歴史/時代 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

信長Take3

作者からの一言コメント

信長再臨! 今度こそ天下布武完遂へ!

読了目安時間:31時間53分

総エピソード数:177話

信長Take3の表紙

 天正10年『2回目』の本能寺―――  信長は『またしても』自刃で果てた。 「歴史の改変がこれ程厄介だとは……!」  自刃から1億年先の遥か未来で復活した信長が見たその世界は、常軌を逸した正に血で血を洗う凄惨な世界であり、その遠因は己が本能寺で討ち死にした事だと信長は知る。 「本能寺の先へ行く為、世界の為、ワシは負けん! 新しい歴史はワシが作る!」  こうして信長の『3度目』の人生が始まろうとしていた。 信長Take1⇒史実 信長Take2⇒序章(0話)をご覧ください。 注:小説家になろうにて転載しております。

総エピソード数:177話

総エピソード数:177話

作品情報

作品名 信長Take3
作者名 松岡良佑
ジャンル 歴史/時代
タグ 織田信長 濃姫(帰蝶) 歴史改変 ギャグ シリアス 男主人公 女主人公 戦国時代 R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年10月5日 22時21分
最終投稿日 2022年3月2日 15時57分
完結日 -
文字数 956,270文字
読了目安時間 31時間53分
総エピソード数 177話
ブックマーク登録 43件
コメント 19件
スタンプ 31件
ビビッと 1件
応援ポイント 53,100pt
ノベラポイント 135pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 戦国夜話 ドラゴンVSフェニックス

    よろしくお願いします

    90,726

    1,015


    2022年5月22日更新

    戦国時代で最強とうたわれた武将、越後の龍( ドラゴン )・上杉輝虎ちゃんと、戦国時代きっての最弱大名でありながら、領民や部下に支えられ、何度ボコられても復活する不死鳥( フェニックス )のような小田氏治。何の因果か、はたまた運命か?この二人が今、なし崩しに激突する! 戦国時代で異彩を放った、最強と最弱の二人がいかに「 山王堂合戦 」で八時間もの激闘を繰り広げ、雌雄を決していったかを綴って参ります。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • 南溟の晩鐘

    「鉄底海峡の砲撃戦」続編

    1,100

    0


    2022年5月22日更新

    戦艦大和以下、水上砲戦部隊の活躍によって勝利を収めた第三次ソロモン海戦。 その後も、日本海軍はルンガ沖海戦などでの勝利を続ける。 そして、第三次ソロモン海戦から二ヶ月後の一九四三年一月、日本海軍は南太平洋全域での通商破壊作戦「い号作戦」を発令。 これによって、南太平洋のアメリカ軍はさらなる窮地に陥った。 ガダルカナルに残る三万名の海兵隊将兵を救うため、南太平洋方面軍司令ウィリアム・F・ハルゼー提督は再度のガダルカナル突入作戦を決意する。 迎撃するは、第三次ソロモン海戦での殊勲艦夕立を始めとする日本海軍の精鋭水雷戦隊。 今再び、鉄底海峡で死闘の幕が上がる。 (本作は、「小説家になろう」様にて掲載した作品を分割して転載したものとなります。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る