イベントの始まり

 あたしは北条 麻弥(ほうじょう まや) 。女。人生に疲れた女。  ろくな人生を送ってきてない。若い時は遊んで暮らした。金が欲しくて、援交していた時もあった。金には困らなかった。麻薬にも手を出したことがあった。中毒で死にかけたことがある。だけど、親が必死に止めて、何とか生きてる。親を悲しませることしかしてない。その親はもういない……。   --闇市。  昔、世話になった。今日は一日だけ開く、特別な催しがあると聞いて来た。【欲しいモノが何でも手に入る】そう聞いた。そんな上手い話がある筈ない。そう思った。だけどそのことを教えてくれた男がこう言っていた。 『貴女自身は、自分には欲が無いと思っていますね? しかしそれは思い違い。心の底に閉じ込めているに過ぎません。貴女は自分の欲を知りたいと思いませんか?そう思われるなら、さあ……この場所へ赴くとよろしいですよ』  そう言われて来た。あたしに欲しいモノなんて無い。強いて言うなら【死】。でも自殺はしない。出来る限り生きることが親への償いだと思ってるから。 「よぉ、麻弥か!? 久しぶりだな!」  誰だこのおっさん。 「何だよ忘れたのか? 権太郎だ、富士田 権太郎(ふじた ごんたろう) 」 「……ああ、ゴンか」 「もうずっと来てなかっただろ? 今日はどうした?」 「……あんたに話すことはない」 「お、おい!」  ゴンの手を振り払い、闇市の奥、また奥へと進んでいく。 「レディースアーンドジェントルメン!!」  闇市らしからぬ声が響いてきた。何年も来ない内にこうも変わるのものか。 「これから始まるはビッグイベント! あなたの探しものはどこ? あっ見つけた! です!!」  ………ふざけた催しだな。司会も、周りにいるヤツ等も活気に溢れてる。あたしは来る所を間違えたのか? 「ルールは簡単! 巨大迷路を一番早く攻略した人が優勝です! 優勝した人には、欲しいモノが何でも手に入る権利が与えられるのです!」  本当に宣言した、あの司会。  長いオープニングセレモニーが終わり、とうとうその訳の分からない催しが始まった。何故そんな催しをするのか。主催者側には何も利益を生まないのに……。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼馴染編完結 次エピソードアンケート中!

    ♡16,500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・35話・149,390字 紅 真

    2021年2月28日更新

    未来へと踏み出すための、軌跡をなぞる物語……。 日常という光の裏には、必ず非日常という闇がある。 この男、“百目鬼静司(どうめきせいじ)”もまた裏街道を行く、不良少年の一人。 「オイ、今俺が負けるって言ったよな? いい度胸だ。売られた喧嘩は買うのが主義。一人残らず殴り倒してやるつってんだよ!」 誰もがその名を聞けば、震え上がるのは必然であり、触れることは一切のタブー……。 しかし今、それは破られようとしている。 高校の屋上で奇妙な先輩、“水無瀬澪(みなせみお)”と百目鬼静司が出会ったとき、日常は音を立て崩れ、非日常が幕を開けた。 不良少年とどこかズレたヒロインたちの、非日常系ラブコメをお楽しみください……! イラスト:白瀬結衣 様 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • 折紙と彼女達が織りなす心の四季の物語

    ♡909,814

    〇21,237

    現代/青春ドラマ・連載中・71話・359,165字 兎禾

    2021年2月22日更新

    その出会いは偶然で、だけど必然で、だから運命的な出会い。 これから始まる私の物語の最初の一ページ。 ……その一行目。 彼女との出会いが私にとって大きな意味を持つ。 なんて、今の私は知る由もないのだけれど──。 私達を繋いだのは一枚の折り紙。 それは時を越え届けられた想いの形でした。 折り紙を通して織りなす少女達の群像劇。 彼女達が最後に見るその形とは……? 和の心と作法とその由来。 あたりまえだけど、知らないものがここにはあります。 四季織のいろは。 変わらない形を、あなたに── この作品は毎週月曜日と木曜日に更新致します。 コメントだけでも気軽に頂けると嬉しいです!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 探偵が追う日常ミステリー。各章完結

    ♡19,200

    〇10

    ミステリー・連載中・14話・60,008字 柚子ハッカ

    2021年3月4日更新

    新米探偵(なんでも屋)で生計を立てる亘。 浮気調査やペットの捜索、草むしり、孤独死の後の荷物の片付け。頼まれれば何でもやる。そんな中で事件に巻き込まれることもあり…。 第一章は『ライターの秘密』 馴染みの店の爺さんが、昨晩スナックにライターを忘れてきた。それを取ってきて欲しいと頼まれて…。 爺さんはわざと忘れたのか?どうして俺に取ってきて欲しいと頼んだのか…? 第二章は『いろんな絆』 不動産屋の親父に喧嘩した本屋を営む息子の様子を見てきて欲しいと頼まれる。息子とは高校の同級生だったが、行ってみるとどうやら様子がおかしくて…。 日常のちょっとした事件を短編〜中編でお届けします。

  • 私の母校にも推研があり、副部長でした。

    ♡26,200

    〇200

    ミステリー・完結済・3話・11,365字 塵 薫

    2020年6月20日更新

    ミステリー好きの集まる都立曙橋高校の推理小説研究部(通称:すいけん)。 今日は、いつものように、各自好きに読書をして過ごすのではなく、今年の文化祭での研究発表テーマを決めていた。毎年恒例の「すいけん部員オヌヌメのミステリー」の方は、まぁ良いとして。(といっても、普段から推理小説をぜんぜん読んでいないのに半ば強引に仮入部させられたボクにとっては、ぜんぜん良くないのだけれど!) 問題は、もう一つのテーマ、「日常の謎」。各部員があげた「普段気にも留めていなかった日常の中の謎」をみんなで解決して発表しようというもの。しかし、各自があげた「日常の謎」を順に解いていくうちに、あれ? なんだかおかしな方向へ…… 初校は「日常の謎コン」に参加するために執筆しました。 その後、アルファポリスの第4回キャラ文芸大賞にエントリーするために加筆修正しました。 (各エピソードにもりもり修正が入ってしまっています。既読の読者さま、申し訳ありません) コンテストが終了したので、再度公開いたします。 加筆修正により、エピソードが1つ追加になっています。