ホラー 短編 完結済

なんで刃物が嫌いなの?

作者からの一言コメント

体験が元の心霊系フィクションです

読了目安時間:2分

先日 久しぶりに葬儀に参列して思った出来事です

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 なんで刃物が嫌いなの?
作者名 間々乃牛子
ジャンル ホラー
タグ 現代日本 コズミック・ホラー 日常 異能
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月6日 22時46分
最終投稿日 2020年10月6日 22時47分
完結日 2020年10月6日 22時47分
文字数 962文字
読了目安時間 2分
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 漂流してきたお姫様と浜辺の巨神

    描いていて明るい気持ちになりました👸

    2,500

    30


    2021年7月29日更新

    「ねぇねぇ、次は砂のお城を作りましょう」 「うん、わかった」 1人浜辺で遊んでいた少年、彼がたまたま見つけたのはオモチャのような潜水艦。 その中から出てきたのは、なんと赤いリボンを付けた小人の女の子だった。 最初は驚く少年も2人は意気投合し一緒に遊ぶことに。 少年と女の子が届ける現代ファンタジーのショートショートストーリー🎵

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 操竜姫戦記~青い瞳の少女と赤い双眸の黒い竜~

    愛ゆえに人は狂気に染まる

    9,900

    50


    2021年7月29日更新

    エルシアン大陸、アルノリア王国。 そこは人類の残された唯一の大地。だが、古の時代より亡者と呼ばれる怪物の侵攻をたびたび受けている。それに対抗する力、竜を操る者たちがいる。 彼らは操竜者と呼ばれ、騎士団を形成し国と人々を守り続けている。 そして、操竜者になるべく一人の少女、ステラが儀式を受ける。 だが、そのれは失敗に終わる。 騎士団長であり父であるレグルスから騎士団長室へと呼ばれる。 そして言い渡されたのは、竜の墓場に行って来いという任務だった。 逆らうこともできず、ステラは竜の墓場へと向かった。 そこで、運命の邂逅を果たす。 そして、物語の歯車は動き出すのだった……。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む