歴史/時代 長編 連載中

白と赤

作者からの一言コメント

もう失わない。

ポーランド____ 中世ヨーロッパ時代はリトアニアと同君連合を築き、一大勢力となる。 だが時が流れる共に、弱体化。 他国の政治的介入を許し、結果的に二度も分割され地図から姿を消した。 何度も何度も、独立戦争を仕掛けた。 だが、圧倒的軍事力の差に失敗。 そして第一次世界大戦が起きる。 これを機にピウスツキという若武者を指導者にし、独立をしポーランド人悲願の願いが果たされた。 そして1939年ポーランドは窮地に立たされていた。 ポーランドはスターリン率いるソ連、ヒトラー率いるナチス・ドイツのふたつの大国に挟まれ、圧政に苦しんでいた。 ポーランドの独立を守るべく、何が立ち上がる。________

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 白と赤
作者名 ニッケル
ジャンル 歴史/時代
タグ アクション/バトル 戦記 男主人公 西洋風 戦争 銃撃 国家 予言 預言者 神話 歴史上の人物 架空 第二次世界大戦
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月11日 10時17分
最終投稿日 2020年4月15日 23時27分
文字数 4,365文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 乙女達と腐敗の夏 チート捕縛劇

    ♡175,274

    〇31,555

    現代/その他ファンタジー・連載中・47話・174,327字 兎野熊八

    2020年11月14日更新

    【《チート》とは、卑怯者の意味である 】 大正初期、世界を一変させる事件が片田舎の校舎から始まった。 学び舎に通う少年少女が突如として神の国、異世界へと姿を消し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、神宿し事件『異世界問題』が発生。 たった一人の能力者が国家すら揺るがす程の破格の能力《チート》 これら能力者達を他国に悪用されないためにも誰かが彼ら、彼女らを護る必要があった。 大正九年、異能者による異能者達の、捕獲、保護、管理を旨とする国家運営組織、『国立御影学園生徒会』が発足。 それから100年後、現代、日本。 異世界対策特殊図書委員に所属する、 過去に二つの異世界を救った、 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の乙女、金髪巨乳の男勝り、『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口少女、 『ピーシー』 三人の乙女達は異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々の中、 この夏、長い片想いの末、ついに意中の彼への告白を決意するメクルだったが……。 告白を目前に異世界へと消えた思い人、それと同時に現れた、異能者『レイズデッド』の帰還により、 前代未聞の夏が始まる。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

  • 天狗と巫女の平安冒険活劇!

    ♡500

    〇0

    歴史/時代・完結済・129話・873,761字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    どこからともなく笑い声が聞こえてくる。さては今宵も誰ぞが化かされたか。 化かしたのは山の怪異である“天狗”を名乗る、水目桜月鳥(ミズメノサクラツキトリ)なる翼を持った不思議な物ノ怪。 しかしミズメは、出羽国が月山を根城に、悪徳役人を騙してその富を貧者に分けたり、暴れて手が付けられない物ノ怪を退治する自称正義の物ノ怪である。 ある満月の晩、ミズメがいつものように愉しく辻捕り男を化かしていると、雇われ巫女が物ノ怪退治と称して立ちはだかった。 彼女はお人好しで方向音痴の巫女、その名は乙鳥(オトリ)という。 ふたりの出逢いが日ノ本を巻き込む大難事へと発展してゆく……。 狐狸に蛇に穴熊。神に物ノ怪、悪鬼悪霊、坊主に仙人。武士に狩人、貴人に変態、陰陽師。これらを相手取り、天狗と巫女が大暴れ。 歌詠み袖交う、みやびやかなる都人の時代を舞台にした平安幻想活劇。 あなたもきっと、天狗に化かされるに違いない。 (当作品は2020年7~11月のあいだに小説家になろうさんで連載していた作品です。完結済み) ※拙作「巫覡、寿ぐ(ふげき、ことほぐ) https://novelup.plus/story/790901231」と同世界の時代違いのおはなしです。 ストーリー上の続編ではありませんが、よろしければこちらも。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 渋沢栄一も出る幕末の埼玉人の話です

    ♡14,500

    〇0

    歴史/時代・連載中・6話・41,839字 海野 次朗

    2020年11月25日更新

    タイトルは『北武の寅』(ほくぶのとら)と読みます。 幕末の埼玉人にスポットをあてた作品です。主人公は熊谷北郊出身の吉田寅之助という青年です。他に渋沢栄一(尾高兄弟含む)、根岸友山、清水卯三郎、斎藤健次郎などが登場します。さらにベルギー系フランス人のモンブランやフランスお政、五代才助(友厚)、松木弘安(寺島宗則)、伊藤俊輔(博文)なども登場します。 根岸友山が出る関係から新選組や清河八郎の話もあります。また、渋沢栄一やモンブランが出る関係からパリ万博などパリを舞台とした場面が何回かあります。 前作の『伊藤とサトウ』と違って今作は史実重視というよりも、より「小説」に近い形になっているはずです。ただしキャラクターや時代背景はかなり重複しております。『伊藤とサトウ』でやれなかった事件を深掘りしているつもりですので、その点はご了承ください。 (※前回同様、NOVEL DAYSとカクヨムにも同じ内容のものを転載しています) 参考史料は埼玉県関連の史料のみ、ここで明示しておきます。それ以外は基本的に前回の『伊藤とサトウ』とほぼ同じですので、お手数ですがそちらをご参照ください。 『渋沢栄一』(吉川弘文館、土屋喬雄)、『歴史に隠れた大商人 清水卯三郎』(幻冬舎、今井博昭)、『根岸友山・武香の軌跡・幕末維新から明治へ』(さきたま出版会、監修・根岸友憲)、『埼玉の浪士たち「浪士組」始末記』(埼玉新聞社、小高旭之)、『幕末維新埼玉人物列伝』(さきたま出版会、小高旭之)、『埼玉武芸帳・江戸から明治へ』(さきたま出版会、山本邦夫)、『江戸時代 人づくり風土記 11巻 埼玉』(農山漁村文化協会)、『図説 埼玉県の歴史』(河出書房新社)、デジタル版『渋沢栄一伝記資料』(渋沢栄一記念財団)

  • あれのパクリです。

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・10話・11,936字 ローリング蕎麦ット

    2020年11月25日更新

    王都エクスの『白銀の十字架亭』。 そこは屈強な冒険者が集い、数々の冒険に旅立つ酒場だ。 君はそんな『白銀の十字架亭』に集う冒険者たちからの出題に応えられるか!