連載中 長編

異世界の扉の先は修羅の国でした

作者からの一言コメント

異世界和風ファンタジーです。

 高校3年生の新浜悟は放課後にフードを被った人物と接触する同級生の有栖紗夢の謎の行動を目撃する。 問い詰めた新浜悟は来栖紗夢に連れられて、廃寺の地下通路にある扉から異世界に行く。 異世界には魑魅魍魎が渦巻く残酷な世界で新浜悟は絶望の淵から成り上がる。 刀や槍が登場する戦国和風ファンタジー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異世界の扉の先は修羅の国でした
作者名 海猫ヒロイ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 和風 戦記 異世界 戦国 歴史 成り上がり 修羅
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年5月20日 8時28分
最終投稿日 2020年5月22日 15時47分
文字数 5,407文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 俺じゃない……俺たちが妖魔師だ

    ♡10,500

    〇150

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話 ぷりん頭

    2020年7月12日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

  • 最高位超能力者と新人警官

    ♡2,600

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話 藤也

    2020年7月12日更新

    人々の持つ能力細胞は、人により持てる量に大きな差があり、持てる量が一定を超えると超能力が発現する。 国は国民一人ひとりの細胞を持てる量をランク付けして一定を超えた人々を登録管理していた。 警察官なりたての田中真一は先輩の同級生である松田秋とであう。春生まれなのに秋(しゅう)という青年は街を歩けば誰もが振り向くような眉目秀麗な男であった。 見目美しい彼には秘密がある。 認定ランク最高位8、国に登録された超能力者である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 17歳《フリーター》の異世界ファンタジー

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・3話 鷹津 翔

    2020年7月6日更新

    世界に絶望した人間の元に届けられる、宛名すら書かれていない白封筒。それを開いた人間たちは皆、一様にとある世界へと召喚される。 十七歳の少年、番野護(つがの まもる)もその一人。召喚された人間たちには一つ、職業をモチーフにした能力が与えられ、護は《フリーター》の能力を与えられる。 しかし、自分が異世界に召喚されたことを受け入れられないでいた護は、同じく召喚された《勇者》の少女、美咲叶(みさき かなえ)と行動を共にすることで徐々に自分の置かれた状況を理解し始める。 そして護は、他の被召喚者たちや、異世界の住人たちと関わっていくなかで数々の事件、手紙に記された大戦に巻き込まれていく――

  • 追放されて出会った、大切な人と過ごす日々

    ♡900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・50話 木山楽斗(N420)

    2020年7月13日更新

    私の名前は、アノン。ごく普通の冒険者である。ある日私は、罪人の娘だからという理由だけで、パーティを追い出されてしまう。さらに、そのことが広まったため、私を受け入れてくれるパーティはなくなっていた。仕方なく、一人で依頼をする私だったが、そこで強力な魔物に襲われてしまう。そんな絶体絶命の私を救ってくれたのは、犬の獣人、クラ―ナだった。獣人であるため、私と同じく、クラ―ナには居場所がないようだ。助けてくれた恩などから、私はクラ―ナと行動をともにすることにした。始めは、私を警戒していたクラ―ナだったが、ともに過ごす内に、どんどんと心を開いてくれる。そんな中、ちょっと素直じゃないけど、繊細で優しいクラ―ナに私は惹かれていくのだった。 ※この作品は「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス」にも掲載しています。