ミステリー 短編集 連載中

空き机の祥子さん

作者からの一言コメント

学園ミステリ開幕。

読了目安時間:3時間14分

空き机の祥子さんの表紙

県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 空き机の祥子さん
作者名 MUNNIN
ジャンル ミステリー
タグ 学園ミステリ 学校七不思議 女子高 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月22日 21時00分
最終投稿日 2021年7月29日 20時00分
完結日 -
文字数 97,012文字
読了目安時間 3時間14分
ブックマーク登録 109件
コメント 85件
スタンプ 837件
ビビッと 82件
応援ポイント 812,169pt
ノベラポイント 16,301pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 霧の中に悪魔がいる

    あなたは人を信じますか?

    1,400

    0


    2021年8月4日更新

    冒頭のあらすじ 家族旅行で訪れた自然の豊かな山。その中腹に建つレストランで休憩していると、真っ白な濃霧が外に広がった。客の老婆は聖書を掲げ「悪魔が来た」と奇声を上げる。初めは他の客は誰も信じないが、人智を超える出来事が次々と起こり始めると、次第に人々は老婆の言葉を信じるようになった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間35分

    この作品を読む

  • 正義の英雄

    あらすじだけでも読んでみませんか?

    0

    0


    2021年8月4日更新

    ミステリー小説というのは疑り深い読者を如何にして欺けるかであったり、容疑者を追い詰めていく心理戦のような描写が見どころだろう。さてこのミステリー小説はどうか。世に出版されたミステリー小説と比べればつまらないのは確かだ。なにせWeb小説でほそぼそ書いているPV3桁のアマチュアの作者が書いたのだから。 日本のとある場所、具体的な県や市はないが、そこそこに都会だと思ってほしい。家庭の事情で中卒、配達のアルバイトをして生活している16歳の青年がいた。名前は佐川勇気(さがわゆうき)。世間からすれば中卒の男などロクな人間じゃないと思うだろうが彼は例外だ。頭が悪いわけではなく、人としても出来ている。おまけに男性アイドルのようなルックスを持ち合わせていた。そして彼の配達先のカフェ店員、今年20歳になったばかりの女子大学生、井上葵(いのうえあおい)は彼に恋心を抱いている。 一方で同じ街に住むもうひとりの青年。こちらは家族に恵まれて順当に育っていた。名前は満寿川心一郎(ますかわしんいちろう)。成績優秀で有名大学に進学した彼も恋心を抱いている。想像に難くないだろう、相手は井上葵だ。ちなみに先の中卒青年と比べれば残念な顔立ちをしている。しかし、彼には特殊能力、「サイコメトリー」があった。 ああ、またそういう超能力系のミステリーか。と落胆した読者もいるかもしれない。似たような作品は探せば見つかるだろう。しかしどうだろうか、読んでみると意外と面白い可能性もあるかもしれない。それはつまり、もしこのままブラウザバックしてしまうと、それは貴方の人生にとって「損」になる可能性もあるということだ。読んでみたほうがいいのでは? さて、そろそろ突っ込まれそうなので先に言おう。あらすじがあらすじになってない。これは本当にミステリーなのか? 安心して欲しい。その予定だ。あらすじを読んで満足されては困るからこそ、こんな書き方をしているのだ。 ああ、先に言わねばならないことを忘れていた。この小説は書き手、私、筆者が出しゃばってしまうことが多々ある。人によっては興ざめするかもしれないが許して欲しい。人間であれば自己顕示欲というものは少なからずあるものだ。 何かを成し遂げたい。例えば、「正義の英雄」になりたいだとか。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 猫のおめめ

    夜にしか現れない猫との生活

    7,200

    700


    2021年8月3日更新

    夜になると現れる、猫の目。目しか見えないけど、僕はその猫と一緒に暮らす事にした。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

  • 終末街の無軌道少女隊~ゾンビや化物が跋扈する封鎖された城郭都市で、重犯罪人の女性たちが好き勝手に生き抜くそうです~

    反社会派web小説の金字塔!(独断)

    2,100

    50


    2021年8月3日更新

    これは一癖も二癖もある元女囚人達と、集団唯一の良心である一般人の少女が、何にも囚われず好き勝手に生きる新感覚日常物語である。 時をさかのぼること数年前、世界屈指の犯罪大都市に、突如として摩訶不思議な力を行使する異形の化物共が現れる。 囚人街と蔑まれた都市は、一夜にして終末街へと早変わりをした。 事態を重く見た時の政府はすぐさま軍隊を投入するも、じわじわ被害が拡大していく。 時を同じくして、各地から信じられない報告が相次いだ。なんと哀れな犠牲者達が再び起き上がり、仲間であるはずの人間を次々と襲い始めたというのだ。 後にゾンビ症と呼ばれ、意思を持たぬはずの死体が空腹に突き動かされ、新鮮な人肉を求め彷徨い歩くという、未だかつて人類が経験した事の無い最悪の事態だと判明する。 あまりの被害の大きさに政府は即応集団のみならず、各地方面軍を招集。次いで国際社会の呼びかけ応じる形で、多国籍連合軍を結成した。更には足りない人員を埋めるため、減刑を餌に囚人をボランティアと称し当該地域へ投入する事で、事態の収拾に当たっていた。 しかしなんの成果も挙げられず、ゆっくりとだが確実に被害地域は広がっていった。 一進一退の攻防を続けて約一月。遂に最終防衛ラインが都市外部へと差し掛かろうという所で、世界と都市の人々の運命を決定付ける、ある決断が下された。 化物の進行を止めるため、政府によって秘匿されていた独立特務機関である『九曜機関』の手によって、荒端境と呼ばれる大結界を使い、都市ごと化物とゾンビを隔離したのだ。数万人の生存者を残したままに。 その後すぐに、万が一に備え建てられた、通称『隔絶の城壁』で都市周囲を完全に封鎖。この壁によって化物の進行を防いでいると、表向きには発表されていた。 そして現在。都市に点在する生き残り達の集落から離れた、小高い丘の上にある豪邸。そこでは政府から見捨てられた数人の女囚人たちが、身を寄せ合って共に過ごしている。 様々な事情を抱える彼女達だが、今日も地獄の一丁目で、現状に折り合いをつけ生活しているのだった。 不幸と騒乱を、周囲にまき散らしながらであるが……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む