二次創作 短編 完結済

双極のバディ

作者からの一言コメント

デンドロは良いぞ!デンドロ!(推しは絶影

読了目安時間:1時間0分

 凡庸なプレイヤー……<マスター>の一人であるイサナと相方の少女ミコト、二人は突然空から降ってきた女の子()を助けたところ、とある高難度クエストを受けることになる。  難易度『鬼畜』成功率『ほぼ自殺』クリア報酬『成功してのお楽しみ』。 「うわ~、受ける理由がない」 「だが受けるんだろう?」 「まあ……助けるって言ったからにはやるけどさ」  さあ、クエストスタート!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 双極のバディ
原作
作者名 犬子猫(えのこねこ)
ジャンル 二次創作
タグ コメディ シリアス アクション/バトル 男主人公 人外 VRゲーム R15 デンドロコンテスト
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年1月9日 12時00分
最終投稿日 2020年3月1日 0時02分
完結日 2020年3月1日 0時02分
文字数 29,775文字
読了目安時間 1時間0分
ブックマーク登録 10件
コメント 2件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • <Infinite Dendrogram> 王は今日ものんびりと自殺する

    二次創作は初です

    33,000


    2021年7月29日更新

    これも<Infinite Dendrogram>における物語の一つ。 結果を求め早々に諦める男は、自ら死を求めるようになる。 そして男はいつからか【自殺王】となった。 二次創作は初です。設定の読み込み甘かったら教えてください。マジで。BDの特典とかは読めてないのでエンブリオとか被ってたらすいませぬ。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間51分

    この作品を読む

  • 刀剣男士詰め合わせ

    らくがき置き場です。

    14,900


    2021年7月29日更新

    刀剣乱舞にハマりまして、描いたイラスト(練習含む)をバックアップを兼ねて展示。 陸奥守吉行が好きなんですが、描きやすいのは圧倒的に篭手切江です。(煮たか先生の絵が好きなので肥前忠広も好き) 和泉守兼定、堀川国広もよく描きます。二人の関係がすごく好き。セットで描くことが多め。 ほか、練習でいろいろな刀剣男士を描きますが、ウチの本丸にいない男士は描けないです……。 お題、リクエストありましたら、コメント欄にどうぞ。 ※初出:pixiv、Twitter

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    956,100

    170,089


    2021年7月28日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:15時間49分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    深い闇からも少女を救い出す為に動き出す。

    47,500

    365


    2021年7月16日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む