現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ねこのまおう

作者からの一言コメント

愛らしくわがままな魔王のコメディ

読了目安時間:49分

生まれたての魔王はかわいい子猫の姿をしていました。 人間界を征服するためにやってきますが、見た目も中身も幼い魔王は、おいしい食べ物に夢中になってばかり。 そのわがままっぷりで、お供の真面目なカラスを困らせてばかりいます。 一話がごく短いコメディです。 カクヨム、小説家になろうでも連載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ねこのまおう
作者名 松宮かさね
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ファンタジー 魔王 コメディ ギャグ ほのぼの カラス 主従 幼女
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月30日 7時28分
最終投稿日 2021年3月1日 1時01分
完結日 -
文字数 24,619文字
読了目安時間 49分
ブックマーク登録 55件
コメント 48件
スタンプ 134件
ビビッと 1件
応援ポイント 88,990pt
ノベラポイント 3,900pt
応援レビュー 2件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 二〇二号室は退廃に煙る

    猟奇・ギャグ・ホラー・恋愛・異常性愛SS

    100

    0


    2021年6月25日更新

    表題作 ┗毎日退廃的に過ごす、世間一般においては奇才といわれる作家の青年。彼の書く物語はどこかが狂っていて、おかしくて、そしてそれは彼自身もまたそうだった。ハシシから削った大麻を吸って奇妙奇天烈な日々を送る。 宇宙的アイドルスターのヴィーニャは床下でコンサートを開いて、巨大知性体アマテラスは過去に起こったことと未来に起きる事象を観察して吐き出し続ける。 ある人食いは罪悪感も躊躇いもなく人間を捕喰して、快楽殺人を繰り返す少女は人を殺すことで性的欲求を満たしていた。 キノコを食べてキノコになったそいつは赤い服の奇抜な配管工に喰われ、巨人となったそいつは地均しし始める。ある家では天井から本棚が生えて、朝起きると壁から液晶テレビが芽吹いている。 真夏日に雪が降り、女は異世界で反陽子爆弾になって、ある死刑囚は前向きに死ぬ。 サイケデリックに煌めき、インモラルでエキセントリックに彩られた日常と非日常の境目を揺蕩うような日々を切り取った、SS・短編・中編集。 これはきっと誰にだってありうる、そんなお話。 × 反社会的かつ反倫理的、非道徳的な内容です。一応言っておきますが作者はこのような行いはしていません。 面白いなーと思われましたら、気軽にスタンプなどお願いします。創作意欲に繋がりますので。 【壱】と【弐】では若干毛色が異なります。【弐】は短編連作・中編・群像劇的な内容となります。【壱】はそれぞれの話が独立しておりどこからでも読めますが、【弐】は頭から順番に読んでいくことをお勧めします。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 魔女の門、門の魔女【全編挿絵あり】

    特異点に出現した転移物タクミの日常

    41,600

    65


    2021年6月25日更新

    全編挿絵あり。大体一話完結形式です。 あらゆる所から「何か」が出現する『特異点』と呼ばれる場所に、家土地ごと出現したタクミ。そこは元いた世界とちょっぴり似ていてかなり違う世界。タクミとそのお目付役の担当官、二人の上司にあたる魔女との、ゆるくてちょっとバイオレンスなお話。こちらもゆっくり気ままに進行します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る