街外れ、半人前、ふたりぼっち

読了目安時間:5分

エピソード:5 / 7

5.私の秘密と、ふたつの泣き顔

 帽子と箒を握りしめて、ぼくは光の壁に飛び込んだ。  金色と銀色の世界が、ちかちかと眩しいだけの世界に変わる。その真ん中を、荷物をなくさないように、目をあけて走り抜けた。  奥のほうにみえた黒い点がぐんぐんと近づいてくる。光の輪っかのなかに口をあけた、まっ暗な森の景色に、ぼくは勢いよく飛び込んだ。  ぱっと広がった森のなかは、動くのも怖いくらいに、本当になんにも見えなかった。  試験の場所がこの森でよかった。と思いながら、ぼくは周りを見渡した。  セレーネさんの帽子はここにある。だから、あのきれいな金色の髪が、きっと目印になる。  そう思うとなんとなく、行き先が決まった気がした。  この森の真ん中にある、たったひとつの道。大きな森なのに、馬車がやっとすれ違えるくらいの、ちいさな道。  積もった葉っぱを飛び越えて少し歩くと、お月さまの光がだんだんと明るくなっていった。  そのそばにある茶色のベンチのうえで、子供みたいにひざを抱えてすわりこむ人影を見つけた。 「……ロビン?」  ちいさな声といっしょに、セレーネさんが顔をあげた。ぱらぱらと落ちてきた明かりの下でも、暗い顔をしているのがはっきりと見えた。  ぼくの腕から飛び出した箒が、セレーネさんに抱きついた。両腕で受け止めて揺れた髪の毛のうえに、帽子をそっと乗せた。ぼくが何も言わないでいると、セレーネさんは帽子をぎゅっとかぶって、また、うつむいてしまった。  ちいさなベンチだったから、ぼくが隣に座ると、それだけで腕がひっついた。セレーネさんの体は、服のうえからでもわかるくらいに冷え切っていた。 「だいじょうぶ?」 「ん…………」  ぼくの質問に、セレーネさんは顔の向きをずらして、うつむいたままぼくのほうを見た。 「……ね、お師匠さまから、私のこと、なにか聞いた?」 「ううん。教えてくれなかった。あの子に聞きなさい、って」 「そう……」  セレーネさんは、みじかい言葉のあとに長い溜め息をはいて、組んでいた長い足をほどいた。大人っぽいその体をじっと見つめていると、セレーネさんが箒を持ち上げて、そのさきっちょを額にこすりつけた。 「それじゃ、私の嘘、見せてあげるね」  そう言うと、セレーネさんは聞き取れない言葉を口にした。  落ちてきた光が、セレーネさんの体のうえに降り積もった。光はどんどんと集まって、セレーネさんの体のぜんぶを隠してしまった。まぶしくても我慢して、ぼくはその光をじっと見守った。  光が、ゆっくりとしぼんで、消えていった。 「……これが、本当の私なの」  そこにいたのは、ぼくよりも身長の低い、ちいさな女の子だった。声と目の色だけはおんなじで、それはセレーネさんがそのまま子供に戻ったみたいな見た目だった。 「嘘をついててごめんなさい。子供って言われるのが嫌で、見た目だけでも、って、変化の魔法で大人のフリをしていたの」 「…………」  セレーネさんが、通り名を呼ばれても振り返らなかった理由が、やっとわかった。  あれは、あの魔女さんたちは、セレーネさんのことをばかにしてたんだ。 「笑っちゃうわよね。さんざん大人ぶっておいて、ルールに従うこともできなければ、ルールを破る力もない。そんなふうに、中身はいつまで経っても子供のままだったのよ。本当、笑っちゃう……」  『……情けない』とつぶやいて、セレーネさんは空を見上げた。  その横顔が、今までずっと見てきた大人のセレーネさんよりも、よっぽど大人っぽく見えた。  ぼくがいくら悩んでも、夏の空みたいな透明な青い瞳に浮かんだ、薄い雲みたいな悲しみを晴らしてあげることは、きっとできない。 「笑わないよ」  だから、せめて、今はそばにいたい。 「魔女のことはわからないけど、セレーネさんはりっぱな人だと思う。だから、笑わないよ」  きゅっと唇を結んだセレーネさんが、ぼくの顔を少しだけ見上げて、そのままもたれかかってきた。  帽子が脱げて、きらきら光った髪の毛がぼくの鼻先をくすぐった。ハーブとシャンプーのまじったとてもいい匂いがして、なんだか恥ずかしくなったぼくは、ちょっとだけ顔を逸らした。 「……隷属ってね、その人を、その魔女のものにしちゃう契約なの」  うつむいたまま、セレーネさんが小さな声をだした。顔を見られたくないんだと思ったから、ぼくは返事の代わりに首を縦に振った。 「契約を交わした人は、その魔女に絶対に逆らえなくなるし、離れられなくなる。魔女が魔法を使うときは、溜めた魔力を魔女に渡す役目だったり、魔力の媒介……杖や、箒の代わりにされたりする。戦いになったときは、自分の命を捨ててでも魔女を庇うの。契約のときに、体にそういう命令がかかるんだって」 「…………」 「話せなくなったり、自分の意思で動けなくなるとか、そんなことはないの。だからみんな、隷属のことをパートナーっていう言い方をするけど、私は、怖いのよ」  やわらかい声がどんどん震えていったから、ぼくはその体に手をあてた。体も震えてたから、手のひらにぎゅっと力を込めた。 「好きな人を好きでいられる理由を、魔法で縛り付けたりしたくない。好きだって言ってもらえることも、私を庇うことも、その人の意思でそうしてほしい。自分より先に死ぬことが魔法で約束されてる関係なんて、私は結びたくない……!」  願い事が、そのままかたちになったような、そんな声だった。  セレーネさんは、たぶんぼくとおんなじくらいの歳だ。でも、大人になることを目指して、向き合って、悩んだ数は、ぼくとはきっと比べ物にならない。  その思いが、ぜんぶ、この声に込められている。  教えてくれた言葉の全部をわかってあげたいのに、言葉をなぞることしかできない。  それが悔しくて、気がついたら、目の奥が燃えるみたいに熱くなっていた。 「……だから、一人前の魔女は、人と関わっちゃいけない、っていわれてるのよ。魔女のほうが、べつの人に浮気しちゃわないようにね」 「じゃあ、セレーネさんが一人前だったら、ぼくたちは会えなかったの?」 「そうね。そうかもしれない――」  顔をあげたセレーネさんが、口を開けたまま固まった。ぼくを見上げた大きな目が、何度もまばたきを繰り返した。 「なんで、ロビンが泣いてるの……?」 「だって、セレーネさんが泣きたそうにしてたから……」 「なによ、それ……ばかみたい……」  途切れた言葉のあとを追いかけて、セレーネさんも涙をこぼした。  少しだけ悲しそうに、それでも最後は笑ってくれた。それを見たぼくは、よけいに泣いてしまった。  ぼくたちはそのまま、お互いの声が落ち着くまで、ふたりきりで泣き続けた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇200pt 2021年11月25日 22時30分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    くにざゎゆぅ

    2021年11月25日 22時30分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月26日 8時56分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    実は狙ってました。

    羽山一明

    2021年11月26日 8時56分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年3月9日 5時37分

    ショタじゃなかった! ロリショタ?だった! 読んでいる最中、これまで拙者の頭の中ではナイー◯タ氏の魔女シリーズの絵面がチラついていたわけですが、良い意味で裏切られました押忍! さあさ、このあとどんな展開になってくのか、とても楽しみであります!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年3月9日 5時37分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年3月9日 8時32分

    セレーネが指先をひと振りすれば、ジャンルは千変万化します。何とショタを掛け算するかは彼女次第です。半人前同士、分かち合う……ということで、どちらも子供でした、というわけです。いきなり生意気に見えてくる不思議。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年3月9日 8時32分

    ミミズクさん
  • ひよこ剣士

    乃木重獏久

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年3月1日 0時01分

    まさかの展開とは、このことですね。セレーネが子供だったとは。彼女の二つ名の意味、読み違えておりました。二人の子供の、他人を思いやる純真さに、心が洗われるようです。お師匠は、清らかな心の少女に魔女の宿命を負わせたくなかったからこそ、今まで試験に受からせなかったのかも知れませんね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    乃木重獏久

    2022年3月1日 0時01分

    ひよこ剣士
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年3月1日 2時35分

    「半人前」が「ふたりぼっち」のお話ですので、相方として描かれるセレーネもまた子供なのでした。ふたりを見送った師匠は、互いに認められないからこそ認めあえることを予見していたのかもしれません。仰るとおり、彼女はセレーネの未来の選択肢を広げたいのでしょうね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年3月1日 2時35分

    ミミズクさん
  • 野辺良神社の巫女

    花時雨

    ♡500pt 〇30pt 2021年11月25日 22時41分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    泣ける…

    花時雨

    2021年11月25日 22時41分

    野辺良神社の巫女
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月26日 8時56分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    感無量!

    羽山一明

    2021年11月26日 8時56分

    ミミズクさん
  • ミミズクさん

    柊らみ子

    ♡1,000pt 〇10pt 2021年11月20日 20時22分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良いものを見せてもらった

    柊らみ子

    2021年11月20日 20時22分

    ミミズクさん
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月20日 22時36分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    羽山一明

    2021年11月20日 22時36分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 勇者のくせに適性オールF〜最強Fランの反逆〜

    Fラン舐めんな!!

    0

    0


    2022年5月28日更新

    主人公のルークスは突如現れた女神に「ある女性を助けてほしい」とお願いされ異世界に行く羽目に その世界には、各武器を操るための”適性”がF〜Sまで存在していた。 気になる適正はまさかのオールF!? こんなんで謎の女の子を助けられるのか! と、不安になっていたらまさかの誰よりも最強? 前世の記憶が曖昧なまま異世界に飛ばされたルークスとは何者なのか。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 秋津皇国興亡記

    武家の少年と陰陽師の少女、そして姫君。

    4,500

    3


    2022年5月29日更新

    東洋の端に浮かぶ島国「秋津皇国」。 戦国時代の末期から海洋進出を進めてきたこの国はその後の約二〇〇年間で、北は大陸の凍土から、南は泰平洋の島々を植民地とする広大な領土を持つに至っていた。 だが、国内では産業革命が進み近代化を成し遂げる一方、その支配体制は六大将家「六家」を中心とする諸侯が領国を支配する封建体制が敷かれ続けているという歪な形のままであった。 一方、国外では西洋列強による東洋進出が進み、皇国を取り巻く国際環境は徐々に緊張感を孕むものとなっていく。 六家の一つ、結城家の十七歳となる嫡男・景紀は、父である当主・景忠が病に倒れたため、国論が攘夷と経済振興に割れる中、結城家の政務全般を引き継ぐこととなった。 そして、彼に付き従うシキガミの少女・冬花と彼へと嫁いだ少女・宵姫。 やがて彼らは激動の時代へと呑み込まれていくこととなる。 【第一章イメージイラスト】(作:SioN先生) https://mypage.syosetu.com/mypageblog/view/userid/1565330/blogkey/2959780/ もしくは https://www.pixiv.net/artworks/97086277 (本作は、「小説家になろう」様に連載中の作品を転載したものです。最新話は「小説家になろう」様下記URLまで) https://ncode.syosetu.com/n9451gu/

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間46分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    240,780

    545


    2022年5月27日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:9時間11分

    この作品を読む

  • ギベオンの浄罪者ハラシア

    心の灯火よ。星を越え、闇を照らす光となれ

    74,900

    10


    2022年5月29日更新

    科学が迷信を否定したはずの現代日本で、人の心の闇から生まれる魔物「ウツロ」が次々と人を襲いだした。 生まれながらの魔法と超能力に恵まれた青年ラシルは、双子の妹と共に「ツインローブ」として顔と正体を伏せ、その力で魔を狩っていく。 彼らの使命は、万年の眠りから覚めた魔の首魁「大禍龍」の打倒である。 いずれのしかかる、その使命の重さも知らずに……。 王道回帰の骨太バトルアクションファンタジー。ちょっと懐かしいワクワクを。 続く限り日曜更新予定です。また、予告なく推敲が入る場合があります。 少年漫画並みに流血過多。苦手な方はご注意ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む