私の行く先々で事件が起こる件について

4月5日

遊戯室4

「まずあんた、日本語が所々おかしいわ。 斉藤隆之と仰いまして? 申しますじゃないの? あと英語にしようとなさった? この名前になさった? 致しますじゃないの?  自分の行動に尊敬語使っていない? それは、相手の行動に対して使うのよ。 そして、変な所で息継ぎしていない?  気持ち悪いから直しなさい」 「ぬ。い」 「それと、隆之を、鳥の鷹と、自然現象の雪に分け 鷹が雪から羽を休めて建物の陰で休むって言う イメージを話して少年っぽさをアピールしてるけど その言葉が発せられる口が異様に臭いし その臭いと錦糸町駅前の自転車置き場の自転車の籠を 漁っているホームレスの様な外見のせいで せっかく少年っぽさをアピールしても全く無駄なのよ。 全身整形し、髭を剃り、肌の色をもう少し白くしろ。 そしてあんたは喋る度に悪臭を放つ訳だから その悪臭が消えるまでは絶対に会話での コミュニケーションを避ける事! メール、ライン、筆談などでするようにしなさい。 そうでないといつかあんたの口臭で死人が出る 危険性があるの。分かったね? お姉さんとの約束よ?  それが嫌なら歯くらい磨きなさい!  いいえそれだけじゃ生温いわ!!  歯を磨いた位じゃその悪臭は消えない。 あっ、よく考えたら歯ブラシも歯に当たる前に ブラシが溶けちゃうわ・・これじゃ磨けないね。 ならばこうしましょうミントには悪いけれど その臭いが消えるまでミントの根っこを口に詰めて ホッチキスで口が開かない様閉じたまま生活しなさい! どうせキスなんかこれから先も人類とは一生出来ない あんたが唯一出来るキスはホッチキスとキス位だからね! あ、ここ笑うところよ。ホッチキスとキスが 見事にかかっているおしゃれなダジャレよ。 面白いんだから笑いなさい」 「ぬ、じ」 「後、しっかりアロンベータで鼻の穴と唇の隙間を 接着するのも忘れちゃ駄目よ? ガス漏れしたらとんでもない被害が出るからね? 呼吸はこれから耳式呼吸もしくは涙腺式呼吸 又は皮膚呼吸などから好きなのを選んでいいわ。 そこから漏れる程度の口臭なら何とか我慢できるから 死ぬ気で練習しなさい!!! あっそれだと食事が出来ないか・・まあいいや 栄養満点の点滴で一生過ごしなさい。 後、あんたは顔が気持ち悪い。だから アルミホイルでも顔に巻いて その上にハンサムな顔でも描いて過ごしなさい」 「とも。だ、ち」 「友達じゃない! 私の邪魔をするな! 喋るな! しかし、あんたに斉藤隆之って名前は勿体無いわ。 だってちょっとかっこいいもの。名前だけね。 響きも西郷隆盛みたいで嫌ね。 今の内に西郷隆盛に土下座しておきなさい! それに隆之ってのが たこ焼きみたいな響きでもあるのよ。 かっこいい上に美味しそうな名前なんてずるいわよ! それに、ビジュアル系ロックバンドのボーカルに  TAKAYUKI みたいな名前いそうだしね。 あんた程度の者「いもさく」とか 「ごんべえ」「キチ・ガイ」が関の山ね。 この身の程知らずめ!  今までこの名前を私に無断で名乗っていた事に 本来なら厳しいペナルティを与えたい所だけど。 今回だけは特別に許してあげるから これから10時間以内にこの3つの内の中から 一つ選んで改名しなさい!もし10時間から 1秒でも過ぎたら目玉をへし折るからね? この私自ら名付け親になってあげるんだから 感謝しなさい」 「ぬ。う」 「喋るなといっただろ!!」 「ちょ、おま、ダサい名前の候補の中に 何気なくわしの弟の名前混じってるぞい。 どういう事じゃ? それに、キチは苗字じゃぞ。 斉藤キチ・ガイでは苗字が二つ使っとる事なるぞい。 訂正を求むぞい それに目玉をへし折るとは・・どんな技術じゃ? 一体お主何者なんじゃ?」 当然ただの脅し文句だが、真に受けるロウ・ガイ。 この剣幕だから真実味を帯びている様に 捉えられても仕方がない。 そしてキチ・ガイの名前に反応し、横から口を出す。 しかし、アリサはロウ・ガイに一瞥(いちべつ)こそすれど 今は、隆之に一点集中しターボがかかった脳。 その要望には答えず続ける。 「それにあんたの姿、どう見ても 巻き○そそのものなのよ、汚い。 巻き〇その分際で歩いたり話したりするな。 しかし、どうして白髪なのよ!!  そのせいで何とか本家と色は違うけれども 形は全く同じ。ここまで酷似しているのだから どうせなら髪を茶色に染めて 心も体も巻き○そに成り切りなさい。 あっそうなると腕と足が邪魔ね。そうだわ。 あんたは人か巻き〇そで言ったら 巻き〇その割合が8割だから いっその事両方切り落として完全体になりなさい。 もし、巻き○そと言われるのが嫌なら ダイエットして、スリムな一本○そになりなさい。 「アリサちゃん・・さっきレディって言ってたじゃないか レディがそんなに巻き○そとか一本○そとか連呼しちゃあ というか頑張って痩せてもう○こからは抜け出せないんだ フッ哀れな男だ・・」 しかし、八郎の言葉は届かない。  「そして、イーグルは(わし)よ!  で、鷹の英語はホークって言うのよ。 ホテルの名前、根本的に間違えているのよあんた。 イーグルスノーじゃ鷲雪になるわ!  あんたの名前は、斉藤鷲之なのかしら? ホークスノーホテル。それがこのホテルの正式名称よ。  因みに、鷹より一回り大きい鷹の事を鷲とを言うの。  大きさが違うだけで同じ種類なのね。 惜しかったけどちょっと考えが足りなかったわね。 因みに他にもあんたに足りないのは・・ 情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ! そして何よりもォォオオオッ!! 速さが足りないの!! それに鷹は、主に森とかに暮らしているのよ。 都会になんか来ないわ。 それにわざわざ雪が降っている所なんか通る訳ないし 仮に雪に遭ってしまっても、目に雪が入ろうが突っ切り 暖かい所まで飛んで行くでしょう。100chain! Good! 雪が降っている地域の建物の陰なんかで 雪が止むまで待つ様な消極的な動物じゃないのよ。 猛禽類舐めないで欲しいわ!  それに、内面を見て欲しいって言っていたけれど。 それだって大した事ないわね。 冒頭に見せたあの酷い一人芝居。そこでお前は 宝石のヒーローを勝手に創作していたな。 そこから推察するに、お前はヒーローに対する 憧れがあるように見える。 でも自分のキャラクターをよく理解し ヒーローになろうと考えるのは止めなさい。 巻き○そ型のヒーローなんてどこにも居ない。 お前の見てくれではヒーローモノの 1話か2話に登場する中ボス程度の怪物役が関の山。 その年で叶わぬ夢をいつまでも追うのは止めなさい! 確かに人のそれぞれの趣味、強くは否定できないわ。 でもね そんな遊びの為にあの宝石達は輝いている訳ではない。 それにお前ではその宝石の真価を発揮する事は 絶対に不可能だ。恥を知りなさい。 今から宝石達を床に並べて、今まで分不相応のお前が 勝手にその宝石達を 汚い指に付けていた事を十分反省し 深く土下座を100回した後に 然るべき人の所へ寄付するべきだ!  本当にこの宝石達を輝かせてくれる人にな!  当然綺麗に洗浄をした後にだよ?」 「あ、み」 「喋るな!!黙って聞いてろ! それにしてもお前は自分の事が大好きなんだな。 部屋の到る所に お前のリアルな写真のシールを貼ったり お皿の中央にはお前が笑っている写真が へばり付いているのを見たわ 本当に怖かったし気持ち悪かった。 許せなかった、割りたかった!! あんな物に料理を乗せたら猛毒状態になるだろ!  いい加減にしろ!!」 「ね。お」  「いい加減にしろ!!」 「ハシハシッハシハシッ!」 主人がピンチと察し、アリサに吠える橋本。 ギロッ  <殺> <犬> それに対しアリサは、おぞましい瞳を橋本に向ける。 純粋な殺意がこもった冷徹な瞳。 「ハシハシッハシ・・ハシ・・! モトューン・・」 こいつには勝てないと本能的に察し、吠えるのを止め 耳を下げ逃げてゆく。 「それに隠れユッキーとか言うゴミを ホテル内の至る所に隠して ホテルに来て下さった罪の無い人達の 命を奪おうとするのは止めろ! ただでさえ疲れて泊まりに来ている 人達だっているんだぞ! それをホテルのどこかにあるそれを探させる為に 必要以上に歩かせて疲弊した後にやっと見つけたと 思ったらあのユッキーの顔だぞ!  あんなのを見たら常人は脳がビックリして あぶく吐いて死んじゃうんだよ! この無差別殺人犯! 幸いな事に、まだこのサービスを始めて 1週間らしいわね? 今日は火曜日だから 最低で先週日曜から始めたとして3日、最長で 先週の月曜日からと計算し9日の範囲となっている筈。 今の所、奇跡的に死人は出ていない様ね? まだ間に合うからこのサービスは中止にして お前自身も客の前に姿を現すのは止めにしなさい。 お前の外見は人を不快にさせる。 自分の顔を鏡でじっくり見て 本当に接客業に向いているかどうか真剣に考えなさい そうすれば気づく筈よ、100%向いていないって事に。 そして、別の誰かにバトンタッチして 接客業から足を洗いなさい!  それに、ホテル内に犬を連れ歩くのも止めた方がいいわ お前の脳みそは犬以下なんだから飼える訳ないでしょ! お前以外の誰かに餌1年分とともに渡しなさい。 それに、ハシハシ鳴くから橋本にしたって言ってたけど その言葉に違和感があったのよね。だって さっき睨んだ時、モトューンって言って逃げていったわ 通常の犬でクーンとかキューンに当たる鳴き声よね? 人間で言う悲しいよとか苦しいよとかに当たる意味ね。 お前、もしかして橋本ってしようと思ったのは ハシハシ吠えるだけではなくモトューンって  悲しんだのをお前自身が見たから、そう名付けた。 あまり想像したくはないけど陰で虐待していたから・・ そうなんでしょ? 反省しなさい!! 「ち、が」 実はこれはアリサの誤解であり。虐待ではないのだ。 当初橋本は、鼻が優秀な犬だったが 隆之の元に飼われてしまったが故に その暴力的な臭いで鼻がおかしくなるまで モトューンと言って苦しんでいたのだ。 実際隆之が暴力をふるったという事は無いが 臭いで攻撃し続けていたという意味では 虐待なのであろうか? 鼻がおかしくなった後は、気にする事がなくなり 隆之に懐いているが、臭いが分からないだけで 確実にその毒は毎日橋本に蓄積されている事に 気付いていないだけなので隆之から離れた方がいい という事には変わりはないが・・ 「そういえばお前さっき私に求婚してきたよね? その事で私は恐怖した。あの隠れユッキーを見れば 少しずつ命は削られる。本人なら、2倍以上。 もはやお前の求婚は死刑宣告に他ならない。 お前は求婚する度、相手に恐怖を与え続ける。 そしてもし一緒になってしまえば あの臭いをずっと嗅ぎ続けなければいけない 地獄だ、本当の地獄だ。 顔と臭いで見る見る内に老化し最後は死んでしまう。 まさに死刑宣告。誰とも関わり合わずに ひっそり生き続けるならいいとして これから誰かと結婚してお前の遺伝子を残すと言うなら それ自体が罪になる。さしずめ脅迫罪 殺人未遂といったところか。  一殺多生という言葉知ってるか?  一人の害悪な人間が居なくなれば その他の大勢の人が生き延びるって意味だ。 今の様にお前が息を不特定多数の人間に撒き散らすなら 大勢が死んでしまうかもしれない これ以上出しゃばって来る様なら この世から居なくなってくれた方が良いと思う。 もう一度言わせてもらう。外見も内面も酷い上に 年老いたお前との結婚はどう考えても無理だ。 世の中には金ではどうしても買えない物がある。 それをよーく考えろ! (たで)食う虫も好き好きと言うが 恐らくこれからお前が出会って行く女の子からも お断りの言葉を喰らい続けるであろう。 お前は蓼以下って事だ。無駄な努力は諦めろ! 尊敬語と謙譲語の違いも分からず。喋る時 区切る場所も良く分かっていない。 想像力が貧困。英語力も無い。陰で犬をいじめ そして、酷いアクセサリーのセンス。 そして何より、人類全てから忌み嫌われる最悪の口臭。 内臓腐ってんじゃないの? お前はこのホテルとお金が無かったら何にも無い人間よ。 いいえ0では無いわね、お前と一緒にいても良い事なんて 一つも無い。マイナスよ。  金があっても意味が無い事が分かったな?  ならどうすればいいか教えてやろう!   今持ってる全財産をユニセフに寄付してから すぐさま死ね!! はあっはあっ」 「ぬ。あ?、?♡!?。?」 プス、プスプスボスーン・・茶色い男の頭から 黒い髑髏マークの煙が立ち昇る。 脳のキャパを超えた情報が渋滞して 煙として排出してしまったのであろうか? 怒涛のアリサラッシュ。 矢継早に放たれた言葉の連続攻撃に隆之の脳は その一言一言を処理しきれず、やがて爆発する。 右目と左目は別の方向を向き気絶しかけている。 -------------------------End of battle------------------------ Alisa win 216hit combo finish! excellent! combo bonus exp bonus×101EXP獲得! 0G獲得!  とうとう決着が付いた。長き戦いであった。 何? 戦闘終了と書いてあったけど 戦闘とは名ばかりで隆之は 一切反撃していないじゃないかだと?  そうなのである。ターン制バトルの筈であり 当然アリサが攻撃した後隆之にも反撃する機会は訪れる。 だが、隆之が反論を試みるも 「ぬ、あ」 など言葉にならない言葉でターン消費してしまっている。 その間にアリサが次の一言を言ってしまい 隆之のターンはキャンセルされる。その繰り返しで 一方的にアリサのターンが続いてしまった訳だ。 すばやさが高ければそれだけ連続攻撃が出来るのは当然。 このバトルにおける素早さは、頭脳の回転力。 その点においては隆之は全く歯が立たないのだ。 因みに216コンボというのは216行喋っていた事を指す。 態々語り部自ら数えたのだ。全く大変な苦労である。 100以上のコンボで10倍の経験値になるシステムだが 取得経験値もコンボボーナスで10倍になっての 1と、本来01のゴミなのである。 始めの町周辺に出る雑魚以下の量である。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡349,600

    〇2,434

    SF・連載中・66話・369,815字 新星

    2020年9月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 人生の宝物を、探しに行こう

    ♡168,410

    〇4,022

    恋愛/ラブコメ・連載中・147話・594,019字 九条 蓮

    2020年9月22日更新

    【※2020/06 恋愛/ラブコメ部門で日間・週間・月間1位達成※】 【※2020/09 総合日間1位達成※】 【※2020/09 書籍化&書籍版にて先行完結※】 高校2年の秋、麻宮伊織が転校してきてから「俺」の人生は⋯⋯。切なくピュアなラブ・ストーリー。 高校に馴染めず、周囲から疎まれる存在だった麻生真樹。そんな彼の人生を変えたのは、転校生・麻宮伊織との出会いだった。伊織と日々を過ごすうちに、真樹は彼女が深い悲しみを背負っている事に気付いてしまう。彼女から垣間見得える寂しそうな表情を見て、真樹は彼女を救いたいと考えるようになる。彼女を支えたい一心で、真樹は迷い、葛藤しながらも少しずつ成長していく。ピュアで真摯な恋の行方は……? 【作者コメント】 恋愛だけでなく、友情と挫折、主人公『麻生真樹』とヒロイン『麻宮伊織』の成長を描く物語です。大切な人や友人の絆を深める事で、彼らの成長の様を見届けるような気持ちで読めます。 読んだ後にはじんわりと心に響くような余韻を味わえると思っています。中高生だけでなく、大人の読者様にも、過去の青春時代を思い出しながら読んで頂ければ幸いです。 〝あの頃〟の気持ちを思い出せると思います。 ※書籍版とは一部内容が異なります。 ※前半の伏線や疑問点は、細かいものも含めて徐々に回収していきます。そのため、読み飛ばすと意図がわからない等の問題が起きる可能性があるので、注意してください。 ※前半では「なんで?」と思う展開もあるかと思いますが、しっかりとその疑問は回収していきますので、そのまま読み進めて下さい。 ※縦読みがおすすめです。 【こんな方にオススメの小説です】 ■Web小説にありがちな安っぽい描写の恋愛小説に飽きた ■現実に近い本格的な恋愛小説が読みたい ■一途な恋が好き ■暖かい気持ちになれる小説を探している ■『誰かを好きになる』という気持ちを忘れてしまっている ■心を鷲掴みにされたい

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • これは挑戦。

    ♡71,200

    〇1,380

    ミステリー・連載中・19話・39,684字 一輝

    2020年9月25日更新

    目には目を、歯には歯を、犯罪には犯罪を‥‥ 世に蔓延る身勝手な凶悪犯罪の数々 そして、正義とされる筈の法律に守られ、犯した罪の重さ通りには決して裁かれない加害者達。 それにより、2度目の大きな傷を負わされる被害者達‥‥ そんな理不尽を過激にぶっ壊していくのは、犯罪者を犯罪で狩る 黒き執行人『黒峰 蓮』 そして、それに相対するは、己が正義を貫く心優しき信念の刑事『蒼井 龍太』 矛盾した正義というものが、正しく生きる者を傷つけていくものとなっているこの現代社会に、タブーとされている事柄に躊躇なく斬り込んだ、ハードボイルドなweb小説界の問題作。 「正義とは何か?」 犯罪に犯罪で対抗するダークヒーローのその姿、貴方は共感しますか?それとも悪だと否定しますか?

  • 本格ミステリーの範疇に留まるか否か?

    ♡7,900

    〇2

    ミステリー・連載中・16話・33,996字 司弐紘

    2020年9月25日更新

    いわゆる、売れない小説家である所の志藤俊平。 次回作に向けて、新しい担当になった永瀬仁紀よりある提案を受けた。 それは、志藤のスマッシュヒットとも言うべき作品に登場する「青田」という男を登場させてはどうか? ……という物だった。 渋る志藤に向けて、永瀬はこんな話を仕入れていた。 「自殺とも、事故死とも、他殺とも判断出来ない不自然な死がありましてね――」 それを青田にぶつけようという話だったが、果たして?