世界に響かせたい音があるから

読了目安時間:2分

エピソード:2 / 4

Stage 2, Go On

 あたしは音楽以外で自分が誰かのためになれると思ったことがない。  勉強は特別得意ではないし、好きな教科もない。運動もできない。  今まで生きていて同じような価値観の人に出会ったことがなかったから、高校に入って杏美(あみ)に出会ったとき、運命の出会いというのは本当にあるのだと思った。  杏美は、口ずさみながら曲を書く。  曲を書いている時に、そのメロディを隣で覚えながら、あたしは適当な英語を当てて歌詞を付けて歌った。 「真琴(まこ)ちゃん、音に言葉を乗せるの上手いね」  杏美は楽譜に音符を書き留めながら、「真琴ちゃんみたいな人がいると楽しいな」と言った。あたしも、綺麗なメロディやかっこいい音を次々に生み出す杏美の隣にいるのが好きだった。  この世には、巡りあわせっていうのがあるらしい。  あたしたちは人より周りに馴染めない。杏美とあたしは10代後半になるまで出会えて来なかったから、集団の中で常に疎外感を感じていたんだと思う。  だから、あたしは高校時代に初めて自分のことが好きになれた。  杏美の音楽を歌える自分が、この世で最高に格好いいと思えるようになった。  紗枝(さえ)優梨愛(ゆりあ)は杏美の音楽に心酔している。だから紗枝は杏美の音楽のために練習を欠かさないし、優梨愛は技術を磨くためにギターの先生のところに通っていた。  この音を奏でたいと心から願うと、チームワークなんかなくたってバンドは形になる。  大好きなものを最高の音で表現したいという純粋な気持ちは、あたしたちの技術向上の大きな原動力になった。  高校の軽音楽部でありながら、プロ並みの音。  そう言われるようになったあたしたちが天狗にならなかったのも、当たり前のことだ。  杏美の音を誰にも渡したくない。  杏美の音楽を誰よりも格好よく鳴らしたい。  だから、あたしたちは常に危機感を持っていた。  誰よりも上手くなりたくて、杏美の音だけは誰よりも理解して表現したい。  他のバンドがどうだとか、ライバルがどうだとかは全く気にしていなかった。  あたしの敵はあたししかいなかったし、ほかのメンバーにしても同じだ。  杏美の音だけは、間違っちゃいけない。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ひよこキング

    冴木黒

    ♡500pt 2022年8月7日 9時50分

    バンドができたきっかけは杏美ちゃんとの出会いだったのですね、本当に運命の出会いという感じ。そして集まった他のメンバーもまた出会うべくしてという気がしますね。作曲できる人もすごいし、そこに歌詞をつけるっていうのも本当すごい。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    冴木黒

    2022年8月7日 9時50分

    ひよこキング
  • 大正むすめ

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年8月7日 10時22分

    ありがとうございます!音楽も出会いの要素が大きいなあと思うのです。その時に欲しかった音楽や人との出会いで世界が一気にぶわーっと変わって行く感じがあって・・知ってしまったら戻れない。人はそれを運命と呼ぶのかもしれませんね・・🌟

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年8月7日 10時22分

    大正むすめ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 超絶脱衣麻雀激闘伝 ―第3章 蒼龍―

    美少女雀士たちの、熱き超絶打牌の軌跡

    0

    0


    2022年10月1日更新

    美少女VS雀奇団の脱衣麻雀が紡ぐ物語。 超新星!【覚】の超絶打牌を見よ! ここでは「筒梛の章」だけを載せます。 ※前作から読まれることをお薦めします。 前作はこちら。 1章 https://novelup.plus/story/140487765 2章 https://novelup.plus/story/312360792 ノクターンノベルズに投稿していたものをR15に手直して、こちらも投稿させて頂きます。それでも危険な描写があれば、ご指摘下さると幸いです。 ノクターン先行のため興味があれば、そちらもどうぞ(R18です。ご注意ください) 9割麻雀やってるだけですが、宜しければお楽しみください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • アリス倶楽部

    宜しくお願いします

    1,400

    0


    2022年10月1日更新

    高知県に住む私立女子高校3年生の村上奈緒。彼女は両親がいないがひたむきに生きる女の子。変わったことが大好きでいつも周りの人を笑わせてくれる明るい太陽の様な子である。ある時、ひょんなことから、ライバルの明日香によりセルフプロデュースアイドルの道を志す事になる。明日香、沙也香、ささもっちゃん、まゆみ、友子などのメンバーと共にアイドルグループ_ピンキーダイナマイトを結成する。楽しいスクールライフや作詞や作曲、路上ライブ、写真集制作や映画製作、オフ会など行い順調にアイドル活動を続けて行く毎日だったが、それでも別れはやって来るのだった。ピンキーダイナマイトは皆に惜しまれつつも、解散する事になった。奈緒は新天地、東京でソロアイドルとして再デビューする事になる。そこで、新たな出会いとして、後にアリスとして覚醒する事になる優香、真紀、咲良、美月、楓、和紗、陽菜、理沙、萌愛の9名と運命の出会いを果たす事になる。東京でのソロアイドル活動後、アリスによるアイドルグループ、アリス倶楽部を結成し、彼女達は日本が誇る女神達とまで言われる様になって行くのだが、自体は奈緒が想像出来ない程、世界は恐ろしい方向へと転がりつつあったのだった。奈緒が密かに他の人との違いに気付き名付けたアリス(発展途上系超大型情報密度保有女子)の女の子とは?何故?何の目的で自分がアリスならなければならなかったのか?奈緒の衝撃の過去とは?楽しいスクール系アイドルストーリーだった話はやがて世界を巻き込む壮絶なストーリーへと変貌する。楽しい世界の話の裏で、密かに進行していたあまりにも辛すぎたCURSEの影響。CURSEがもたらした様々な厄災がやがて、世界へと知らされる時、アリス達は立ち上がる。自分達の本当の使命に目覚めた時、奈緒達が世界を救う事となるのだった。少しずつ更新していくので宜しくお願いします。

    読了目安時間:11時間37分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    498,649

    1,102


    2022年9月30日更新

    ※夜中に見ると、お腹が絶大に空く危険性がございます。お気を付けくださいませ。 俺は引き籠りの男子高校生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー! 表紙は海乃エメ様に描いていただきました。

    読了目安時間:23時間30分

    この作品を読む

  • 時渡り令嬢の可憐な日常生活~悪役疲れで禁断の時渡りの術に手を出した私、なぜか憎き過去のやり直しですわ~

    一つの愛を信じた二人の出逢い。

    0

    0


    2022年10月1日更新

    真っ当な令嬢に会うたびにどんどん悪役になっていくことに疲れ果てたセレナーデ。 このことをだれにも告げられずにいたのか変わり映えのしない森でつい愚痴を零してしまった。 セレナーデは独りだと思っていたが実は宮廷時魔術師イシュタルに全て聞かれていた。 悪役だと正直になれないが実はセレナーデはイシュタルに恋をしていた。 宮廷時魔術師イシュタルはセレナーデの気持ちに気付いており禁断の時渡りの術を教えてしまう。 二人の恋の暴走が生むのは幸福か悲劇か。それは過去に戻らないと分からないことだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む