文芸/純文学 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

星のお姫様

作者からの一言コメント

第一回百合文芸小説コンテスト最終選考作品

読了目安時間:14分

総エピソード数:4話

お母さんが自殺した。 お父さんは家出した。 タチの悪い両親がいなくなったことにより、むしろ生活が楽になった女子高生の椎名そら。自分が彼らのようになる前にと、誰にも言わずに首吊り自殺の準備を進めていた。 秋の半ば、場所の下調べのため夜の公園にいたところ、不可思議な喋り方をする女の子に声をかけられる。 コミック百合姫×pixiv「百合文芸小説コンテスト」最終選考作品。

総エピソード数:4話

作品情報

作品名 星のお姫様
作者名 ヒダマル
ジャンル 文芸/純文学
タグ 女主人公 シリアス 現代日本 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月2日 20時56分
最終投稿日 2019年10月2日 21時11分
完結日 2019年10月2日 21時11分
文字数 6,854文字
読了目安時間 14分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 0件
ビビッと 3件
応援ポイント 2,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゴミクズだらけのスクラップ

    議題は日常に潜むスクラップ

    0

    0


    2022年5月29日更新

    2人の未熟な少年と少女が対話を通じて様々なことを学んでいく。

    読了目安時間:1分以内

    この作品を読む

  • 車椅子生活

    車椅子の女性が幸せな家庭を得るまでの物語

    2,100

    50


    2022年3月30日更新

    仲川涼子は突然に障害者になった。老人の運転する車に追突され、涼子の車は大型トラックに激突し大破した。23歳の涼子は脊髄を損傷し車椅子障害者となった。突然の悪夢を受け入れた涼子は懸命にリハビリをし、車椅子生活であっても社会に出て明るく生きることを選んだ.車椅子生活の経験を積んだ涼子は1人の男性と巡り合い、やがて結婚をした。同じ悲しみを経験した夫は優しく涼子を見守り、そして子供に恵まれ幸せな家庭を築いた。車椅子障害者の女性の一生の物語である。

    読了目安時間:2時間55分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • チョコレート・オーシャン

    恐怖のチョコ三題噺参加作品

    20,600

    未参加


    2021年2月20日更新

    ちょっと風変わりな作品になりました。膨らませるとまた違った感じになると思うのでアドバイス募集~♪ ご指摘、酷評、アドバイスなどオールフリーで忌憚なくm--m

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    88,300

    1,100


    2022年5月29日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む