歴史/時代 長編 連載中

輝鑑

作者からの一言コメント

斯くて、逆浦転生者は聖なる理想郷を掲げる

 皇紀2127年、帝国暦に直しては77年。上御霊の戦いから始まった応仁の乱により嘉吉の乱からひび割れを見せ始めた室町幕府はついに決壊した。戦いは十一年は続き、諸将が疲れ果てた末に自然消滅したそれは日本の秩序をガタガタに崩壊させた。が、その秩序は早い段階に於いて応急処置とでもいうべき治療を受けて復旧することになる。  垣屋続成。奇しくも応仁の乱より十五年たった後に生誕した彼はある記憶をも兼ね備えていた。……十数代は枝分かれした後の、ある子孫の記憶である。  これは、ある逆浦転生者が図らずも天下統一に乗り出し、成功してしまい、そして海外に乗り出すまでの物語である。 ※尚、あらすじは開発中のものです、内容とは大きく異ならないとは思いますが。※ ※※現在、HJ大賞2020後期応募のため原稿の順番などを調整中でございます。※※

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 輝鑑
作者名 華研えねこ
ジャンル 歴史/時代
タグ 応仁の乱のすぐ後に 転生/転移 主人公:垣屋続成 ←知ってる人いるか? 世界は大航海時代手前 15世紀の戦国時代 信長どころか信秀すら 毛利元就がまだ未誕 北条早雲すらまだ若僧 愛知三英傑登場予定無 ヒストリカルコメディ バタフライエフェクト HJ大賞2020後期 近いうちに、オンリー 化の処理をします。
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月22日 12時30分
最終投稿日 2020年12月1日 17時10分
完結日 -
文字数 322,391文字
ブックマーク登録 28件
コメント 6件
スタンプ 218件
ビビッと 0件
応援ポイント 279,300pt
ノベラポイント 9,508pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡242,100

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・85話・410,411字 普門院 ひかる

    2020年12月2日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

  • 2020年12月2日更新

    五百年前、剣聖と魔王の二人が世界の命運を決める戦いに挑んだ。 剣聖が戦いに勝利したものの、魔王は五百年後に復活する事を予言し、その身は粒子となって消えた。 剣聖もまた五百年後に備え眠りにつき、魔族と人間の抗争は、なし崩し的に終結した。 五百年後、両者は目覚め、縁のある地で再び邂逅する事となる。 しかし、復活した暴虐の魔王リクアデュリスは、クソザコナメクジの様な、ポンコツ少女になっていて剣聖から無害と判断された。 そして暴虐の魔王リクアデュリス改め、『リリス』の完全復活に備え、その行動を監視する名目で剣聖の少女は生まれて初めて自由を手に入れた。 「余こそが、暴虐の魔王リクアデュリス様である!」 「……私はイルゼ。『剣聖』で、『Sランク冒険者』のイルゼだよ!」 ポンコツ二人組が歩む、のんびり気ままな、それでいてちょっぴり刺激的な旅のお話。 ――これは少女達の成長の過程を描いた物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 信長チルドレンが辿る華麗で過酷な戦国絵巻

    ♡31,100

    〇100

    歴史/時代・連載中・53話・65,195字 早川隆

    2020年12月2日更新

    小牧・長久手の戦いのさなか、最前線の犬山城で、のちの天下人羽柴秀吉は二人の織田家旧臣と再会し、昔語りを行う。秀吉も知らぬ、かつての巨大な主家のまとう綺羅びやかな光と、あまりにも深い闇。近習・馬廻・母衣衆など、旧主・織田信長の側近たちが辿った過酷な、しかし極彩色の彩りを帯びた華やかなる戦いと征旅、そして破滅の物語。 ※ まだ第一章しか書いていないのですが・・・身辺事情やコロナ禍により調査や準備が思うに任せず、もう、成り行きで書いていくことにしました!まあ結局、いつもの・・・筆者恒例の見切り発車です(笑)。現段階での想定では、40章程度、おそらく25万〜30万字くらいの、そこそこ長編になると思います。 おそらく、過去作よりもかなーりゆっくりとした更新になると思いますが、よろしければどうか気長にお付き合いくださいませ!

  • 信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    ♡88,500

    〇37

    歴史/時代・連載中・135話・551,753字 牛一・冬星明

    2020年12月2日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?