異世界ファンタジー 設定・プロット 完結済

魔王は起ち上がらない

作者からの一言コメント

勃起不全になった魔王の物語

読了目安時間:5分

UJ原作プロットコンテスト作品です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 魔王は起ち上がらない
作者名 mosimosi
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ UJ原作プロットコン コメディ シリアス ダーク アクション/バトル 男主人公 魔王 人外
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年6月12日 23時53分
最終投稿日 2020年6月13日 1時26分
完結日 2020年6月13日 1時26分
文字数 2,452文字
読了目安時間 5分
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 育成ゲームの主人公に転生した俺、ゲーム知識と育成チートで不遇モンスターを最強に仕立てる

    チートと知識と戦術を駆使して成り上がれ!

    33,100

    1,000


    2021年6月20日更新

    気が付くと俺は、世界的人気を誇るモンスター育成RPG『ファイティングモンスター』の、主人公『ロッド・マサラニア』に転生していた。 モンスターを従え、育成し、戦う『従魔士』となるべく、俺は『セントリア従魔士学校』に入学する。 そこで俺が授かったのは、激レアモンスター『ブラックスライム』だった! 「よりによってブラックスライムかよ!」 「Fランクモンスターの代表格ね」 んんんんんん!? 周りの反応がおかしいんだが!? もしかして、ゲームとこの世界とでは、モンスターの評価が異なるのか? ていうか、この世界の従魔士、レベル低くない? これってチャンスじゃないか? 俺にはゲーム知識があるし、転生で手に入れた『育成チート』もある! 世界一の従魔士になるのも夢じゃない! よっし、決めた! 俺はこの世界を楽しみ尽くしてやる! ゲーム知識と育成チートを駆使し、ただのゲーマーは常識を塗り替える! ※小説家になろう、カクヨムにも掲載しています。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む

  • KAMIKOESI / Lucida Luster 〜頂点達の描いた最終未来〜

    なろうで残酷表現あり版を執筆しています。

    300

    0


    2021年6月20日更新

    第1節 Last Future 世界の頂点にして最も慈悲深いと評判の神族が運営・管理する魔法学園Gloryを辞めさせられたハツミリア・ルイデは 両親に魔法と剣術を習いながら悠々自適な生活を送っていた。 ある日、神界に顔が広い父であるキレが呟く。 かつての学友である大切な友達2人が危機に瀕していると... ハツミリアは両親にさえ秘密にしている ある"魔法"を使って友達2人に早速会いに行った。

    読了目安時間:3時間0分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 華氏459

    459℉:ネットでうどん県が炎上する温度

    15,755

    0


    2021年6月20日更新

    「香川県へ行かないか」 すべては友人のその言葉から始まった。いまや四半世紀にわたり鎖国を続け情報統制をおこなっている香川県。ジャーナリストである私はその香川県の秘密を暴くため、香川県の潜入取材を試みるのであった。 ※459=シコク ※この物語はフィクションであり、登場する自治体、人物、団体、法令などは実在のものとは一切関係がありません。万が一似たものがあっても他人の空似であり偶然の産物に過ぎません。 ※ジャンルを文芸→SFに変更しました

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    116,900

    230


    2021年6月19日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間55分

    この作品を読む