成長

 闇市から帰った時にはもう深夜で、あたしは何も食べずに、風呂にも入らず眠りについた。今日起こったことを忘れようと深く、深く……。  ――そして、羅蔵が来てから十日目の朝。  ……結局、昨日は何しに行ったのかわからねぇな……。せっかく相談しに行ったのに。  苛々しながら覚醒したが、自分に掛けられていた毛布を見て首を傾げた。  毛布なんか出したか? 確かあのまま布団に倒れこんで…… 「おはよう、麻弥さん!」 「!?」  知らない声を聞いて振り向くと、そこにいたのは十八歳位の若い男。しかもイケメン。  こいつは………羅蔵だ。 「今日はちょっとダルそうだね。まだ寝てていいよ」  爽やかにそんなことを言うから、つい甘えたくなる。だけど。 「そういうわけにもいかない」  羅蔵の姿に気を取られていた。凄く良い匂いがする。 「……何か作ったのか?」 「そう! 何作ったか分かる? 当ててみて!」 「知るか」  作った料理を見ようと、置いてあると思われるテーブルへ向かう。が、羅蔵に道を塞がれた。 「どけ」 「ダーメ! ちょっと考えてみて」  怒ったり笑ったり、表情がコロコロ変わるヤツだな。 「……味噌汁と……卵焼き……」 「ピンポーン! でも一つはハズレ。正解はこれ!」  テーブルの上には、飯と味噌汁とぐちゃぐちゃした卵があった。 「……何だこれ」 「スクランブルエッグだよ」 「……卵焼きと同じだろ」 「うーん、確かに卵を焼いた料理だし……じゃあ正解!」  自分のことでもないのに、嬉しそうに笑って拍手してる。 「じゃあご褒美! あーん」  羅蔵はそのスク何とかをスプーンに掬って、あたしに食べさせようとする。  そんな恥ずかしいこと出来るかっ!  あたしは羅蔵の手を払った。すると、そのスク何とかが乗ったスプーンが落ちた。 「あっ……」  申し訳ないと思った。だけど、ほとんど謝った経験がなくて上手く謝れない。  謝るって、どうやるんだ……? 「ごめんね、麻弥さん……無理やりで嫌だったよね……」  羅蔵はいとも簡単に謝った。  お前が悪いわけじゃない! 「あ、あたしが……っ!……その……ごめん」 「麻弥さんは悪くないよ。俺のせいだから」 「お前は悪くないっ!」  あたしらしくもなく、声を荒げた。羅蔵は驚いたような顔をしてあたしを見てる。 「……じゃあ、お相子。どっちも悪くない!」  何事もなかったように笑顔を向けてくれる羅蔵。明らかに悪いのはあたしだろ?なのにそんな顔をするなんて……反則だ。  羅蔵と暮らすのは楽しい。周囲から色々非難されたが、そんなことはどうでもいい。只、この楽しさが続くといい。  この感じは何て言うんだ? 胸の中が満たされたみたいなこの感じ。  ……ああ、これが……幸せってことなのか……。 「どうしたの!? どこか痛い!?」  悲しい顔をして心配してくれる。どうやらあたしは泣いてるようだった。 「……そうじゃない。あたしは今、満たされてるんだ、だから……」 「じゃあ、俺も満たして」  羅蔵の手はあたしの肩から背中に移った。あたしを……抱きしめたんだ。 「麻弥。……好き。大好き」  心臓がうるさい。  この音は羅蔵の? それともあたしの? 煩わしくて、羅蔵から離れたい。 「……羅蔵、どけ」 「嫌だ」  一層、あたしを抱きしめる力が強くなる。 「ずっと、麻弥とこうしてたい。麻弥が好きだから」  何だ? また、体の中にくすぐったいモノがある。だからなのか、煩わしさは消え、いい気分になった。あたしも羅蔵の背中に腕を回した。 「麻弥……好き」  その言葉が合図だったかのように、あたし達は躊躇いもなく唇を重ねた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ルナティック・ダンスホール

    そのカグヤ、狂犬につき……

    241,600

    11,160


    2021年4月17日更新

    増見 光成(ますみ こうな)は紅い月がかかる夜、迷いの竹林で殺されかける。 光成を救ったのは、「カグヤ」と名乗る一人の男性。 彼は、月からとある理由で逃げ出したという。 カグヤを巡り、繰り広げられる血みどろの争い。 果たして、「カグヤ」はナニモノか ☆の話にはイラストを掲載しています。 2020年 エブリスタ(他サイト)にて新着セレクション選出 2021年1月3日 日刊総合ランキング1位(現代・その他ファンタジー部門も日刊1位) 応援ありがとうございます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間56分

    この作品を読む

  • 魔法少女自殺〜エラープロセス

    魔法少女が自殺した。本当のゲームが始まる

    21,100

    100


    2021年4月20日更新

    魔法少女春風美兎が自殺した。 死ぬ直前に謎の数字を友人達に遺して。 以降世界にただならぬ空気が流れ始める。 偽物の魔法少女達が、真相の解明と解決に乗り出すが。 ニュースにも取り上げられる異常現象の真実は? 原因は何か? 何かを知るはずの少女、野倉野々は諦観したような眼差しで「偽善者乙〜」とほくそ笑み、何も知らない人達はただ困惑してパニックに。 知る者と知らない者達のファンタジックヒューマンドラマ 日間総合一位に一瞬だけなりました! ありがとうございました!

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    7,400

    0


    2021年4月20日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

  • 掛詞《カケコトバ》シリーズ

    青春は、引っ掛かりの連続だ。

    4,500

    0


    2021年4月20日更新

    かけことば【掛詞・懸詞】 修辞法の一つ。一つの言葉に二つ以上の意味を持たせたもの。 「逢(あ)ふことは雲居はるかになる神の音にききつつ」 高校2年生の少年・結城衛(ゆうき まもる)。 彼の住む町では、様々な呪いを宿した文字を体に刻まれる、『掛詞《カケコトバ》』という怪奇現象が密かに広がり始めていた。 ある日衛は、ひょんな事から『ノロイ』の掛詞を掛けられた少女・二ノ瀬準に行き会って……。 言葉が人を呪い、言葉が人を殺し、言葉が人を魅せる! 『言葉の真の意味を探る』、新感覚のオカルティック・ミステリー! ※当作品はカクヨムでも連載しています。内容は変わりません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:57分

    この作品を読む