現代/その他ファンタジー 長編 完結済

神へ捧げるカントゥス

作者からの一言コメント

神に愛される娘の恋模様

読了目安時間:6時間22分

神へ捧げるカントゥスの表紙

高位の家格の子女や庶民でも能力の優秀な者のみが通うことのできる学園。 その学園の高等部に入学してきた少女。その少女に虜にされていく男子生徒の物語。 …を、噂の種にする皆森彩愛を中心とした初等部の子供たち。 時に関わり、時に傍観しながら進む、恋愛物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 神へ捧げるカントゥス
作者名 茄子@物書きメイド
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 婚約破棄 乙女ゲーム 学園もの 悪役令嬢
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月30日 18時48分
最終投稿日 2020年8月30日 20時22分
完結日 2020年8月30日 20時22分
文字数 190,849文字
読了目安時間 6時間22分
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 18,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 宵闇のデストピア

    そろそろ季節ですよね……

    150

    0


    2021年6月22日更新

    夏の風物詩。彼女の気持ちになってみたら、この世はかなりのデストピアでした。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 犬物語

    犬ってかわいいよね ああ、犬になりたい

    2,800

    0


    2021年6月22日更新

    今後開催されるだろうどうぶつフェアのノベルとして応募する予定だけど先んじての投稿が規約的にアウトだったらあきらめる感じ。でもまあ、書きたいっていうかここで投稿したいって気持ちがムクムクしちゃったからしゃーない。 少女とわんこが、ちょっとしたかみさまの手違いで入れ替わっちゃうんですよ。 そんでもって、犬と協力して、一緒にもとのすがた(?)にもどりましょうっていう物語です。犬好きの、犬好きによる、犬に捧げんがための物語。 まさに"犬物語" 少女が雨の中を走っていました。ずぶ濡れになって、真っ暗な夜の闇の中、ひとりの少女が雨の中を走っていました。 犬が雨の中を走っていました。ずぶ濡れになって、真っ暗な夜の闇の中、いっぴきの犬が雨の中を走っていました。 ひとりといっぴきは、とあるさくらの木がある広場にたどりつきました。ひとりといっぴきの視線が交錯したしゅんかん、まばゆい光があたりをつつみこみました。 目が覚めたとき、少女は少女でなくなっていました。犬も犬でなくなっていました。 ひとりといっぴきはパニックになりました。 Web小説投稿サイト『マグネットマクロリンク』に投稿されていますが、オンリー作品にする予定なので現在あっちの非公開設定の方法を探してるとこです。見つかんなかったら削除するっきゃないね。

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    775,950

    5,300


    2021年6月4日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、二次選考通過】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:27時間4分

    この作品を読む

  • 天つ乙女と毛獣〜舞台は房総半島、天女となりしある少女の運命と絆の物語〜(#あまおと)

    羽衣伝説×古事記の和風ファンタジー小説

    61,700

    240


    2021年6月22日更新

    千葉県館山、海と森などの自然に恵まれた街に広瀬百合子という女の子が住んでいた。 彼女は14歳で、君津にある私立中学校に通う""ごくふつうの中学生""だった。 しかし、ある時、学校から帰ろうと館山銀座商店街を歩いていた時、ゴリラのような獣の襲われ、迷子となっていた少女とともに拉致されそうになる。 百合子は、絶望の淵にさらされる中、突然発生した炎に包まれて茜色の衣を纏う天女タキリとなる。 それとともに、色違いで真紅色の衣を纏い、従妹と名乗る天女のトヨタマと協力し、獣やそれらを操る首謀者を館山の街から退ける。 このことをきっかけとし、彼女は天女として、ほかの6人の天女とともに獣と闘いゆく和風SFファンタジー小説です。 (弊作は、"第4回「マグネット!」小説コンテスト一次選考選出作品"となります。) (イラスト:PNねこ氏・そらぴかり氏作)

    読了目安時間:5時間57分

    この作品を読む