連載中 短編集

詩集 冬も打上花火が見たいんだ

作者からの一言コメント

過去 現在 未来の想いを綴る

詩集 「冬も打上花火が見たいんだ」 普段はtwitterで、今の気持ちを吐き出すように 詩を書いていました。 twitterでは文字数制限もあって、伝えたい言葉があっても泣く泣く言葉を選ばないといけない。 そんなモヤモヤとした想いがありました。 たくさんの想う言葉、たくさんの今の想い過去の想いを、様々な形式で詩を綴りたいなと思います。 更新はゆっくりですが、遊びに来て下さいね。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 詩集 冬も打上花火が見たいんだ
作者名 桜 透空
ジャンル 詩/短歌
タグ 想い 過去 現在 未来 心と身体フェア
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年6月21日 23時03分
最終投稿日 2020年6月29日 22時37分
文字数 479文字
ブックマーク登録 7件
コメント/スタンプ 27件
応援ポイント 15,300pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 言の葉のさざめきに、その身を任せて。

    ♡1,900

    〇100

    詩/短歌・連載中・4話 御子柴 流歌

    2020年7月3日更新

    短歌や詩をメインに、いわゆる小説的ではないタイプの「言の葉」をお届けします。 ちょっとガンバって詠んだモノから、何気なく詠んだモノまで。

  • 素直になり切れないけどホントはね

    ♡2,800

    〇0

    詩/短歌・連載中・22話 真朱マロ

    2020年7月3日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    タグ:

    詩集