連載中 短編集

言葉古のケモノ

作者からの一言コメント

古い言葉ですが、誰かに届けられたら

カタチにならなかった、ケモノたちへ 私はあなたたちに、カタチをあげられません 私にできることは、あなたたちにイミを探して 口に、爪に、角に くわえさせて ひっかけてあげて かけてあげることだけです ひとつ、ひとつ、 つなげて あなたたちの存在するイミをみつける お手伝いをさせてください

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 言葉古のケモノ
作者名 空気イヌ
ジャンル 詩/短歌
タグ 日常 想い 応援 生き様 心と身体フェア 不格好
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月13日 18時08分
最終投稿日 2020年8月4日 15時25分
文字数 16,292文字
ブックマーク登録 22件
コメント/スタンプ 109件
応援ポイント 33,222pt
ノベラポイント 1,140pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 華子とステラのイチャ?ラブ?な日常

    ♡12,500

    二次創作・連載中・14話 歪鼻

    2020年8月5日更新

    西武池袋線江古田駅徒歩10分のアパート。 そこに住まう女子達が繰り広げるのは、戦争か恋愛か。 オムニバス形式で綴る彼女らの生態を見逃すな! 遠い星からやってきた居候のステラは、根は真面目だけどドジな眼鏡女神の体がとても心配です。 今日も不摂生をやらかす眼鏡女神に、極銀河アイドルパワーでお助けよ。

  • 美少女主人公・王道戦記ファンタジー!

    ♡422,150

    〇16,170

    異世界ファンタジー・連載中・218話 美風慶伍

    2020年8月4日更新

    ■個性的な傭兵たちとのチームワークで少女傭兵ルストが人々のために勝利を掴み取る爽快冒険戦記ファンタジー 【注:第1章の構成を大幅に変更しました!!】 〔主人公一人称、幕間部分のみ三人称視点/1エピソード:1000字〜2500字/毎日午後6時更新〕 【あらすじ】 ■銀髪・碧眼の17歳の少女ルストは傭兵として生きていた。 努力の末、1年目にして3級から2級傭兵に昇格した彼女だったが周囲は彼女を認めない。それでも諦めなかった彼女を親切な老傭兵が後押ししたことで、ついに小隊の隊長職が任される事になった。そんなルストに与えられた任務は国境地帯の哨戒偵察。ルストたちは見事に敵国軍の動きを掴むと言う成果を帰還する。すべてがうまく収まると思った矢先、一人の不良傭兵の奸計が彼女の善意と誠意を踏みにじる。 「あたしの誠意とメンツを傷つけたなら、あなたの傭兵としてのメンツを叩き潰してあげる!」 壮烈な果し合いに勝利し、ルストは二つ名『旋風のルスト』を得て傭兵として名を挙げる。そんなルストに〝西方の辺境ワルアイユ領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務〟と言う任務が舞い込んだ。 先の哨戒偵察部隊を率いて現地へと向かったルストが目の当たりにしたもの――。領主の不慮の死、対立領主の執拗な妨害、生活に困窮する人々、|塗炭《とたん》の苦しみの領民たちを救うためルストは戦い始める。姿なき襲撃者、燃える村、正体不明な巨大な権力の影、疑心暗鬼が広がる中、事態を切り開いたのはルストの強い意志だった。それを目にした仲間達もルストを信じ力を合わせていく。そしてついにルストは、人々の命とワルアイユ領再建への道を掴むため立ち上がった。 「みなさん! これは困難ではありません! 千載一遇のチャンスです!」 西の彼方と、東の背後から敵が迫る中、ルストは乾坤一擲の秘策を胸に人々を率いて決戦の地へと向かう。 それはまさに人々を勝利へと導く偉大なる英雄の少女が誕生する時でもあった。 才知溢れ慈しみと深い洞察の力を持った少女が、心と人生に重荷を持つ人々を救いながら、個性的な仲間たちとチームワークにより自らの未来を掴み取る爽快サクセスストーリー戦記ファンタジー! ―傭兵の少女ルストは今、7人の仲間たちと共に勝利への道を歩み始める―

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡9,900

    〇0

    詩/短歌・連載中・54話 真朱マロ

    2020年8月5日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集

  • ヒトの心と体に関する詩集です

    ♡3,400

    〇0

    詩/短歌・連載中・101話 琴ノ音 純(ことのね館)

    2020年8月5日更新

    曲つけてくれる方、募集中です。 報酬は用意できませんが、お気軽にatuminzyu@yahoo.co.jpまでご連絡ください。