文芸/純文学 長編 連載中

ラ・シルフィード La Sylphide

via

作者からの一言コメント

少女は馬に乗り、風になる

読了目安時間:3時間10分

総エピソード数:71話

 *おしらせ 読んでくださり、ありがとうございます。 11月より当面の間、更新日を変更致します。 毎週土曜日、19:30頃を予定しています。 今後ともよろしくお願い致します。 2022.10.23  *最後のお話まで完結しています。 順次公開していきます。  常にヒトの側にいる動物、馬。 時に荷を運び、時に散歩の足となり、狩やスポーツの際にも、ヒトとの見事なコンビネーションを見せてくれます。 悲しいかな戦争の歴史においても、言うに及ばず。 機械化が進み、現代の生活のほとんどにおいて馬力を必要とはしなくなったものの、多くはスポーツや趣味の分野において、乗馬クラブや牧場、イベントなどで、彼女たちと深く関わることができます。  そんな馬たちに敬意を表して、この作品をお届けします。    乗馬には様々なスタイルや流派があります。 その中で本作は、和式馬術に則っています。 和式馬術:   日本において、武士たちにより発展したと言われる馬術です。 馬は、小型の在来馬。 重い甲冑をつけていても馬に負担をかけず、かつ、戦闘に適した乗り方です。  なお、拙作「スケーティング弓術部ニーケ」のスピンオフ、クロスオーバーではありますが、本作だけでも楽しめるかと存じます。 SF的要素あり。

総エピソード数:71話

作品情報

作品名 ラ・シルフィード La Sylphide
作者名 via
ジャンル 文芸/純文学
タグ スピンオフ 騎射 ケンタウロス 乗馬 クロスオーバー スケート 和式馬術 流鏑馬 SF ギリシャ語 スポーツ流鏑馬
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年3月12日 19時30分
最終投稿日 2022年12月3日 19時30分
完結日 -
文字数 95,045文字
読了目安時間 3時間10分
総エピソード数 71話
ブックマーク登録 17件
コメント 122件
スタンプ 333件
ビビッと 144件
応援ポイント 160,500pt
ノベラポイント 157pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 共犯者の喉仏。

    見る見る中に暗の底へ、まっさかさまに

    10,800

    0


    2022年12月9日更新

    大学受験に失敗した小場ヒロムは、過保護な親の仕送りとバイトで生計を立てる浪人生。 ある日、ヒロムはバイト先のヘルプ・蓮実アキオと出会う。アキオは世話焼きな人間であり、ヒロムに食事を提供する代わりに料理人を志す自分の練習台になってくれと申し出る。 ※一部宗教的な話題を取り扱っている作品となります。実在する事件・団体・人物等とは一切関係ございません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間17分

    この作品を読む

  • 秋と七日間の夏

    夏から秋へ、ゆったりと物語を

    35,900

    0


    2022年12月9日更新

    ゆったりとしたヤツ。 それが好きです。 ゆったりと流れていく時間、ここではないどこかの風景とできごと。 そんな感じで書いています。 それでも悪魔の書いているヤツです。 よろしく。

    読了目安時間:11時間51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 心療内科の友美さん ~私、動物専門なんです~

    読んで頂けたら幸いです

    103,900

    776


    2022年9月3日更新

    動物と話が出来るあくまで自称心療内科医(動物専門)でスキル発動の特技を持つ、中学2年生、加納友美さん。 コミュ障気味で面倒くさがり屋だが、断れない友美の前に相談に現れる様々な動物たち。 猫・うさぎ・犬・鳥・爬虫類などなど。 そしてその動物たちに振り回される毎日・・・・・。 ガチのチャリ立ち漕ぎさせられたり・・・ボードゲームやらされたり・・・セクハラされたり・・・いじめられたり・・・説教されたり・・・。 そんな中、恋の悩みや人間からしたらどうでもいい悩みを友美さんが悪戦苦闘もするが、一つ一つ解決していき成長していく日常。 ラブコメもあります。

    読了目安時間:6時間56分

    この作品を読む

  • 病印 忘却の花嫁

    怪異と戦う一人の少年の物語

    267,100

    79,530


    2022年12月9日更新

    第零部 ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り推理して怪異となった犯人の正体をみつけて戦う。 第一部

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間53分

    この作品を読む