現代/青春ドラマ 長編 連載中

懺悔のクイズデスゲーム

作者からの一言コメント

現在第2期執筆中の作品です!

読了目安時間:2時間3分

集められた、罪を抱えている14人の男女。彼らは強制的にクイズへの参加を強いられる。 クイズの内容は至って簡単。一般常識に加えて今まで自分のした過ちを省みる心があれば間違えることは無い しかし途中で一問でも間違えれば処刑という未来が 用意されている。最後まで正解し生き残れるか、途中で不正解を起こして負けるのか。 自分のした事を悔やみ猛省できれば正解できるクイズ。最終勝者は誰に選ばれるのか。 クイズを進めて勝ち残れ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 懺悔のクイズデスゲーム
作者名 ゆうり
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ デスゲーム グロテスクな表現あり クイズ 正義と悪 処刑シーンあり 全オン祭じっくり
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年5月17日 12時18分
最終投稿日 2021年2月13日 18時40分
完結日 -
文字数 61,400文字
読了目安時間 2時間3分
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    839,100

    142,099


    2021年5月13日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:14時間16分

    この作品を読む

  • 砂川見聞録(「SAKΔⅠ」エクストラストーリー)

    「――砂川鞠は、笑わない。」

    3,600

    0


    2021年5月13日更新

    ※本作品はスタジオメッセイ制作「Δ」シリーズのフライングスピンオフ作品となっています。あろうことか未完成な本編へのリンクはいつか載せます。なお、本編など知らずともそこそこ読めるよう配慮はしているつもりな所存です。 ※本作品にはオリジナルホームページが存在します。 (https://sunakawa.studiomessay.jp) ※本作品はエブリスタ・アルファポリス・オリジナルHPなどとの重複投稿作品となります。 ※本作は挿絵(イラストというか落書きというか)があります。クオリティと数には期待しないでください…。 【「砂川見聞録」あらすじ】 ――平保31年度の紫上学園が始まる。 軽めの学力至上主義に突入していたこの学園では、学力が証明されれば多彩な恩恵が学生に与えられる。 その最たる恩恵。紫上学園究極の栄光こそが、生徒会。 紫上学園の万事を創り、裁き、与える権限すら持つ学園至上の学力所有者の集まり――紫上会。誰もがその頂点、すなわち会長の座を求め勉学に励んでいた。 「……風景が、違う」 この春、平穏を求めた砂川鞠はそんな紫上学園に転入する。 「――君の道を、お姉さんがぶち壊してあげる♪」 彼女を傷付けた過去を背負い。 「会長になった俺が、やってみせる。鞠会長のことを――幸せに、してみせる」 「お前みたいな、とんでもない奴に合わせられるのは、俺ぐらいなんだからよ」 「貴方を裏切るような真似はしてはならない。だから、俺は……振り返りません」 「僕は、本当にこうしたいと思っている。貴方の道を歩みたいと焦がれている」 彼女を阻む幾百の敵と対峙し。 「――私が、全部やる」 砂川鞠は、道を之く。 ――砂川鞠は笑わない。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間58分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    1,900

    50


    2021年5月14日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 私はそんなに文章が得意ではなく、書きながら上手くなりたいというところで執筆を始めました。マンドリンについて知らなくても楽しめるようなアツい青春部活ものの路線を目指していますのでぜひお気軽にお読みください! マンドリンは世界的に見ても日本で特に盛んな楽器です。しかし一般の方々への認知度は非常に低いです。しかし楽器としてとても優れた楽器であり、特に高校のマンドリン部では毎年夏に開催される全国大会も熱く、愛好家の間で大変盛り上がります。 そこで、もっとマンドリンの認知度を上げることができたらと思い、この作品を執筆することになりました。ご覧いただいた方がインターネットでマンドリンオーケストラについて検索し、その音色を味わっていただけたらとても嬉しいです。楽曲名や作者名はサイトのガイドラインを見ながら特に、存命の作曲家や作品については慎重に扱いながら進めます。そのために私のイメージを100%皆さんに伝えることができるかやや不安もありますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。 ※目次最初の「マンドリン・音楽関連用語解説」と、章ごとの「キャラクター紹介」があるため、本編の文字数と表示されている文字数は異なります。 ※すでに「小説家になろう」さんのサイト内でかなり連載しているため、そちらに追いつくまでは一日複数話を更新していく形をとります。(毎日8時台、11時台、14時台、17時台、20時台、23時台、1時台を目安に公開しています。) あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。そのため、あとがきに該当する話数をつけてあります。 挿絵を追加しました。イメージしやすいようにマンドリンを描き、ちょっと文芸本の表紙っぽくしてみました。

    読了目安時間:5時間31分

    この作品を読む

  • ただ将棋をして話すだけ

    こんなのんびりした将棋もまた将棋

    85,800

    110


    2021年5月13日更新

    毎週金曜日、深夜、大学の休憩スペース。僕は師匠と話をしながら将棋を指す。師匠はいつもつかみどころのない女性。何を考えているのか、僕にはよく分からない。でも、将棋が好きなことだけは知っている。 ゆっくり、穏やかに流れる二人の間の時間。殺伐としない将棋は、こんなにも美しく、愛おしい。 師匠と僕の将棋の様子をたんたんと描いていきます。対局の描写が中心に描かれることは無いので、将棋を知らない人でも、楽しめる作品となっています。

    読了目安時間:2時間13分

    この作品を読む