のために使い捨てたり。  千年以上生きていたり、果ては、実は女装だったり。  ……願いを叶える契約を結ぶと、見返りに願いを叶えてくれたり。  それは、魔女というより悪魔のような、何一つ当たっていない、ただの噂。  どうやら、この少年はその噂を信じてここに辿り着いたようだった。  渋面を見せないよう俯いても、こぼれる溜め息までは隠しきれなかった。 「いいこと? それはただの噂話。私は魔女だけど、悪魔みたいに契約を結んだりはしないのよ」  少年が力なく項垂れた。痛ましい姿に、私の気持ちまで沈みそうになる。  だけど、人と魔女は安易に関わり合いになるべきではない。そういう掟なのだ。 「さ、おうちの人も心配しているわ。帰りましょ?」 「お母さん、倒れちゃったの……ごはんがなくって……」  さしだした手のひらが、自分でもはっきりわかるくらいに震えた。  少年の抱える願いごとが、震えた喉から、声より強く伝わってくる。  薄雲を仰ぎ見る。時間がない。 「……わかったわ。じゃあ、今夜の魔女の試験で、私のお手伝いをしてくれるかしら?」 「それが、お願い?」  涙をきった少年の、返す言葉の語気が強まる。瞬間、電撃のように体中に迸った圧力が、彼の意志の強さを物語っていた。 「ええ。だけど、魔女だって万能じゃないわ。力になれるかはわからない。それでもいい?」 「……いい。でも、お手伝いって何をするの? 僕、魔女じゃないよ?」 「従魔のフリをして、隣に立っていてくれればいいわ。どうせ、着替えなきゃいけないしね」  言いながら、近くに浮かべていた箒を呼び寄せた。  あれこれ準備しようと思ってたけど、この子がいれば問題なさそうだ。必要なことは道中、追々で考えよう。 「さ、そうと決まったら、後ろに乗って頂戴。時間がないわ」  立ち上がった少年が、私と箒をちらちらと見比べながら、おそるおそる、私の後ろに跨った。魔力を込めた箒が地面から離れた瞬間、バランスを崩したのか、少年が背中に体重を預けてきた。 「怖かったら、肩でも腰でも掴んでていいわよ」 「うん……ありがとう。魔女さんは、悪くも怖くも見えないね。魔女じゃないみたいだよ」  ――そりゃあ、そうでしょうね。  少年の気遣いに愚痴をこぼしかけて、慌てて代わる言葉を探した。 「『魔女さん』じゃないわ。セレーネって呼んで頂戴」 「わかった。僕のことも、ロビンって呼んでね」  ……何年ぶりかの自己紹介。しかも、相手は人間、それも子供だ。  どうかしている。そう思うし、知られれば誰にだってそう言われるだろう。  こみ上げていた後悔は、だけど、雨に打たれる空の下で、呼吸に紛れて消えてしまった。  風を切って突き進む夜空が、私の体を責め立てるように冷やしていく。  だけど、寒くはない。背中から伝わるぬくもりが、凍りつく体を内側から温めてくれる。   思い出さないようにしていた、人の肌の心地よさを、いまは離したくない。    そんな、ばかなことを考えてしまったから。

3話構成予定です。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇200pt 2021年11月18日 22時08分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは期待

    くにざゎゆぅ

    2021年11月18日 22時08分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月19日 2時45分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    羽山一明

    2021年11月19日 2時45分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年3月7日 5時14分

    なにこのエモい情景……。とんでもないく期待が高まっていきますぞ! ええ! ショタも大好物ですはい!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年3月7日 5時14分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年3月7日 11時08分

    ありがとうございます! 性癖を満たせるかどうかはわかりませんが、こういう日常的な話も好きなのです。「魔王」が落ち着かないと書けないですが。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年3月7日 11時08分

    ミミズクさん
  • ひよこ剣士

    乃木重獏久

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年2月24日 23時46分

    遠雷と雨音が耳の奥に響いてくるかのような描写、流石ですね。魔女の怖い噂を信じながらも、恐怖を押し切って訪ねてきたロビンの切実な願いに心を動かされる、セレーネの優しさが伝わってきます。従魔として試験に立ち会う事になった男児と優しき魔女の物語に、早くも引き込まれました。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    乃木重獏久

    2022年2月24日 23時46分

    ひよこ剣士
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年2月25日 4時03分

    ありがとうございます。ハロウィンということで、またしてもファンタジーに手をつけてしまいました。優しげな一人称視点を起用しつつも、例によってあれこれ影を仕込んでおります。ふたりの半人前の一夜のおはなし、どうぞお楽しみください。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年2月25日 4時03分

    ミミズクさん
  • あんでっどさん

    星降る夜

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年2月1日 17時54分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    楽しませていただきました

    星降る夜

    2022年2月1日 17時54分

    あんでっどさん
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年2月2日 1時02分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    羽山一明

    2022年2月2日 1時02分

    ミミズクさん
  • 女魔法使い

    ななせ

    ♡500pt 〇50pt 2021年11月11日 12時39分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    この世界観…好きですっ!

    ななせ

    2021年11月11日 12時39分

    女魔法使い
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月12日 1時45分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    報われました…!

    羽山一明

    2021年11月12日 1時45分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 風の国のお伽話

    魔法もスキルも無い世界の真面目っ子奮闘記

    992,420

    36,131


    2021年6月19日更新

    むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、小さな山村で起きるありきたりかもしれない小さな事件。 だが当人たちにとっては生死にも関わる重大なその事件の前後で、王族の連枝の末の王子ユーキと村長の養子ケンが試練に立ち向かう物語。 他領からの養子である自分を優しく受け入れてくれた村を愛して止まず、我が身を顧みず村人達を率いて戦いに臨むケン。 幼い日に出会った少女の思い出を胸に、国民の幸せを信条としてひたすらに学びに励むユーキ。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 それぞれに困難に向き合う二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔物はほんの少し出て来ますが、その領分を人間が侵さない限りは手を出して来ません。 魔法っぽいものは魔物にしか使えませんので、人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 闘争や人が死ぬ描写がありますのでご注意ください。 恋愛部分は糖度高いです。甘々です。 ランキング最高順位(2021/9/30時点) 総合:日間1位、週間1位、月間5位、年間19位、累計109位 ジャンル:日間1位、週間1位、月間2位、年間10位、累計52位 応援有難うございます。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 「小説家になろう」にも掲載しています。 表紙絵は雪丸ぬん先生作。使用許諾を得ております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間50分

    この作品を読む

  • この世の果てで誰もが幸せになれる世界を探して

    誰かと幸せを探して

    600

    0


    2022年5月24日更新

    この世界は悲劇である。 誰かが救われれば、誰かは救われない。 誰かが幸せになるならば、誰かが不幸になる。 世の中はそうしてバランスをとってできている。 自分が幸せになるためには誰かが不幸になるしかない。 そういうことは学校では教えてくれない。 繰り返すがこの世界は悲劇でできている。 革命は血を流して起こっている。 平和は戦いの後で成り立つものだ。 誰かが笑っているそばで誰かが泣いている。 誰かが楽しそうにしている横で誰かが泣いている。 歴史は悲劇でできている。 現代を生きる我々が美化しているだけだ。 「ならば今を生きる私には何ができる?」

    読了目安時間:21分

    この作品を読む