雪と世界と「もの」と俺と

読了目安時間:2分

雪を掘る

 雪の中を掘っている。  本物の雪ではない、概念の雪。  概念の雪はたくさんのデータが砕けて集まったもので、雪の下の「見られてはいけないもの」を隠しているという。  今日は寒かったからたくさん雪が降った。昨日も寒かったからたくさん雪が降った。  寒いから降るのか隠したいから降るのかそれはわからない。なにぶん俺に概念の雪のことはわからない。  雪を掘っていったら何が見つかるかもわからない。見られてはいけないもの、というのが何なのか、それがわかるならそれは見られてはいけないものではない、と思う。  誰に見られてはいけないのか。人間か、自然か、俺か。  それはわからない。  そもそもこの雪を誰が降らせたのかもわからない、それだって俺かもしれないし。  潜行には時間がかかる。何日も使って役に立たないがらくたばかり見つかることもざら。  貴重なものは滅多に見つからない。あっても前に見つけたことのあるものばかりだ。  がらくたでも危険物なので、調べた後はきちんと埋め戻さなければならない。その作業も考慮すると、やはり時間がかかる。  一度掘り出せばあとは勝手に掘ってくれるのでそこは楽だが、ものを発見したらすぐに対処しなければいけないのでそう楽でもない。作業の合間に作業をするのはあまりおすすめしない。  まあ俺以外にこんな作業をやっている物好きなんていうのは別世界にしかいないとは思うのだが。  なんて言ってもこの世界には俺以外の人がいない。そんなことでどうやって生きているのかと聞かれそうだがそこは概念なので問題ない。そういう風になっているのだ。  概念、便利な言葉だ。だが概念はとらえ方一つですぐに変容してしまう危ういものでもある。  危険物の対処を間違えて俺自身の形が変わってしまっては元も子もない。  何のためにこの作業をやっているか、ということは俺自身にもわからない。したいからやっているのか、するしかないからやっているのか。  とにかく作業をしないと前に進めないということはわかっている。この世界は雪に閉ざされている。  それをいつか春にするのが目下の目標、なのかもしれない。  春。  夢に見たことはある。だがそれはあくまで夢、本物の春がどんなものかはわからない。  この世界も昔は雪がなかったのだろうか。  他の世界もこんな風に雪に閉ざされているのだろうか。  いつかここに春が来たら他の世界にも行ってみたい。  そんなことを考えながら今日も掘っているのだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    19,000

    162


    2021年6月16日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • 【自主企画】天才フェス

    天才だよ!全員集合!

    12,700

    0


    2021年6月17日更新

    物語を彩る天才達。彼らの魅力は私達を惹きつける。 欲張りな私は考えた。そんな天才達を集めた宴は最高に楽しいはずだ、と。 ならば、天才であるこの私が開催してしまえばいい! それが天才フェス。 是非、楽しんでいってくれ。あわよくば、参加してくれ!! ※表紙絵は藤原アオイ様に書いていただきました!ありがとうございます!!

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 習作千文字

    毎日書いて練習するのだ

    24,300

    300


    2021年6月17日更新

    この作品は2021年2月ごろから何の考えもなしに始めた処女作になります。 とにかく1000文字毎日ストーリーを進める、文字を書くことを習慣化するという目的で始めていました。 この作品には沢山のキャラクターが登場しますが世間は狭いもので、みんな何かしら接点を持つようになっています。 少しずつ重なっていく彼らのドタバタを見届けてもらえれば幸いです。 会社や学校へ行く途中で片手間で読んでもらえればと思います!

    読了目安時間:4時間19分

    この作品を読む

  • 黒馬物語

    動物を愛する人へ

    300

    0


    2021年6月17日更新

    十九世紀、イギリス。馬がまだ交通及び運搬の手段として重要な位置にいた時代。田舎の牧場に生まれた血統の良い美しい黒馬がいた。大人になった黒馬は売られた先で、様々な経験をしていく。その中には辛いものも……。 馬に深い愛情を寄せた作家アンナ・シュウエルが、彼らの辛い現状が少しでも良くなることを願って綴った物語。 NOVEL DAYSとの重複投稿です。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む