江古田のアパートからお届けするのべらとステラの日常<2021年出張版>

読了目安時間:5分

エピソード:1 / 2

そうだ、夏バテ対策うどんを作ろう! 前編

 ――東京都内某所。  西部池袋線江古田駅より徒歩十分のアパート。  小さな畳の部屋中央、六畳一間の真ん中に置かれたちゃぶ台に突っ伏している銀髪の女性。  日頃の同居人からのストレスやらリモート会議続きの日常やら、溜まりに貯まった呪詛を吐くかのように声を漏らしていた。 「ヴァ~~~~~」  ノベラちゃんの愛称で親しまれている銀髪眼鏡女子な彼女――野辺良華子は、この日も朝からリモート会議続きだったらしい。昼から夏にピッタリのうどんメニューを考える会議だったなら、まだ彼女のモチベーションは保たれていたのかもしれない。  だが、昨日から酷暑のテレワークには必須とされるエアコンが故障(・・)し、この日、朝からレトロ扇風機だけで粘っていた彼女は、三つ目の会議を終えたところで、カーテンを閉めた窓の隙間から入り込んで来る日差しと熱気に、遂に限界を迎えたのである。 「ヴァッ、ヴァヴァ~~~~~~!」  畳の端で回転するレトロな扇風機から放たれる生温い風が、彼女の口から漏れた低音ヴォイスを乗せていく。  ちょうどその時、玄関のドアを開ける者が居た。外に居ると目立つであろう桃色ツインテールを揺らした彼女は、部屋の奥から聴こえてくる呻き声に驚き、買い物のビニール袋を一旦置いて、華子の居る部屋の中へと向かう。 「お姉様! 大変、部屋の中でウシガエルが泣いてる! この後ゲリラ豪雨が降るかもしれないわ……って、お姉様っ!」 「ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ~~~~(ステラ~~お帰りぃ~~)」 「ちょっと大変っ。お姉様、口から魂が抜けかけてますわっ!」  桃色ツインテールの彼女――華子の同居人である天の川ステラが慌てて冷蔵庫からのべらの麦茶を取り出し、コップへ入れる。華子は手渡された麦茶を一気飲みし、ひと言。 「ステラGJ……危うく天界へ召される(ウルスラが迎えに来る)ところだったぞなもしよ」 「全く……わたくしの到着がもう少し遅れていたら大変なことになっていましたわよ」  ようやくヴァ以外の言葉を話せるようになった華子は、ひと呼吸置いて、ステラへ話題を振る。 「してステラよ。例のものはちゃんと買って来たんだろうな……」 「バッチリですわお姉様、ちゃんと買って来ましたわよ」  そう、のべらちゃんこと、華子は、テレワークで家から出れないこの状況下で居候の身で家でゴロゴロしていたステラへ、『クーラーのある場所へ涼みに行ける』という口実を使い、買い出しをお願いしていたのである。  華子が考えていたのは、ズバリ、夏バテ撃退メニュー。  華子宅のキッチン、冷蔵庫の横にある戸棚には、うどんの乾麺とカップ麺、麺つゆが大量にある。夏バテメニューにこれを使わずして何がうどん女神だ……これがのべらちゃんのポリシー。ざるそばを食べようというステラの申し出を断り、足りないものを買って来てもらった……という訳だ。 「はい、まずはゴリラパッケージのゴリゴリ君ね。夏と言えばソーダアイス。という訳でお姉様もどうぞ」 「これは気が利くぞなもしね……くぅ~~冷たいのが頭にキンとクル~~~」  アイスは頼んでいたものではなかったものの、クーラーが壊れている(・・・・・)部屋で過ごさなければならないこの状況で、アイスはむしろファインプレーとも言えるのだ。という訳で、華子はステラと一緒にゴリゴリ君を食べる。 「んで、これが邪気眼ぱいせんがアルバイトしていて大人気のコロッケ二個ね。深淵の炎(ヘルフレイム)で揚げたドラゴン肉で出来ているらしいよ?」 「いや……コロッケは頼んで……まぁいいでしょう。邪気眼ぱいせんもきっと出番が欲しかったぞなもしね……」  邪気眼ぱいせんがコロッケを揚げると、女子高生の行列が出来るほど、あそこのコロッケ屋さんは人気なのだ。百歩譲って人気のコロッケ。うどんの付け合わせに添えてもいいだろう。 「んで、夏バテ撃退と言えば……やっぱりこれ……オクラ~~~」 「ヴァ~~~~~!」  遂にうどんの乾麺袋の緒……じゃない、堪忍袋の緒が切れたのべらが叫声をあげる。オクラに続けて蕎麦が出て来た時点で、恐らくステラは窓の外へと投げ出されてしまうところだろう。 「え~~、お姉様。オクラのネバネバには食物繊維がたっぷり含まれていて、お腹の調子も整うし、βカロチンがレタスの3倍、ビタミンB1がピーマンの3倍以上も含まれていて夏バテにも効果的なんですのよ~~」 「いや、そんなWikipediaで調べた情報を並べたかのような説明をせずとも知っているぞなもし。納豆とオクラでネバネバぶっかけうどんというレパートリーもある。が、わたしが頼んだものは違う筈ですよ?」 「だから、ちゃんと買って来たよ、ほら。豚バラと胡麻ドレッシング。レタスに夏野菜でしょう」 「わかってるならいいのです」  そう、のべらちゃんは豚バラを炒めたものにトマトなどの夏野菜を添え、冷水でしめたうどんへぶっかけで胡麻ドレッシングでいただく予定だったのだ。  シンプルなざるうどん。  タレにつけた鴨肉を添えた鴨南蛮風つけうどん。  大根おろしとしょうがのおろしぶっかけうどん。  納豆、なめこ、オクラ、海苔のネバネバぶっかけうどん。  と来て、今日は違ったうどんを食べたかったという訳で。 「そうそう、夏野菜だけど、ミニトマトの値段が高かったんで、きゅうりと茄子(・・)を買って来たよ」 「ヴァッ……!?」 「え? どうしたの……お姉様……!?」  次の瞬間、食べ終えたゴリゴリ君のはずれと書いてあった木の棒を畳へ落とす華子。  突然、全身をわなわなと震わせ始めた華子の様子に首を傾げるステラ。 「ステラよ……何故……トマトじゃなくて茄子を買って来たのだ」 「え? だって……茄子の方が安かったし、茄子も夏野菜じゃ……」 「ヴァヴァッーーーー!」 「ぎゃあああああ」  華子の叫びにステラが畳の奥へ吹き飛ばされる。眼鏡の奥を光らせ、華子がゆっくりとステラへ近づいて来る。それは数日前、華子に無断で課金してしまった事がバレて雷が落ち、クーラーが破壊された日の再現のようで。 「待って……お姉様……どうして……もしかして……まさか、茄子……嫌いなの?」  黒いオーラを出したまま眼前に迫るのべらちゃんへ向かってステラが核心をついた質問をする。  その場に立ち止まったノベラちゃんは、ボソッとひと言。 「茄子は……天敵であり、仇ぞなもしよ」 「え?」 「あれは、わたしが天界で女神見習いの仕事をしていた頃の話だった」 「ぇえ?」  何かとんでもない回想が始まりそうな予感がして、驚くステラ。そのときだった! 『その続きはわたしから説明しましょう』  声がした方を向く二人。いつの間にか玄関のドアが開いており、そこには腰のあたりに可愛らしいリボンのついたワンピース姿の女性が笑顔で立っていた。 「ぷれこ!」 「ぷれこお姉様!」 そうだ、夏バテ対策うどんを作ろう! 前編の挿絵1 ★★う★ど★ん★★  後半へ続く! 

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 2周年記念ウルスラ&女子作家ちゃん

    float-streams

    ♡1,000pt 2021年9月3日 0時45分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「たまげましたね」氷川Ver.ノベラ

    float-streams

    2021年9月3日 0時45分

    2周年記念ウルスラ&女子作家ちゃん
  • ゆりすぺしゃる2

    とんこつ毬藻

    2021年9月4日 2時48分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「女神ですから」氷川Ver.ノベラ

    とんこつ毬藻

    2021年9月4日 2時48分

    ゆりすぺしゃる2
  • シド(アニスと不機嫌な魔法使い)

    葛西

    ♡1,000pt 2021年8月27日 19時49分

    まりもさんのノベステはネタ満載で楽しいですね。レトロ扇風機まで入れてくるとは。うどんはTwitterのやり取りで合ったうどんですよね〜。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    葛西

    2021年8月27日 19時49分

    シド(アニスと不機嫌な魔法使い)
  • ゆりすぺしゃる2

    とんこつ毬藻

    2021年8月28日 11時28分

    葛西さん、応援ありがとうございます(´ω`)いやぁーレトロ扇風機は自然に出て来ましたよ(笑)そうそう、今回の話はのべらちゃんとこないだ実際会話した内容から浮かんだネタを書いてますー。後編は夜あげますのでよろしくお願いしますー。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    とんこつ毬藻

    2021年8月28日 11時28分

    ゆりすぺしゃる2
  • 魔法剣士

    猫村まきこ

    ♡1,000pt 2021年8月27日 18時47分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    猫村まきこ

    2021年8月27日 18時47分

    魔法剣士
  • ゆりすぺしゃる2

    とんこつ毬藻

    2021年8月28日 11時29分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    報われました…!

    とんこつ毬藻

    2021年8月28日 11時29分

    ゆりすぺしゃる2
  • くのいち

    三原みぱぱ

    ♡500pt 2021年8月30日 15時23分

    茄子はイカン、茄子はいかんのじゃ~(茄子嫌いです) ちなみにウシガエルって食用できるのでは?(なんか違う)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    三原みぱぱ

    2021年8月30日 15時23分

    くのいち
  • ゆりすぺしゃる2

    とんこつ毬藻

    2021年8月31日 17時15分

    みぱぱさーん、お越しいただきありがとうございます(´ω`)あらま、茄子嫌いなんですね。それはのべらちゃんときっと話が合いますよ? ← ウシガエル食用だと(゜ロ゜)(あれはウシガエルじゃなくてノベラカエル……食べようとすると返り討ちに 笑)応援ありがとうございます。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    とんこつ毬藻

    2021年8月31日 17時15分

    ゆりすぺしゃる2
  • メイド

    東郷しのぶ

    ♡500pt 2021年8月28日 4時14分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「女神トン」氷川Ver.ノベラ

    東郷しのぶ

    2021年8月28日 4時14分

    メイド
  • ゆりすぺしゃる2

    とんこつ毬藻

    2021年8月28日 11時29分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    続きをご期待ください

    とんこつ毬藻

    2021年8月28日 11時29分

    ゆりすぺしゃる2

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • MUDDY GLORY 〜泥だらけの栄光 byウマ娘プリティーダービー

    ウマ娘を知らない人にこそ読んで欲しい!!

    51,000


    2022年5月24日更新

    刮目して見よ! 麗しき少女たちにより紡がれる、熱き魂の軌跡と奇跡を! 「絶対に負けたくない! 私はアイツに勝って栄光を掴み獲ってやるんだ!!」 トレセン学園でトレーニングを続ける競走ウマ娘のスズシロナズナ。彼女のデビューはとても苦い物だった……。 これは1人のウマ娘が傷だらけになりながらも必死で頑張り、栄光へと喰らいついていく物語。 ※「ウマ娘プリティダービー」の世界観を使った2次創作。 ※オリジナルキャラクターのみで進行し、原作の名ありキャラクターは登場しません。 ※ウイニングライブの衣装はアニメ準拠で、各々の勝負服では無く汎用ステージ衣装「STARTING FUTURE」を着て行います。 ※作中の各種設定は基本的に公式準拠。公式でカバーされてない部分は、実際の競馬界の事情等を鑑みて独自解釈で書いています。 ※各レーススケジュールは未勝利戦等も含めて2021年度のJRAのスケジュールに倣います。 ※重賞レースの参加資格はリアルほど厳しくなく、ゲームほどガバガバで無い位の難易度で割とゆるく判定しています。 不定期連載です。 ハーメルンさんでも掲載しています。

    読了目安時間:3時間43分

    この作品を読む

  • くじ引き婚はじめました。

    政府の命令なので契約結婚でいきましょう

    100


    2022年5月24日更新

    複数の刀剣男士と交わることによって審神者の霊力が変容し、ヒトの道を外れることが知れたのはここ一年での話だ。 この事実が公表されるまでは、その本丸の刀剣男士がヒトならざる者に変容した主を密かに葬るか神隠しを行うかして表沙汰にならないようにしていたらしい。あるいは、歴史修正主義者たちの勧誘に応じて身を隠したのだろうと言われている。 【一度ヒトの道を外れてしまえば、もう戻ることは叶わない。】 私の仕事は、ヒトの道を外れかかった審神者を見つけ出し、状態を判定した上で政府施設に収容を要請することである。送られた審神者たちは政府施設で霊力の浄化を行うと聞いている。 調査をしていると、思いのほか刀剣男士たちと関係を持つ者が多いことが知れた。霊力の安定のため、必要があって交わったまではよかったものの、その快楽に抗えずに落ちていく者の多いこと多いこと。 だから、私は刀剣男士とは関係を持たないと決めている。 そんなわけで複数の刀剣男士と関係を持たせないために刀剣男士と人間との婚姻制度が作られた。 まずは試しにと政府職員たちの間で契約が交わされることになり、職場恋愛を楽しんでいた者たちはその間で結婚をして、残った結婚適齢期の職員たちの間ではクジ引きで相手を決めた。強制である。 結果、私は一文字則宗と契約結婚をすることになったのだが―― ※『くじ引きで結婚相手を決めたら髭切が旦那になる話』と同一の世界観です。 ※2021年12月25日発行の企画本『レモンティーとアップルソーダ』に寄稿した作品です。 ※pixivにも掲載中です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 男装少女は言い出せない

    男装少女の体験する、非日常。

    864,732

    24,915


    2022年5月20日更新

    人でないものが飛び交い彷徨う、そんな森に囲まれた小さな村で暮らしていた少女、シルヴィ。 唯一の身内である祖母の死をきっかけに村から出て仕事を探すが、村の外へ出て来てみれば人に騙され、村にはいなかった黒く気味の悪いものもそこかしこに見える。 男装して転がり込んだ廃屋のような教会で少年として雇われるが、雇った青年も普通じゃなかった。 女だってばれたら解雇かも? いやいや折角手に入れた衣食住、手放すわけにはいきません。 ※ふわっとした世界観で書いていますので、「そこはちょっと」と思われる個所も多々あるかもしれませんが、ご笑覧いただけたらと思います。 週に一、二度位更新できたらいいな、と思っています。 他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間0分

    この作品を読む

  • この世の果てで誰もが幸せになれる世界を探して

    誰かと幸せを探して

    600

    0


    2022年5月24日更新

    この世界は悲劇である。 誰かが救われれば、誰かは救われない。 誰かが幸せになるならば、誰かが不幸になる。 世の中はそうしてバランスをとってできている。 自分が幸せになるためには誰かが不幸になるしかない。 そういうことは学校では教えてくれない。 繰り返すがこの世界は悲劇でできている。 革命は血を流して起こっている。 平和は戦いの後で成り立つものだ。 誰かが笑っているそばで誰かが泣いている。 誰かが楽しそうにしている横で誰かが泣いている。 歴史は悲劇でできている。 現代を生きる我々が美化しているだけだ。 「ならば今を生きる私には何ができる?」

    読了目安時間:21分

    この作品を読む