欲しいもの

「おぎゃー! おぎゃー!」  ……え?  扉の向こうは白い部屋。家具や窓が一切ない。あるのは開いた扉ぐらいだ。そしてそこにいたのは。 「……赤ん坊……?」  部屋には多くの赤ん坊がいた。 「コレ(・・)が……あたしの欲しいモノ……?」  信じられない。そんな筈ない。あたしは昔墜ろし過ぎて子供を産めなくなった。だからといって欲しくなるなんてことない。 「おぎゃー! おぎゃー!」  子供はうるさいし、面倒だし、邪魔なだけだ。こんなモノがあたしの欲しいモノだなんて有り得ない。 「……?」  泣き咽ぶ赤ん坊の中に、全く動かない赤ん坊がいる。近づくと、その異質な姿が大きく開いた自分の目に映し出された。  そいつは……………黒かった。肌色じゃない。土気色とはこういうのを言うのか? おかしいのは肌だけじゃない。背中に黒い小さな丸まった何かが二つ付いてる。  そいつはとにかく奇妙な生き物だ。生き物かも分からない。混乱してるのか、自分でも考えてることが分からない。  生き物か分からない? ならこいつは何だ?  自分が今何をしてるのか。  自分の行動に自分が驚く。  その異質な赤ん坊を抱いたんだ。  ……ドクン……ドクン……  赤ん坊の心臓の鼓動を聞いて安心した。こいつはおかしい。変。奇妙。  だけど……ちゃんと生きてる。あたしと同じように。  なんなんだ? この感じ。体の中でそわそわした、くすぐったいモノがある。初めての感情。  一つ言えることは、こいつは独りだということだ。周りの赤ん坊とは全く違うから。だから、あたしが救ってやる。孤独から。淋しさから。あたしも、同じだから。  あんたがあたしの欲しかったモノ? おかしい者同士の傷の舐め合い。それでもいい。つまらない人生に面白いモノが加わった。あたしの人生を変えるモノ。それを手に入れた。  あたしは人生に疲れたんじゃなかったのか? それなのに、こんな面倒くさい、おもしろいモノを手に入れて、奇妙で抱える手が震えるのに、笑っている自分がいることがまたおかしい。  自分の中で、何かが弾けたような気がした。  不思議なことに、開いた扉を戻るとそこは闇市の外。後ろを振り向いたら扉はなくなっていた。  いちいち気にするのも面倒くさい。現実離れしてると分かってる。今はこいつがいればいい。人生に色が付いたみたいに、こいつはあたしの人生を彩る。そんな気がした。 「さあ……幕開けの刻がや~って来たぁっ!! アイツはどうなるかね~……いいモノ見せてくれよ? 麻弥」  闇市の外で……中で、どこかで、口の端を吊り上げて笑う男。彼の呟きは誰が聴くこともなく闇の中に紛れていった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,072,800

    〇15,580

    異世界ファンタジー・連載中・188話・871,486字 普門院 ひかる

    2021年3月4日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡574,900

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,665字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 探偵が追う日常ミステリー。各章完結

    ♡19,200

    〇10

    ミステリー・連載中・14話・60,008字 柚子ハッカ

    2021年3月4日更新

    新米探偵(なんでも屋)で生計を立てる亘。 浮気調査やペットの捜索、草むしり、孤独死の後の荷物の片付け。頼まれれば何でもやる。そんな中で事件に巻き込まれることもあり…。 第一章は『ライターの秘密』 馴染みの店の爺さんが、昨晩スナックにライターを忘れてきた。それを取ってきて欲しいと頼まれて…。 爺さんはわざと忘れたのか?どうして俺に取ってきて欲しいと頼んだのか…? 第二章は『いろんな絆』 不動産屋の親父に喧嘩した本屋を営む息子の様子を見てきて欲しいと頼まれる。息子とは高校の同級生だったが、行ってみるとどうやら様子がおかしくて…。 日常のちょっとした事件を短編〜中編でお届けします。

  • 私の母校にも推研があり、副部長でした。

    ♡26,200

    〇200

    ミステリー・完結済・3話・11,365字 塵 薫

    2020年6月20日更新

    ミステリー好きの集まる都立曙橋高校の推理小説研究部(通称:すいけん)。 今日は、いつものように、各自好きに読書をして過ごすのではなく、今年の文化祭での研究発表テーマを決めていた。毎年恒例の「すいけん部員オヌヌメのミステリー」の方は、まぁ良いとして。(といっても、普段から推理小説をぜんぜん読んでいないのに半ば強引に仮入部させられたボクにとっては、ぜんぜん良くないのだけれど!) 問題は、もう一つのテーマ、「日常の謎」。各部員があげた「普段気にも留めていなかった日常の中の謎」をみんなで解決して発表しようというもの。しかし、各自があげた「日常の謎」を順に解いていくうちに、あれ? なんだかおかしな方向へ…… 初校は「日常の謎コン」に参加するために執筆しました。 その後、アルファポリスの第4回キャラ文芸大賞にエントリーするために加筆修正しました。 (各エピソードにもりもり修正が入ってしまっています。既読の読者さま、申し訳ありません) コンテストが終了したので、再度公開いたします。 加筆修正により、エピソードが1つ追加になっています。