完結済 長編

陰陽師は神様のお気に入り

作者からの一言コメント

異色の陰陽師と神様が織り成す、珍騒動!

 「エブリスタ2018/10/11新作セレクション」掲載作品  平安の夜を騒がせる幽霊騒ぎ。陰陽師である真桜は、騒ぎの元凶を見極めようと夜の見回りに出る。式神を連れての夜歩きの果て、彼の目の前に現れたのは―――美人過ぎる神様だった。  非常識で自分勝手な神様と繰り広げる騒動が、次第に都を巻き込んでいく。  ※注意:キスシーン(触れる程度)あります。 【重複投稿】エブリスタ、カクヨム、アルファポリス、小説家になろう、マグネット、ノベルアップ+、NOVEL DAYS

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 陰陽師は神様のお気に入り
作者名 綾雅(りょうが)
ジャンル 歴史/時代
タグ シリアス 男主人公 和風 陰陽師 神様 キスシーン 平安 式神 BL 第1回歴史時代大賞 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年9月27日 15時24分
最終投稿日 2020年4月8日 23時00分
文字数 180,283文字
ブックマーク登録 9件
コメント/スタンプ 26件
応援ポイント 16,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 愛がテーマの歴史IFです。

    ♡15,600

    〇270

    歴史/時代・連載中・9話 緋桜流

    2020年8月6日更新

    時は紀元前五世紀。所は亜大陸、北インド。厳しいカースト制度と小国乱立による乱世が人々を圧していた。 戦争と腐敗した宗教、疲弊した世界に彗星のごとく現れたのは、『救世主』の烙印を押された男。 カピラ国の王子、シッダールタ。だが、彼は法ではなく剣を取った。 そこに現れた一人の美剣士『阿修羅』。その正体もわからずに王子は惹かれていく。 亜熱帯の熱風吹く中、小国乱立の北インドを舞台に彼らが勝ち得たのは勝利か愛か。 二人の運命的な出会いと戦いの日々、壮大な抒情詩を贈ります。 ※この物語はフィクションです。実在する国名、人物名も使用しておりますが、史実とは異なりますのでご留意ください ※「流沙のごとく」を大幅リメイクした作品となっています。 内容はもちろん、表現方法も刷新しております。別物として楽しめます。

  • 信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    ♡1,000

    〇0

    歴史/時代・連載中・11話 牛一・冬星明

    2020年8月6日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子カップルが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?