文芸/純文学 長編 連載中

ラピスラズリ 双子蜜愛

作者からの一言コメント

マイノリティーの想いに生きる人たちを描く

二人だけの閉じられた世界で過ごす、瑠璃と樹人の双子の物語。 教師である坂崎が瑠璃に執着を見せることでそこに介入し、更に従兄妹である黄吉と亜衣もまた禁断の想いを抱えていた。 禁じられた恋が、散らばっている。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ラピスラズリ 双子蜜愛
作者名 九藤 朋
ジャンル 文芸/純文学
タグ 禁断愛 双子 教師と生徒 兄妹 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年1月17日 12時50分
最終投稿日 2020年9月18日 9時43分
文字数 483,840文字
ブックマーク登録 47件
コメント/スタンプ 304件
応援ポイント 434,000pt
ノベラポイント 14,110pt
応援レビュー 3件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人形たちと御客の一夜の物語

    ♡4,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・9話・8,880字 秋月真鳥

    2020年9月18日更新

    その少年少女は性別すら明かされない。 性的な行為を目的とせず、ただ客と共に時間を過ごすだけ。 時の止まった人形のような年をとらない姿から、彼らは「人形」と呼ばれているが、実際には生きて呼吸をし食べて寝る生物である。 時折顔ぶれが入れ替わることから、交代はしているのだろうが、原則的にその人形館には五体の人形……少年少女がいる。 人形と呼ばれる少年少女と客との連作短編。 古い作品ですがもう一度読みたいと言ってくれた友人に捧げます。

  • 実在の香水を140字で物語にしてみました

    ♡47,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・39話・4,447字 澁澤まこと

    2020年9月18日更新

    急に思い立って始めたTwitter企画『#言葉を香らせろ』シリーズ。 実在の香水のイメージを、140字以内のごく短い物語で表現する掌編集です。 更新時間によって、昼に合う香水と夜に合う香水に分かれます(作者判断)。 『言葉』を楽しむ軽い読み物としてはもちろん、気になる香水との出会いの場としても。