歴史/時代 長編 完結済

【完結】陰陽師は神様のお気に入り

作者からの一言コメント

異色の陰陽師と神様が織り成す、珍騒動!

 「エブリスタ2018/10/11新作セレクション」掲載作品  平安の夜を騒がせる幽霊騒ぎ。陰陽師である真桜は、騒ぎの元凶を見極めようと夜の見回りに出る。式神を連れての夜歩きの果て、彼の目の前に現れたのは―――美人過ぎる神様だった。  非常識で自分勝手な神様と繰り広げる騒動が、次第に都を巻き込んでいく。  ※注意:キスシーン(触れる程度)あります。 【同時掲載】アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+、ノベルバ

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【完結】陰陽師は神様のお気に入り
作者名 綾雅(りょうが)
ジャンル 歴史/時代
タグ シリアス 男主人公 和風 陰陽師 神様 キスシーン 平安 式神 BL 第1回歴史時代大賞 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年9月27日 15時24分
最終投稿日 2020年4月8日 23時00分
完結日 2020年4月8日 23時00分
文字数 163,554文字
ブックマーク登録 9件
コメント 2件
スタンプ 24件
ビビッと 0件
応援ポイント 16,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 江戸時代が舞台のファンタジーです

    ♡528,610

    〇1,512

    歴史/時代・連載中・219話・282,487字 猫野たま

    2021年1月24日更新

    頃は江戸時代の初期辺り。場所は大江戸の浅草浅草寺・・そこから、江戸を舞台としたファンタジーが生まれる。 古き月の他に新しき月があらわれ、江戸の町に不安があふれる。月詠という新しい月から生まれ落ちた存在に、里を抜けた伊賀の天才忍者才蔵は命を救われる。 次々に現れる個性の強いキャラクターたち。柳生家の双子、宗冬(むねふゆ)と宗春(むねはる)。天才陰陽師、土御門泰誠(つちみかどやすまさ)。新しい月をめぐる争いに四神たちはどう抗い月詠を守るのか? そして、月詠とは何者であるのか。 今、物語りがはじまる。

  • 鬼のような若者と月のような娘の話し

    ♡120,400

    〇358

    歴史/時代・連載中・83話・433,695字 石川織羽

    2021年1月24日更新

    子爵家の跡取り息子である相内柾樹は些細な理由で癇癪を起こし、駿河台の屋敷から家出した。たまたま向かった元門番老人の長屋で、湾凪雪輪という奇妙な娘の世話を頼まれる。やむなく娘を連れて転がり込んだ先は、悪友二人が下宿している両国の古道具屋『数鹿流堂』。見えない何かに引き寄せられるように、この世ならぬもの達と、四人の不思議な同居暮らしが始まった。 時は世事変遷と呑気悠長が折り重なっていた明治の中頃。帝都のとある片隅で宿命の針は動き出す。 ※時代設定上、現代では不適切とされる単語や語句がありますが、差別や偏見を肯定助長する意図はありません、あらかじめご了承ください。 ※小説家になろうで完結済み。改稿投稿中です。更新は遅いです。 ※軽めのミステリー的なノリで始まりつつ、そのうち神・妖怪的なモノが登場してくるジャンル迷子です。