世界に響かせたい音があるから

読了目安時間:3分

エピソード:4 / 4

Epilogue

「ほら、走るよ!」  生ぬるい潮風が、べたっと顔に絡みつくように吹いている。  優梨愛(ゆりあ)が履いていたサンダルを脱いで砂浜に向かっていったのを見て、あたしと杏美(あみ)は呆気に取られた。  紗枝(さえ)は、優梨愛に遅れないようにスニーカーと靴下を慌てて脱いでいる。  暫くして、2人の笑い声と、キャーキャーという女性特有のはしゃぎ声が上がった。 「優梨愛がみんなで海の近くの民宿に行きたいって言ったときは、結構意外だったんだよね」 「うん、分かる……」  あたしと杏美は楽しそうな優梨愛を見て、カラ元気じゃなければ良いよねと小さな声で言った。 「新曲、書いたんだ……」 「うそ! 聴きたい! っていうか、楽譜は?」 「一応、持ってる」  杏美とあたしは砂浜には入らずに、コンクリートブロックの上に腰掛けて楽譜を見た。  楽譜に書かれた音符を、あたしはハミングで口ずさむ。  杏美は、それを聴きながら体を前後に揺らしていた。 「いいね、この曲。いや、この曲に限らず杏美の曲はいいけど、これは特に良い」  バラード調の楽曲で、途中をギターで聴かせる曲だ。優梨愛が見たら喜ぶに違いない。  多分、杏美は優梨愛のためにこの曲を書いたんだろう。 「ありがと。真琴(まこ)ちゃんが言うなら間違いないね」  杏美はそう言って、その場に立った。 「優梨愛!! わたし、優梨愛っぽい曲を書いてきた――!!」 「え――?? 何――??」  優梨愛は何のことだか全然わかっていなくて、相変わらず紗枝と砂浜で楽しそうにしていた。   * 「納得したわけじゃないんだけど、多分、私は社会人としてのスタートじゃなくても生きていけるってことなんだと思うんだ」  優梨愛が言うと、紗枝は「でも、実家に帰んなくたってさ」と呟いていた。 「それに、私たちなら場所が多少離れていようが、またすぐ集まってライブができると思ったの」  優梨愛の言葉に杏美が頷いていた。あたしも同じように頷いた。 「次はレコーディングしてさ、またMV作って……ライブも全国でやろう」 「杏美の仕事って土日も入ったりしないの?」 「アーティスト活動があるから土日の仕事はライブ優先にして欲しいって交渉した」 「すごい新人だね……」  あたしたちは、人のいない海に向かって語った。  大人になるって、大切な人たちとバラバラになっていくってことなのかもしれない。  だけど、あたしたちには杏美の曲を世界一格好よく鳴らすっていう使命がある。 「ライブがした――――い!!」  優梨愛が海に向かって叫んだ。 「このメンバーで、一生バンドがしたい」  いつもは我儘を言わない杏美が、声を震わせて言った。あたしたち3人は初めて聞いた杏美の気持ちに、何か聞き間違ったのだろうかと耳を疑う。 「何言ってるの?」  紗枝はそう言うと、杏美の髪をぐしゃぐしゃにかき混ぜた。 「杏美が嫌って言う気がして黙ってたけど、あたしはずっとそう思ってた」 「私だって、杏美が勿体ないと思ってたくらいで……」  音プロへの就職が内定した杏美は、もう音楽でご飯を食べていくことが確定している。  あたしたちは、まだライブや配信の細かい収入でしか音楽でお金を稼げないけれど。 「一生やろうか。一生って、あと何十年か分からないけど」  優梨愛が笑顔で言った。  あたしたちが生きてきた年数よりも、もっと長く。  これからも杏美の音楽を最高の音で奏でるために。 「一生やろう!」 「うん」  バンドなんて、イマドキ流行らないよ、と誰かに言われたことがある。  流行るか流行らないかなんて、あたしは気にしたことがない。 「おばあちゃんになったら、老人ホームの歌を歌おう」 「ロックだねー」 「優梨愛はその曲の最後にギター破壊してよ」 「やだー。そんな力ないもん」 「そっちかー」  みんなが笑っている。  あたしはいつだって、生きていく意味を探していた。  でも、意味を探したこと自体が間違っていたんだろう。  あたしはただ、このメンバーと最高の音を鳴らしたいだけだから。  そのためだけに、明日が必要なんだ。 Music can change the world. — Ludwig van Beethoven (音楽は世界を変えることができる。―ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン) <End>

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • メカノベラ

    高識 空 (たかしき そら)

    ♡1,000pt 2022年9月2日 22時53分

    こちらにもお邪魔させていただきました。青春ですね😃でもかつて似たような状況にいたもので、なんとなく身につまされます😅いまならわかる。あらゆるジャンルのアーティストに必要なのは、技術力じゃなくて、ビジネス能力ぅぅぅ…😑笑

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    高識 空 (たかしき そら)

    2022年9月2日 22時53分

    メカノベラ
  • 大正むすめ

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年9月3日 6時07分

    ありがとうございます!アーティスト活動をビジネスに結び付けるのって、なんか抵抗ありますよね・・。というか、私はそれで音楽を辞めたんですけど、ビジネスを結び付けられるかどうかが仕事としてやれるかどうかなんだろうなと今なら分かります💦

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年9月3日 6時07分

    大正むすめ
  • ひよこキング

    冴木黒

    ♡500pt 2022年8月10日 8時59分

    ああー尊い😭みんな輝いて見えます。好きなことでも一生し続けるのはきっと難しいことだけれど、それに挑戦しようとしている彼女達はとても素敵です✨ またも素晴らしいお話をありがとうございました🥹

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    冴木黒

    2022年8月10日 8時59分

    ひよこキング
  • 大正むすめ

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年8月10日 10時01分

    ありがとうございます!!誰に止められたわけでもない、自分たちの音楽をやろうと決めた4人です。それが仕事にならなくても、この先もきっと自分たちの好きな音楽をやっていくのかなと。素敵なコメント大感謝です・・!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年8月10日 10時01分

    大正むすめ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ようこそ! カフェオンライン部へ!

    日常×VRゲーム!

    12,020

    0


    2022年10月2日更新

    次世代フルダイブ型ゲーム機が開発され、早一年。 理事長が生粋のゲーマーであることから、私立女子高にも新しい部、新設と共に無理くり導入されることとなった。 「はぁ……。せっかくおしゃれで可愛いカフェを作ろうと思ったのに……。理事長めぇ!!」 「まぁまぁ、いいじゃん? ボクは楽しいよ」 「そりゃ、椎菜は好きなこと出来てるしな」 今日もカフェオンライン部では、一年無料パスを賭け、格闘ゲーム《KAMAAGE》で火花を散らす。 「ようこそ! カフェオンライン部へ!」 ※一応、VRゲームを題材にしていますが、リアルの学園生活をメインに書くつもりです。 なので、対比は、 ゲーム:学園生活=3:7 を予定しています。ご了承ください。 ※毎月第五日曜休載

    読了目安時間:10時間54分

    この作品を読む

  • 産賀良助の普変なる日常

    ありきたりな日常のお話。

    4,900

    0


    2022年10月2日更新

    高校へ入学したことをきっかけに産賀良助(うぶかりょうすけ)は日々の出来事を日記に付け始める。 彼の日々は変わらない人と変わろうとする人と変わっている人がいる至って普通の日常だった。

    読了目安時間:28時間51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ワイルド・ソルジャー

    孤独な傭兵×最強の軍人のバトルアクション

    341,497

    1,757


    2021年12月25日更新

    時は199X年。世界各地で戦争が行われ、終戦を迎えようとしていた。 世界は荒廃し、辺りは無法者で溢れかえっていた。 主人公のマティアス・マッカーサーは、かつては裕福な家庭で育ったが、戦争に巻き込まれて両親と弟を失い、その後傭兵となって生きてきた。 旅の途中、人間離れした強さを持つ大柄な軍人ハンニバル・クルーガーにスカウトされ、マティアスは軍人として活動することになる。 ハンニバルと共に任務をこなしていくうちに、冷徹で利己主義だったマティアスは利害を超えた友情を覚えていく。 世紀末の荒廃したアメリカを舞台にしたバトルファンタジー。 他の投稿サイトにも公開しています。 表紙イラスト:漆原 白様 LINEスタンプ販売中:https://store.line.me/stickershop/product/18589880/ja

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む

  • 究極に『かわいい』ショタに転生!・・・でも一歩間違えば死にますね、コレ。

    あひるポンチョの可愛いショタに転生!

    2,100

    0


    2022年10月2日更新

    どうやら、人は死ぬと【転生ルーレット】で来世を決めるらしい。 知ったのはもちろん自分が死んで最後の大勝負を挑むことになったからだ。 虫や動物で埋め尽くされた非常に危険なルーレット。 その一発勝負で、幸運にも『ショタ召喚士』を的中させることに成功する。 ―――しかし問題はその後だった。 あの野郎、5歳児を原っぱにポイ捨てしやがった! 召喚士うんぬんの前に、まずは一人で異世界を生き抜かねばならなくなったのです。 異世界言語翻訳?そんなもん無い!! 召喚魔法?誰も使い方を教えてくれないからさっぱりわからん! でも絶体絶命な状況の中、召喚魔法を使うことに成功する。 ・・・うん。この召喚魔法の使い方って、たぶん普通と違うよね? ※この物語は基本的にほのぼのしていますが、いきなり激しい戦闘が始まったりもします。 ※主人公は自分のことを『慎重な男』と思ってるみたいですが、かなり無茶するタイプです。 ※誤字・脱字、あとルビをミスっていたら、報告してもらえるとすごく助かります。 ※ストックが尽きるまで毎日投稿しますので、『ショタコレ』の応援宜しくお願いします! ・この作品は、カクヨム・アルファポリス・小説家になろうにも投稿しております。

    読了目安時間:29分

    この作品を読む