異世界ファンタジー 長編 完結済

【完結】TS! 俺、女の子になってるっ? 魔法少女になった俺は、最強になって百合展開を楽しむようです

作者からの一言コメント

女の子になって戸惑う姿が最高の作品です

読了目安時間:9時間15分

【完結】TS! 俺、女の子になってるっ? 魔法少女になった俺は、最強になって百合展開を楽しむようですの表紙

ハッピーエンド作品。 【HJ小説大賞・ノベリズム大賞一次選考突破】 【ノベルアップ日間一位獲得】 児玉源一は無職、ひきこもり歴5年で、登録者1億人を誇る対戦オンラインゲーム「魔法少女大戦」でランク1桁を取った、伝説のゲーマーでもある廃人であった。 そんな彼はトラックにひかれそうになったところを女神「パージ」に助けられる。 そして女神「パージ」によって女の子の体になり、魔法少女「アグナム」になってしまう。 周囲の魔法少女は、「アグナム」を女の子と認識し彼女の前で平気で着替え、抱きつかれ。さらにはレズっ気のある女の子に性的な眼差しを向けられ付きまとわれ、唇を奪われ。 女の子特有の胸や下着の感覚や、女の子同士のスキンシップに戸惑う日々。 時には戦い、時にはあら^~なラブコメ展開を送るドキドキわくわくな毎日。 今日も「アグナム」は街の人々のため、魔法少女となり困っている人たちのために戦い続けるのであった。 こんなシーンが大好きという方はお勧めです。 ◆主人公が女の子の体に戸惑うシーンが見たい。 ◆女の子になって、女の子同士でスキンシップをとるシーンが好き。 ◆魔法少女になって、ラノベのヒロインのようなお色気役になりたい。 ◆レズっ気のある女の子に抱きしめられたり、大人のキスをされたい。 カクヨム、アルファポリスでも投稿しています

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【完結】TS! 俺、女の子になってるっ? 魔法少女になった俺は、最強になって百合展開を楽しむようです
作者名 静内燕
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ バトル アクション/バトル ギャグ コメディ 女主人公 勇者 ハーレム 転生/転移 TS 百合 R15 ハッピーエンド チート HJ大賞2020後期 TS百合
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年1月31日 23時39分
最終投稿日 2021年3月13日 18時14分
完結日 2021年3月13日 18時14分
文字数 277,262文字
読了目安時間 9時間15分
ブックマーク登録 98件
コメント 14件
スタンプ 591件
ビビッと 21件
応援ポイント 244,623pt
ノベラポイント 2,576pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ママは花の錬金術師で私はホムンクルスでした!?  ~母と娘が紡ぐ親子百合神話錬金術ファンタジー~

    親子百合錬金術師ファンタジー

    500

    0


    2021年5月17日更新

    花々が咲き誇るグラスハウスのアトリエで、アイリスは悩んでいた。 「どうしたら、大好きなお母さんの子どもを産めるんだろう」 母、マリアは今日も朗らかに花を育て。優しいほほえみを浮かべる。 母から産まれたアイリスが、母の子を望むのには理由があった。 だがしかし、それを言葉にするにはアイリスは幼すぎた。 小さな足で地団駄を踏むアイリス。その傍ら、あやめがふわふわと揺れた……。 これは、錬金術師、人、神。その存在を超えた、たったひとりの小さなホムンクルスが子を望む。そんな物語―― この作品は未完成作品です。以下の目的で試し投稿しております。 ・表紙・キャラクターデザインをしてくださる方の募集(有償予定) ・感想、レビューをいただき、作品のブラッシュアップをしたい ・みなさんに活動を知っていただく。 少しでも興味を持っていただけた方(特に表紙、キャラデザなどのイラストを描いていただける方)レビュー欄、ツイッターでの活動も行っておりますのでお声かけいただけたら嬉しいです。 ※本作品は自サークルKindle発売に伴って削除してしまいますので早めにお読みいただくことをおすすめします。

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • 名もない私の暗い旅

    誠心誠意頑張ります。

    200

    0


    2021年5月17日更新

    この世界には一本の木以外何もない。 あるのは無限の暗闇と一本の大きな木だけ。 私は私を失った、何も思い出せない。 それでもこの木だけは大切にしなきゃならない大事な場所、そんな気がするの。 私は誰?この木は何? これは何もかもを失った記憶の物語。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む