完結済 長編

ムーの戦士はキミのためになんでもする

作者からの一言コメント

ムーの力で人類を導こう。まずは学校から

夢羽 千示(ゆめばね せんじ)、高校一年生。彼はムーの戦士の生まれ変わりだ。 その力で人類を導こうと考えた彼は、まずは学校で試すことにした。 入学式にムーの戦士だとカミングアウトし、助けを求めている人間にアピールする。 「相談に乗ろう、この力で解決もしよう、キミのためになんでもする」と。 …そんな彼に目を付けられちゃったわたし、木ノ内 星見(きのうち ほしみ)。 小さい頃に木の声が聞こえちゃうなんて言ったばっかりに、木の妖精ってあだ名がついたんだけど、そのことが気になるらしい。 あだ名のことじゃなくて、木の声が聞こえることにね。 ムーの戦士に相談しに来る人なんていないと思ったんだけど、これが意外と来ちゃうんだ。みんな疲れてるの? 藁にも縋りたいの? でもま、きっとなんとかしてくれるよ。ムーの戦士の力は本物だからね。 ※3/9 第一章を加筆修正しました。(主に2話) 2020/3/29 完結しました!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
ムーの戦士はキミのためになんでもする
作者名
告井 凪
セルフレイティング
なし
初掲載日
2020年1月17日 16時20分
最終投稿日
2020年3月29日 16時13分
文字数
115,354文字
ブックマーク登録
7件
コメント/スタンプ
5件
応援ポイント
1,700pt
ノベラポイント
0pt
応援レビュー
0件