富士田 権太郎

「よぉー麻弥」 「……ゴン」  闇市に到着して真っ先に話しかけてきたのは富士田権太郎だった。と言っても、闇市にはイベントが無い日にはほとんど人の出入りなど無く、偶然いたのが権太郎だ。 「どうした? 今日は何も無い日じゃなかったか?」 「ゴンはどうしているんだ?」 「おいおい麻弥ちゃーん、人の話聞いてくれよー」 「聞いてる。で? あたしの質問に早く答えろ」 「わあ……相変わらず麻弥ちゃんは我が道を突き進んでいておじさん安心ー」 「そのちゃん付けやめろ。気持ち悪いって言っただろ」 「自分が言ったことはちゃっかりしっかり覚えてるのね……」  こうふざけた話し方をが、この闇市内で一番話しやすい人物であるのは確かで。闇市に世話になっていた時に一番話していたのはこの男。他のメンバーに会ったことはあるが、みんな似たような性質だった気がする。  ……自分と同じような、死んでるみたいな目をして。人生に疲れて、辟易して、諦観してる。そんな奴等ばっかりだった気がする。覚える気にもならなかったから曖昧な記憶しかない。  権太郎はめんどくさそうに、よく言えば眠そうに、後頭部を掻きながら言った。 「俺はいつもヒマしてるから、ここで時間潰してるのよ~。麻弥も一緒にど? おじさんの暇潰しに付き合わない?」 「構わない」 「そっかそっか、麻弥ちゃんはいつも忙しくていらっしゃるから………ってぇええええ!! いいのぉおおお!!?」  あたしの返答が予想外だったのか非常に驚くゴンの顔が可笑しい。 「あっ、ひど~い麻弥ちゃん! そんな笑わないでよ~」 「は? 笑ってないし」 「鏡を見てみろよ。そのカワイー顔が映るからさ」 「ふざけたこと言ってるとそのドタマぶち抜くぞ」 「……はい、ごめんなさい」  素直に頭を下げて謝罪する権太郎。頭を上げればまたあのへらへらした顔をしている。 「全く……麻弥には口説き文句も通用しないのな」 「またふざけたこと……」 「ふざけてないんだけど?」 「っ!」  あたしは目をカッ開いた。何が起こったのか脳が追い付いてない。権太郎に壁際まで追いやられて、押し付けられて、身動きが取れない。 「俺は本気だ」  権太郎の表情が逆光で見えない。声がいつものチャラけたモノとは違っていて、静かで冷静で、まるで別人のような錯覚さえ覚える。 「離せ馬鹿ッ!」 「離さない。麻弥……俺とここにいればいい、ずっと。そしたら……」 「離せって言ってんだろが!!」 「ッ!!」  押さえつけられていた腕はそれ程強い力ではなかった。腕を振り払って顔面を殴ってやった。 「~~~いったぁあーッ!!」  殴られた箇所を押さえながら涙目で見てくる権太郎。ざまあみろ。 「ふんッ、ずっとそうしてろ」  そう吐き捨てて、あたしはその場を去ろうとした。権太郎に背中を向けると……。 「また来いよ」  その声はやけにハッキリと聞こえた。 「次は……………分かってるだろ?」  その問いに答えず、あたしは闇市を出ていった。微かに体を震わせて。  どうしてこんな反応をするのか自分でも分からない。ただショックだったのかもしれない。アイツも所詮は男だったのかって。  あたしはただ、何も分からないまま家路に着いた。玄関を開けると羅蔵が迎えに来る。 「まや、おかえりなさい!」  その屈託の無い笑顔を見て、あたしは無意識に羅蔵を抱きしめていた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 探偵が追う日常ミステリー。各章完結

    ♡19,200

    〇10

    ミステリー・連載中・14話・60,008字 柚子ハッカ

    2021年3月4日更新

    新米探偵(なんでも屋)で生計を立てる亘。 浮気調査やペットの捜索、草むしり、孤独死の後の荷物の片付け。頼まれれば何でもやる。そんな中で事件に巻き込まれることもあり…。 第一章は『ライターの秘密』 馴染みの店の爺さんが、昨晩スナックにライターを忘れてきた。それを取ってきて欲しいと頼まれて…。 爺さんはわざと忘れたのか?どうして俺に取ってきて欲しいと頼んだのか…? 第二章は『いろんな絆』 不動産屋の親父に喧嘩した本屋を営む息子の様子を見てきて欲しいと頼まれる。息子とは高校の同級生だったが、行ってみるとどうやら様子がおかしくて…。 日常のちょっとした事件を短編〜中編でお届けします。

  • 私の母校にも推研があり、副部長でした。

    ♡26,200

    〇200

    ミステリー・完結済・3話・11,365字 塵 薫

    2020年6月20日更新

    ミステリー好きの集まる都立曙橋高校の推理小説研究部(通称:すいけん)。 今日は、いつものように、各自好きに読書をして過ごすのではなく、今年の文化祭での研究発表テーマを決めていた。毎年恒例の「すいけん部員オヌヌメのミステリー」の方は、まぁ良いとして。(といっても、普段から推理小説をぜんぜん読んでいないのに半ば強引に仮入部させられたボクにとっては、ぜんぜん良くないのだけれど!) 問題は、もう一つのテーマ、「日常の謎」。各部員があげた「普段気にも留めていなかった日常の中の謎」をみんなで解決して発表しようというもの。しかし、各自があげた「日常の謎」を順に解いていくうちに、あれ? なんだかおかしな方向へ…… 初校は「日常の謎コン」に参加するために執筆しました。 その後、アルファポリスの第4回キャラ文芸大賞にエントリーするために加筆修正しました。 (各エピソードにもりもり修正が入ってしまっています。既読の読者さま、申し訳ありません) コンテストが終了したので、再度公開いたします。 加筆修正により、エピソードが1つ追加になっています。