恋愛/ラブコメ 長編 連載中

暗殺者に狙われています!

作者からの一言コメント

大好きだから殺すね

「あの、相談というか、お願いがあるんです」――謎の美少女転校生 「私の許嫁だから」――無口な幼馴染 「せっ、セクハラ!」――自称妹を名乗る少女 「先輩、あなたをいまから誘拐します」――手助けしたら懐いた後輩 僕の暗殺を企んでいるのは、一体誰なのか。平穏な日常は、少しづつ崩れていた。 命懸けのラブコメディ開幕!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 暗殺者に狙われています!
作者名 皐月零御
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ラブコメ 学園 日常 暗殺 高校生
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年9月15日 21時16分
最終投稿日 2020年6月10日 2時14分
完結日 -
文字数 30,192文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 闇と光とヤモリの王道ボーイミーツガール!

    ♡10,800

    〇555

    異世界ファンタジー・連載中・7話・17,385字 月光壁虎

    2021年1月17日更新

    少年ミッドは二年前闇の力に適正があると鑑定されたことで、それ以来力を使わせないよう部屋に軟禁されている。 それを知っててなおミッドは部屋にこもっておとなしくする日々を過ごしていた ある日急にペットのヤモリであるジュピターが部屋を飛び出したのを追いかけてミッドが近くの森に分け入ると、疲れ果てて動けない光の巫女ユーノと出会う。 彼女は遠い昔に滅びたエルフの末裔であり、それに興味を引いたミッドがユーノを村に連れてきたのだが、その夜に村が彼女を追ってきた魔族の襲撃に遭ってしまう。 なす術もなく蹂躙される村に恐怖を感じるミッドだったが、ユーノに迫る魔の手を払いのけようとした時、彼女の光で彼の闇の力が正義のために目覚める! その代償として村から追放されてしまった少年ミッドは闇の力で光の巫女の守護者となり、世界の遺跡を救う旅に出る!

  • 人と妖の王道ストーリー/現在第二章改稿中

    ♡123,800

    〇3,850

    現代/その他ファンタジー・連載中・60話・208,202字 ぷりん頭

    2021年1月16日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない、怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界に、それは現れる。 人と妖魔が重なり、成せる【憑依霊装】 狐の半面に、輝く白銀の髪。 反面から覗く瞳は黄色く、鋭い。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒、白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 怒りと憎しみ……そして愛と友情の物語。 【9/21第一部完結! 並びに第二部スタート!】 ※第一部において好き勝手書いたので、ルールに則り改稿中。 【AN/杏】様に表紙を描いて頂きました! ありがとうございます! 挿絵も募集してます!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年1月17日更新

    人付き合いのあまりよくない、通称陰キャの主人公の嘉神亮祐(かがみりょうすけ)。 亮祐は神のいたずらなのか三年前トラックにひかれそうな女子、小豆沢妃菜(あずきさわひな)を助けた。 その後何もないように過ごしていた亮祐の前に同じ高校の制服を着た妃菜が現れる。 「先輩!大好きです!私を好きになってください!」 妃菜の告白をあしらった亮祐。 だが諦めずにあの手この手で亮祐にもうアタックする妃菜。 そのアタックの仕方がとにかく常人離れしている。料理に媚薬を入れたり、隙あらば間接キスしようとしたりと・・・・・・ だめなヒロインと陰キャな主人公の二人のおかしなラブコメがここに始まる。

  • 君が知ることはなくても、僕は君を想う

    ♡17,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・53話・63,333字 みこ

    2021年1月17日更新

    12歳になる少女マリィ。幼少の頃から好意を抱いていた王子との婚約で幸せを掴んだはずだった。絶望が襲い、倒れ伏した王子に寄り添う少女の前に現れたのは、黒い翼を持った一途な悪魔だった。 ————— 眠りについたまま 死んで行く君 終わらぬ夜の中 ひとりの私 命を救うため 花の雫探してる 私の耳元に 悪魔が囁くのよ 「いつまでも そんなこと してたって 無駄だよ そんなもの この城に 在りはしない 目が覚める その日まで 朝だって 隠れた 僕のこの 手を取って 二人きり 踊りましょう」 頬を伝わる涙 時計の針は進む 背中から差し出された その手は優しそうで 世界を這うように あちらこちらを探した 私の耳元に 悪魔は囁いたの 「ホントはね その身体 冷えきって 心配さ このスープ 少しでも 飲んでおくれ ひとりきり つらいのは 僕だって 同じだ 僕のこの 腕の中 二人して 眠りましょう」 止まらない涙 時計は進み続ける どんな言葉でも 振り返りたくはないの 君の手を握る まるでそれは懺悔のよう ──私の心は 変わらず君のその側に── 遠くで鐘の音が 鳴った気がした こちらはカクヨムとの同時掲載作品です。