現代/青春ドラマ 長編 連載中

不可逆性モラトリアム、令嬢、行村砂羽いわく『滅べよ世界』

作者からの一言コメント

彼女たちの黒歴史で世界がヤバい⁉︎

「世界なんて無くなってしまえばいいと思ったことはない?」  照れくさそうに、ハニカミながら、その少女は言った。  それを聞かされた僕は、眩しい現実から目を逸らすように天を仰いで誰にも聞こえないよう小さくボヤいた。 (うわぁ……めんどくさそうな奴……)  それから3年後のお話。  小林宗太は、夜の教室で見てしまった。  真面目な優等生である行村砂羽が風変わりな格好をして夜空に向かって吼えている姿を。 「滅べよ世界!」    --翌朝のニュースで宗太は『校庭に隕石が落ちた』ことを知る。それが3年前に起きた世界改変と同じく有り得ない事であることも。  それは、あらゆるルールを無視して妄想を現実へと変えてしまう【不可逆性モラトリアム】   高校生という悶々としたモラトリアムの中で巻き起こる「ありえない」出来事を巡る青春コメディ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 不可逆性モラトリアム、令嬢、行村砂羽いわく『滅べよ世界』
作者名 田中ヒロミチ
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ コメディ 現代日本 モラトリアム 超常現象 日常 青春 男主人公 高校 令嬢 メガネ 中二病 HJ大賞2020後期 ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月22日 19時00分
最終投稿日 2020年11月22日 18時13分
文字数 178,846文字
ブックマーク登録 37件
コメント 67件
スタンプ 290件
ビビッと 0件
応援ポイント 143,100pt
ノベラポイント 1,390pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 村を失った村人Aは何になる?

    ♡82,250

    〇1,510

    異世界ファンタジー・連載中・63話・157,176字 月島かな

    2020年11月27日更新

    西暦があれば1800年頃――竜紀400年 「共生」を愛する〈オリギ・マギカ〉 「秩序」を重んじる〈X-FL〉 「調和」を示す〈薄氷〉 かつて世界を揺るがした〈塔〉を監視する三つの魔法協会 それらは世界を三分割し、統治していた 「戦争なんてあるはずがない」 少年ジッカの平和の日々はある日、〈災害〉によって一瞬で壊された その〈災害〉はこの世界特有の、魔法を使ったものに下る罰則、〈竜災〉 〈勇者〉を巡る世界の陰謀に巻き込まれたジッカは、世界を旅する謎の少女――リオンと出会う ただの村人が仮そめの平和を暴くため、世界に挑む冒険譚 これは、ハズレくじを引いた者たちの魔法世界への反抗記録 第Ⅰ部 糸を辿る物語 第一章 結ばれた糸 全10話 第二章 時鐘つきのいない村 全15話 第三章 邂逅、衝突 全19話 第四章 錬金術師の屋敷 全11話 第Ⅱ部 〈賢者の石〉 第五章 〈オリギ・マギカ〉潜入 1話〜 ※第一部完結ありがとうございます! ※表紙はみゃこ様(@myako_crafts)よりいただきました。 ※ジャンル日間3位ありがとうございます。 ※スキル・チート要素はありません。 ※現在、固有名詞とふりがなの混在が発生しております。順次修正していきます。 ※二日に一度の更新ペースです。 ※次回更新→11/23㈪ スタンプはもちろん、コメントお待ちしております!!

  • 2020年11月26日更新

    「あの絶海孤島の領地を治めろなんて、僕に死ねということですか!?」 「それを成すまで相続権は認められん」 後見人となった叔父の言葉に、僕は耳を疑った。 「体のいい厄介払いではないですか!」 「黙れ!」 領主の息子アレンは母を早くに亡くしたものの温かい家族に囲まれ幸せに暮らしていた。 しかし父が病死するとその領地を叔父に奪われてしまう。 なにもかもを失って絶海孤島の青い海を前にアレンは決意する。 「この領地を繁栄させて、僕を認めさせてみせる」 手つかずの自然を前に、あるのは『修復』という謎のスキルだけ。 そんなある日、ジャングルの中で遭難しかけたアレンは、先住民の少女に救われる。 それは気の遠くなるような開拓生活を大きく変えるきっかけになるのだった。 彼女と遺跡を発見したアレンは『修復』のスキルを使い、島を発展させるが やがてそれは本国へと伝わり利益を嗅ぎつけた海賊や貴族たちを巻き込んでいく。 これは仲間と共に最高に幸福な楽園【リゾート】を実現する為に奮闘する少年の物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る