街外れ、半人前、ふたりぼっち

読了目安時間:4分

エピソード:3 / 7

3.ふたつの覚悟と、離れた手のひら

 ――りぃん、と。  ふたりきりの部屋、冴え渡る鐘のような音が、余韻も爽やかに会話の隙間に飛び込んできた。  音につづいて、私の胸元が強く震えた。首の鎖に指を引っ掛けて、思い切り引っ張り上げると、ひとりでに蓋の開いた時計と目が合った。 『お時間です。お時間です。壇上へどうぞ――』  気味が悪いほどに流暢な声をあげて、時計はぱたぱたと飛び去っていった。天井近くまで辿り着くと、照明の光と同化するかのように、燐光を放って消えてしまった。 「……だいじょうぶ?」  下から聞こえたその声に、私ははっと息をのんだ。  睨めあげていた横顔を見られた。そして、そのことでロビンに気を遣わせてしまった。  それじゃあいけない。彼をこの世界に引き連れ、巻き込むことを選んだのは私だ。  その私が、彼の指針という役目を放棄するなんてことは、決して許されない。  たとえ、どんな理由があろうとも。 「大丈夫よ。行きましょうか」  自分に言い聞かせるようにロビンの手をとり、大広間へと踵を返す。  その空間に踏み入れた瞬間、ぴり、と、肌が震えた。じとりと水気を含んだ針のような視線が、横合いから次々と投げかけられた。  遅れたロビンと繋いだ手がかすかに緩む。その手をぎゅっと握り直して、私たちはどんどんと突き進んだ。  靴音高く、踏み抜くように壇上へ登る。後ろに続くロビンが登るのを見届けてから、私は正面に向き直った。  老齢の魔女がひとり、私と相まみえるように佇立していた。  年季を感じさせるローブをまとう姿は、さながら枯木のような静けさを放っている。しかし、深く刻まれた皺の奥に覗いた眼光は、見るものを竦ませる迫力を確かに湛えていた。  ――よりによって、この人が試験官か。舌打ちしたい衝動を噛み殺して、私は箒を握りなおした。 「お見せなさい」  ただの一言、それっきり。赤紫のグロスで塗りつぶされた唇が、二度開かれることはなかった。 「……はい」  小声でロビンを呼び寄せて、胸元に抱きかかえるように立ってもらう。  小さな体が、目を逸らしたい恐怖と、目を離せない恐怖に、かすかに震えていた。  わずかな間だけでも矢面に立たせることが心苦しくて、その体を後ろから抱きすくめた。びく、と震えた体は、だけどすぐに、やわらかな落ち着きを取り戻してくれた。 「ごめんね。ちょっとだけ、我慢しててね」  ぽん、と頭を撫でた手のひらに、そのまま力を込める。爪先からつむじまで、体中にうずくまっていた魔力を、手のひらの先に集約させるイメージ。指先から迸った魔力が、ロビンの体を介して魔法に代わる。そう見えるように、偽る。  血のように熱っぽく溢れる魔力が、悪趣味な照明を押し返す光彩を放って――  ――すぐに、消え去った。 「あ、れ……?」  さっと、血の気が引く感覚が全身を覆った。背中に感じる、居心地の悪い視線が、よりいっそう重圧を増した。  もう一度。魔力を集め、思念と呪文を込めて、放つ。だけど、結果は同じだった。  私の魔力は、魔法に代わるまでもなく、ロビンの体に触れたそばから、あっけなく弾けて消えていった。  しん、と静まり返った部屋に、溜め息がこぼれた。顔をあげた私の前で、老齢の魔女がわざとらしく視線を逸した。  ふたたび開いた唇はわずかに、だけど確かに、失意のかたちに歪んでいた。 「セレーネ、あなたのことは、誰よりもよく知っているつもりです。類まれなる変化の使い手であり、その他の魔法技術もきわめて優秀であることも。よく、知っています」 「…………」  続く言葉が、私の期待を裏切るであろうことは、その声色が何よりはっきりと示唆していた。 「ですが、その少年、隷属化していませんね? そしてあなたはそれを偽り、みずからの力だけで魔法を行使しようとした。そうですね?」  私の思惑は、すべて見抜かれていた。  手から、全身から、力が抜けていった。 「……はい」 「魔女の世界は、一度踏み入れば抜け出すことのできない世界です。隷属をつくることは、魔女の力を増幅させることのみならず、世俗を捨て、こちら側の世界に飛び込む覚悟の証なのですよ?」 「……はい。よく、存じております」  目頭が、喉奥が、燃えるように熱い。  お前には覚悟がない。そう言われているのだ。  ……悔しい。  私だって、覚悟を捨てる覚悟を決めてここに立っている。  魔女を目指すものとして、その志を貫き、規則すら疑って望んだつもりだった。  私の力では、例外の壁を破ることはできなかった。それだけだった。 「ご指導、ありがとうございました。失礼します」  表情を見せたくなくて、私は顔を下げたまま振り返った。  赤絨毯のやわらかい感触に八つ当たりするように、思い切り踏み抜いて駆け抜けた。  血の気が引いた指先に残る、ほんの小さな暖かさにも気づけないままに。

何話になるかもうわかりません

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇200pt 2021年11月20日 20時43分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    センスに脱帽です

    くにざゎゆぅ

    2021年11月20日 20時43分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月20日 23時37分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがてえありがてえ

    羽山一明

    2021年11月20日 23時37分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年3月8日 6時08分

    やだもう~、めっさ甘々やないですか~。足りない、足りないです。しかし風向きが変わって不穏な雰囲気。甘々路線が永遠に続くことを祈りますぞ押忍。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年3月8日 6時08分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年3月8日 10時21分

    不穏とは、平穏があるからこそ際立つものです! その逆もまた然り、どちらも長くは続きません。最後に傾くのはどちらのほうか。どうぞ最後までお確かめのうえ……。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年3月8日 10時21分

    ミミズクさん
  • ひよこ剣士

    乃木重獏久

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年2月27日 0時49分

    隷属化した存在が必要であるにも拘わらず、ロビンを従魔として立ち会わせたことに、セレーネの深い考えを感じます。しかし、期待する結果を得られずに、ロビンを残したまま、逃げるように壇上を降りる彼女の姿が物悲しい。それを見ているはずの老いた試験管の視線には、何が浮かんでいるのでしょうか。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    乃木重獏久

    2022年2月27日 0時49分

    ひよこ剣士
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年2月27日 8時19分

    隷属が前提であることから、ロビンにそのフリをしてもらえば、或いは。と考えたのでしょう。実力はあれど、規則には完全に従うことが出来ず、またしても残念な結果となってしまいました。取り残されたロビンは、果たして……?

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年2月27日 8時19分

    ミミズクさん
  • 野辺良神社の巫女

    花時雨

    ♡500pt 〇50pt 2021年11月16日 8時31分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    なんだこの胸の高鳴は・・・!

    花時雨

    2021年11月16日 8時31分

    野辺良神社の巫女
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月16日 9時34分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尊いは全てを解決する

    羽山一明

    2021年11月16日 9時34分

    ミミズクさん
  • 女魔法使い

    ななせ

    ♡100pt 〇50pt 2021年11月19日 23時31分

    どうなるんですかね~とても気になる🎃🎃

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ななせ

    2021年11月19日 23時31分

    女魔法使い
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月20日 16時20分

    どうなってしまうんでしょう……(話数と締切的な意味で

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2021年11月20日 16時20分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 風の国のお伽話

    魔法もスキルも無い世界の真面目っ子奮闘記

    992,420

    36,131


    2021年6月19日更新

    むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、小さな山村で起きるありきたりかもしれない小さな事件。 だが当人たちにとっては生死にも関わる重大なその事件の前後で、王族の連枝の末の王子ユーキと村長の養子ケンが試練に立ち向かう物語。 他領からの養子である自分を優しく受け入れてくれた村を愛して止まず、我が身を顧みず村人達を率いて戦いに臨むケン。 幼い日に出会った少女の思い出を胸に、国民の幸せを信条としてひたすらに学びに励むユーキ。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 それぞれに困難に向き合う二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔物はほんの少し出て来ますが、その領分を人間が侵さない限りは手を出して来ません。 魔法っぽいものは魔物にしか使えませんので、人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 闘争や人が死ぬ描写がありますのでご注意ください。 恋愛部分は糖度高いです。甘々です。 ランキング最高順位(2021/9/30時点) 総合:日間1位、週間1位、月間5位、年間19位、累計109位 ジャンル:日間1位、週間1位、月間2位、年間10位、累計52位 応援有難うございます。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 「小説家になろう」にも掲載しています。 表紙絵は雪丸ぬん先生作。使用許諾を得ております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間50分

    この作品を読む

  • 報われない者たち ~毎晩更新!独特異色の哲学系学園譚!~

    第三章、武士道 vs 騎士道の体育祭!?

    26,500

    170


    2022年5月24日更新

    自殺一歩手前まで行った女の子が、高校に入学して七癖も八癖もある同好会に所属したことを転機に、先輩たちの心の闇を取り払うまでになる一年間の物語。 【あらすじ→】 高校に入学して間もなく、『報われない者たち』という謎の同好会に勧誘されてしまった水野舞湖。「なんだか面白そう」という理由でつい入会してしまうが、その活動実態は工作に筋トレに読書、小難しい議論をしているかと思えば、ボランティア活動と称した地域の七不思議の解明まで!? クラスマッチ、夏休み、体育祭に文化祭。高校生の日々を過ごす中でそれぞれの思想信条を持つクセ強な先輩部員たちに揉まれ、水野も段々と自分なりの ”ものの見方” を身に着け、人生に悩む先輩たちの心を支えていく。 そしてそれは、水野の心を救い、『報われない者たち』に水野を勧誘した張本人である、代表の杯賀にも……。 登場人物たちはみな日陰者、人生に社会にすべてを憂う "アンチ" 青春ストーリー「報われない者たち」、ぜひご一読ください。 各編予告動画↓ https://www.youtube.com/channel/UCJBNqWcDGjwyLRYqipiggIQ ※Twitterにあとがきのようなものを置いてます。 ※すべての発言、仕草、状況、展開を伏線だと思ってもらって構いません。本小説は群像劇、ないしは全体論的小説の一面を持ち合わせています。 ※本小説に登場する人物、集団、思想、発言、組織、商品、サービス、現象、地名、その他のすべてはフィクションであり、現実のそれとは何ら関係するものではなく、特定の何らかを推奨、勧誘、斡旋、揶揄、非難等をするものでもありません。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む