歴史/時代 長編 完結済

陰陽師は神様のお気に入り

作者からの一言コメント

異色の陰陽師と神様が織り成す、珍騒動!

 「エブリスタ2018/10/11新作セレクション」掲載作品  平安の夜を騒がせる幽霊騒ぎ。陰陽師である真桜は、騒ぎの元凶を見極めようと夜の見回りに出る。式神を連れての夜歩きの果て、彼の目の前に現れたのは―――美人過ぎる神様だった。  非常識で自分勝手な神様と繰り広げる騒動が、次第に都を巻き込んでいく。  ※注意:キスシーン(触れる程度)あります。 【同時掲載】アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 陰陽師は神様のお気に入り
作者名 綾雅(りょうが)
ジャンル 歴史/時代
タグ シリアス 男主人公 和風 陰陽師 神様 キスシーン 平安 式神 BL 第1回歴史時代大賞 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年9月27日 15時24分
最終投稿日 2020年4月8日 23時00分
文字数 163,554文字
ブックマーク登録 9件
コメント 2件
スタンプ 24件
ビビッと 0件
応援ポイント 16,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • コインのご利用は計画的に

    ♡18,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・43話・132,657字 聖魔鶏カルテペンギン

    2020年9月3日更新

    【挨拶】 日間ランキング130位ありがとうございます。 現在、添削の指導を受けています。 添削完了は017枚目までです。 【あらすじ】 人や魔物などが、何かしらの固有スキルを所持している異世界ロメイヤード。 なにもしらずに召喚された東海林 琴花21歳。 戦う術も武器もなく、見知らぬ森の中を彷徨う。 一方、エルフのエルと赤髪の青年レイは、オクジェイト村で起きた緊急クエストのため、新米冒険者サーシャを仲間に加えて魔物の巣窟であるオクジェイト大森林へと向かう。 冒険者達と琴花が出会うとき、大いなる物語が幕を開ける。 汚れたコインを手にした琴花の旅と恋の行方は……。 原作 聖魔鶏カルテペンギン キャラデザイン かめりここ様 Present by Karutepengin ☆のマークはイラストあり。 深く考えず、頭を空っぽにしてお楽しみください。

  • 生きている。ただそれだけで良い。

    ♡6,200

    〇10

    現代/青春ドラマ・連載中・7話・14,012字 kan

    2020年10月26日更新

    交通事故。 突然の悲劇に襲われた僕であったが、生きる理由が見つからない。 両親には申し訳ないと思うが、このままつまらない人生に幕を下ろすのも良いのかもしれない。 心に残る僅かな蟠りを気にしつつも、そう思った僕に待っていたのは、生きる意味を考えさせられる数多の出来事だった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 白鬼と呼ばれる須古銀次の日常

    ♡3,500

    〇0

    歴史/時代・完結済・4話・10,324字 円蒼

    2020年10月27日更新

    一九四四年。戦時中。まだ特別攻撃隊があらわれる前のこと。 海軍の航空隊がある基地に、須古銀次(すこぎんじ)という男がいた。その者は、身長が高く、白髪で、白鬼と呼ばれる。 彼が個室の部屋で書類に鉛筆を走らせていると、二人の男達がやって来た——憲兵だ。 彼らはその部屋に逃げ込んだ二人組を引き渡せと言う。詳しい事情を語らない憲兵達に、須古は口を開いた。 「それは、正義な(正しい)のか」 言い返された憲兵達は部屋を後にする。 すると、机下に隠れていた、彼杵(そのぎ)と馬見(うまみ)が出てきた。だが、須古はすぐに用事があるのか、彼らに「〝目を閉じ、耳を塞ぎ、決して口を開くな〟」と言って隠れるように促す。 須古が部屋を出て行ってすぐに憲兵達は戻ってきた。 ※当作品はフィクションです。 作中の登場人物、時代、事情、全てにおいて事実とは全く関係ありません。

  • 曹昂生存していたらという話です

    ♡2,196,494

    〇1,412

    歴史/時代・連載中・243話・657,594字 正広海竜

    2020年10月26日更新

    生まれた時から難病で|白河《しらかわ》|脩《しゅう》は成人まで生きられないと医者に診断されていた。 その為、毎日を病院で本を読んで過ごしていた。病状が悪化しあっけなく死んでしまう。 気が付くと自分が赤ん坊になっており、更に自分が曹操の息子の曹昂になった事に知る。 本を読んでいたので、自分が宛城の戦いで死ぬ事を知る。そんな未来を回避する為に前世の知識を活かして生き残る事を決める。 この話は三国志演義に準拠します。 参考文献 秘密三國志 著者陳舜臣 三國志 著者吉川英治 三国志 著者横山光輝