世界に響かせたい音があるから

読了目安時間:4分

エピソード:3 / 4

Stage 3, Change Round

 ライブが終わって、あたしたちの公式SNSに多くの声が届いた。  今回のキャパシティではチケットが手に入らなかったという残念な声から、改めてライブの良さを実感したという声。あたしの歌はインターネットとライブでは違うのだとか、紗枝(さえ)のドラムは会場に行ってお腹で聴くのだといったものまで。 『次のライブは、半年後でも良いかな?』  優梨愛(ゆりあ)が同意を取るみたいに全員宛のメッセージを送ってきた。 『優梨愛は、就職するの?』  杏美(あみ)がそんな風に返しているのを見て、同学年同士で就職活動の話をしたりはしないんだなと驚く。 『まあ、普通に考えて就職はするよ。音楽は辞めたくないけど、ずるいかな?』  優梨愛は既に結論を出していた。社会人にはなるけれど、音楽は辞めないつもり。それが優梨愛の生き方みたいだ。 『ううん。実は私ね、音プロ、受けてみようかなって』  杏美がそうメッセージを送ってきた後、暫く誰も何も返せなかった。  音プロ……音楽の制作会社のことを業界用語でそう呼ぶらしい。作曲家を抱える会社で、企業のCM楽曲や店内BGMやテーマソングなんかを作るのが仕事だ。  杏美なら、受かるのかもしれない。  業界的に採用なんかしてなさそうだけれど、杏美の才能があれば欲しがる会社があるのかも。 『杏美は社会人になっても、バンド楽曲は書けるの?』  みんなが何も言えなくなっていたから、あたしはたまらなくなって杏美に聞いた。 『書かせてくれるなら、書きたい』  杏美が遠慮がちに返信をくれたから、全員安心したらしい。 『杏美以外、誰が書くっていうのよ』 『やっぱり、定期的に新曲も欲しい』 『プロになっても辞めないで』  みんなで必死になって杏美を繋ぎとめようとした。  だって、杏美がいなくちゃこのメンバーはまとまらない。  杏美がいなくちゃ、あたしはステージで歌えない。  杏美がいなくちゃ、あたしの存在意義が無い。   *  大学の授業がオンライン以外でも始まって、先輩との交流が増えた。  就職活動のことを聞くと、みんなして一様に渋い顔をする。企業は、業績悪化に伴って新卒採用に消極的らしい。 「音楽を諦めたら就職するものだと思ってたけど、就職するのすら夢みたいな世界」  目の前に座っている紗枝が勢いよくアイスラテを吸い込んでいた。 「一体何が現実的なのかすら、もうよく分からない」  紗枝の大学とあたしの通う大学はすぐ近くだ。  紗枝の方がずっと偏差値の高い私立大学だけど、あたしは理系で紗枝は文系。  紗枝のような頭の良い美人が就職活動に苦労するんだから、あたしに就職活動は向いてなさそう。 「杏美は、音プロだって言ってた」  あたしは飲み干したアイスコーヒーのグラスに残った氷をストローでいじりながら、音楽の世界で食べて行こうとしている杏美のことが頭から離れない。 「杏美は、フリーの作曲家でもやって行けると思う。実力を見せて実績を積めば、きっとあの子は大きな仕事をする」 「うん。杏美は、そういう才能の持ち主だもんね」 「音楽はさ、ある意味平等だって思わない?」 「ある意味、平等……」 「心を動かせるか動かせないか、で決まるじゃない」  紗枝は、ふふっと笑った。「確かに」とあたしも笑って、肩下まで伸びきって退色した自分の髪をいじる。 「やっぱり、あたし……音楽しかできないのかも」 「何言ってんの。真琴(まこ)の声は、別に音楽に限らずニーズあるよ。私はスティックがなきゃ音は鳴らせないけど真琴は身体だけで芸術ができる」  紗枝は両手の人差し指を立てて簡易スティックを作り、トトン、と喫茶店のテーブルを叩いた。 「あたしの音楽は、身ひとつだったらこの程度」 「でも、あたしたちの演奏が揃ったり、みんなの手拍子が揃ったりするのは紗枝がいるからだよ」 「うん」  あたしたちの大学がある街は、都心だというのに学生が多い。  あたしと紗枝が座る席の隣では、ゼミ生同士らしい学生が何やら国際問題だとか日本の政治について熱心に話していた。 「やっぱさ、リアルのライブは1年後だとしても……配信とか新曲の音源を作るのは、すぐにでも始めたいな」 「そうだね」 「別にさ、誰かに止められてるわけじゃないじゃん。音楽を止めろって言われたこともなければ、ライブをやるなって言われたわけでもない。私たちって、実は自由なんじゃないかって思うの」  紗枝の言っていることは、半分は分かったけど半分くらいは分からなかった。  あたしたちは自由なのだろうか。生きるか死ぬかになった時、杏美の音楽やあたしの声は何の役にも立たない。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ひよこキング

    冴木黒

    ♡500pt 2022年8月9日 7時55分

    夢みたいな現実と、シビアな現実の間で悩む女の子たちの姿に共感してしまいます。したいこととどういう形で付き合うか、人それぞれなんですよね…高い目標を掲げて頑張ろうとしている杏美ちゃんも、仕事とは切り離しつつも自分の活動の一つとして頑張ろうとしている紗枝ちゃんも応援したい✨

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    冴木黒

    2022年8月9日 7時55分

    ひよこキング
  • 大正むすめ

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年8月9日 8時28分

    ありがとうございます!音楽はライブ収入がメインになっていたところでのコロナだったので、この数年で多くの人が音楽を諦めて行ったのではないかなと想像が・・人生って時代によっても左右されるもの・・女の子たちの選択を応援してあげてください・・!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    碧井夢夏/日常に追われ気味

    2022年8月9日 8時28分

    大正むすめ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 超絶脱衣麻雀激闘伝 ―第3章 蒼龍―

    美少女雀士たちの、熱き超絶打牌の軌跡

    0

    0


    2022年10月1日更新

    美少女VS雀奇団の脱衣麻雀が紡ぐ物語。 超新星!【覚】の超絶打牌を見よ! ここでは「筒梛の章」だけを載せます。 ※前作から読まれることをお薦めします。 前作はこちら。 1章 https://novelup.plus/story/140487765 2章 https://novelup.plus/story/312360792 ノクターンノベルズに投稿していたものをR15に手直して、こちらも投稿させて頂きます。それでも危険な描写があれば、ご指摘下さると幸いです。 ノクターン先行のため興味があれば、そちらもどうぞ(R18です。ご注意ください) 9割麻雀やってるだけですが、宜しければお楽しみください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間13分

    この作品を読む

  • アリス倶楽部

    宜しくお願いします

    1,400

    0


    2022年10月1日更新

    高知県に住む私立女子高校3年生の村上奈緒。彼女は両親がいないがひたむきに生きる女の子。変わったことが大好きでいつも周りの人を笑わせてくれる明るい太陽の様な子である。ある時、ひょんなことから、ライバルの明日香によりセルフプロデュースアイドルの道を志す事になる。明日香、沙也香、ささもっちゃん、まゆみ、友子などのメンバーと共にアイドルグループ_ピンキーダイナマイトを結成する。楽しいスクールライフや作詞や作曲、路上ライブ、写真集制作や映画製作、オフ会など行い順調にアイドル活動を続けて行く毎日だったが、それでも別れはやって来るのだった。ピンキーダイナマイトは皆に惜しまれつつも、解散する事になった。奈緒は新天地、東京でソロアイドルとして再デビューする事になる。そこで、新たな出会いとして、後にアリスとして覚醒する事になる優香、真紀、咲良、美月、楓、和紗、陽菜、理沙、萌愛の9名と運命の出会いを果たす事になる。東京でのソロアイドル活動後、アリスによるアイドルグループ、アリス倶楽部を結成し、彼女達は日本が誇る女神達とまで言われる様になって行くのだが、自体は奈緒が想像出来ない程、世界は恐ろしい方向へと転がりつつあったのだった。奈緒が密かに他の人との違いに気付き名付けたアリス(発展途上系超大型情報密度保有女子)の女の子とは?何故?何の目的で自分がアリスならなければならなかったのか?奈緒の衝撃の過去とは?楽しいスクール系アイドルストーリーだった話はやがて世界を巻き込む壮絶なストーリーへと変貌する。楽しい世界の話の裏で、密かに進行していたあまりにも辛すぎたCURSEの影響。CURSEがもたらした様々な厄災がやがて、世界へと知らされる時、アリス達は立ち上がる。自分達の本当の使命に目覚めた時、奈緒達が世界を救う事となるのだった。少しずつ更新していくので宜しくお願いします。

    読了目安時間:11時間37分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    2,002,171

    4,821


    2022年9月25日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇、十二姫装)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2021.9.17 Gen様(https://www.pixiv.net/users/1479993)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2022.8.17 ドズミール様(https://www.pixiv.net/users/12972349)にキャラクターおよびメカニックデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:35時間1分

    この作品を読む

  • 時渡り令嬢の可憐な日常生活~悪役疲れで禁断の時渡りの術に手を出した私、なぜか憎き過去のやり直しですわ~

    一つの愛を信じた二人の出逢い。

    0

    0


    2022年10月1日更新

    真っ当な令嬢に会うたびにどんどん悪役になっていくことに疲れ果てたセレナーデ。 このことをだれにも告げられずにいたのか変わり映えのしない森でつい愚痴を零してしまった。 セレナーデは独りだと思っていたが実は宮廷時魔術師イシュタルに全て聞かれていた。 悪役だと正直になれないが実はセレナーデはイシュタルに恋をしていた。 宮廷時魔術師イシュタルはセレナーデの気持ちに気付いており禁断の時渡りの術を教えてしまう。 二人の恋の暴走が生むのは幸福か悲劇か。それは過去に戻らないと分からないことだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む