現代/その他ファンタジー 長編 連載中

戦隊ヒーローの黄色がモテる方法 〜放課後戦隊アフターファイヴ〜

作者からの一言コメント

楽しく愉快に妄想していただけるとハッピー

読了目安時間:7時間36分

交通事故(笑)で死んだと思った高校生の「僕」は、マッドな校長の気まぐれで戦隊ヒーローの「黄色」に改造されてしまった。 校長曰く、インドの英雄マハトマ・ガンジーの遺品等々を体内に埋め込んだら、戦隊ヒーローの「黄色」になったらしい。 将来どころか進路もまだ未定だったのに、カレー好きでしか目立てない、一番マイナーな脇役「黄色」となった「僕」。その運命に凹みつつも、職業「黄色」を回避するために、ただただ身体が頑丈という地味な能力を駆使して、同じ町内にいるという他の仲間探しに奔走する。 のほほんとした日常に忍び寄る非日常を書いているつもりでございます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 戦隊ヒーローの黄色がモテる方法 〜放課後戦隊アフターファイヴ〜
作者名 P+born
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 男主人公 ギャグ コメディ アクション/バトル 現代日本 戦隊ヒーロー ガンジー ハッピーエンド ハーレム 異能 最強主人公 サキュバス 男の娘 ラブコメ ロボット
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月15日 0時05分
最終投稿日 2021年4月19日 9時17分
完結日 -
文字数 227,776文字
読了目安時間 7時間36分
ブックマーク登録 34件
コメント 29件
スタンプ 257件
ビビッと 31件
応援ポイント 248,800pt
ノベラポイント 2,415pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 才能〜才なき者非ず〜

    よろしくお願いします

    2,000

    0


    2021年6月20日更新

    才能が無い人は本当にいるのか、あくまで、適正の問題では無いのか。 そんなことを思い作りました。 以下あらすじ ただただ平和な退屈な日常、これがずっと続くと思っていた、とある事件が起きるまでは。 主人公を取り巻く環境が平和な日常から徐々に変わっていき、それに伴い分かってくる主人公の持つ才能、そしてそれを利用する人々。 更に他の才能を持つ者達、主人公の才能が起爆剤として目まぐるしく変わる状況、才能とは何なのかそれを考える物語。

    読了目安時間:54分

    この作品を読む

  • 睡蓮の書

    エジプト神モチーフの創作ファンタジー

    4,300

    0


    2021年6月20日更新

    大河の増水のはじめ、新しい年が明けるとき、少年ラアは、十五の歳を迎える。 神々の王・太陽神ホルアクティと、生命神ハピ。千年続く、神々の争い。 自分のうちに確かにある、ほんとうのこと。そこから、目を逸らさぬために。 ――自分を知る、物語。 【全5章】 ・章ごとに主人公が変わります ・基本シリアス、ハッピーな展開は期待できません ・かといって鬱小説でもありません たぶん。 ・神話思想混ぜてますが、実際のものとまったく同じではありません。参考にしました

    読了目安時間:11時間21分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私。

    私の中には様々な私が居る。

    20,900

    50


    2021年6月19日更新

    この話の中に出てくる人物は、全て同じ人間、成人女子である。 彼女に限らず、誰だって様々な局面で様々な立ち回りをするものだ。 無意識に。別人のように振る舞う。 人間は無意識に相手によって振る舞い方を変えている。 良くも悪くも。 誰もが持つ陰と陽。 最後に。 彼女はバイセクシャルである。 一話完結の短編集。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    423,000

    1,280


    2021年5月17日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間12分

    この作品を読む