繋がり

 ああ……私はこんな幸せでいいのか、なんて心の中で呟いてみる。  気まぐれに参加したイベントでたまたま優勝して、欲しかったモノなのかも判らない可笑しな子供を手に入れて、羅蔵が《出来て》。  それでも迷って、またあの闇市に行って。救いを求めて。いるかも分からない人に会いに行って、会ったら会ったで逃げ出した。  あたしは……臆病だ。好意を、愛情を向けられると逃げたくなる。  ……あ、れ……? そういやあいつ、なんでいたんだ……?  あの日、何も無い日だった。闇市は何も無い日はただの物置場みたいな、廃棄場みたいな、そんな所よりも何も無い場所。人も寄り付かない。そんな所にアイツは一人で何をしていたんだ?  まるで……あたしが来ることを知っていたみたいな。  ゾワッと背筋に悪寒が走る。でも何故か安心感みたいなモノもある。どんだけおめでたい頭なんだ。  ゴン、お前って何?  次に会ったらそう言って問いただしたい。知りたい。答えを知りたい。 『麻弥……俺とここにいればいい、ずっと。そしたら……』 『次は……………分かってるだろ?』  分かんねぇよ……! 次会ったら分かるのか……? だったら会ってやるよ。  そう思ってやたら長く感じる夜。羅蔵と繋がっている夜。あたし達は今、満たされている。普段は服で隠れた綺麗な漆黒の翼。今日は月明かりに照らされて、より一層綺麗に見える。 「ねぇ、麻弥。……ずるいよ」 「は?」  何か様子がおかしい。いつもはもっと、うるさい位喋ってるのに今日は静かだ。というより、ついさっきまではうるさかった。今、急に静かになった。 「俺といるのに、他の男のこと考えてるでしょ」 「!!」  確かにゴンのことは考えた。むしろ、なんで今、最中にあいつのことを考えたのか自分でも分からない。  羅蔵は知った風に言って、大人びた顔であたしを見てくる。その表情は月の光が逆光でよく見えないけど、声色で分かる。冷たい顔をしている。 「羅蔵、わ、悪い……」  羅蔵といてあたしは変わった。心配したり、怒ったり、一緒に笑ったり、悲しんだり、相手を気にかけるようになった。それは、羅蔵に対してだけだけど。それでもあたしは変わったんだ。だからあたしは、羅蔵に何かしてやりたい。 「謝らないで。麻弥は素敵だから目移りしちゃうのは当然だよ」  違う。あたしはそんな大した人間じゃない。 「そうですよね~?」 「!?」  羅蔵から羅蔵じゃない声が聞こえる。この声は、あの司会者のような気がする。 「貴女はそんな出来た人間じゃない。むしろ底辺にいるようなクズだ」 「あ!?」 「けれど美しい」 「……意味が分からねぇよ」 「俺にも分からないなー」 「ゴン!?」  今度はゴンの声に変わった。なんだ、何が起きているのか分からない。 「せっかく俺がお嬢ちゃんの時から目ぇ掛けてやったのにな~」 「し、知らねぇよ!頼んでねぇだろが!」 「ツンデレもかわいいが、大概にしねぇと……相手、いなくなっちまうぜ?」 「ハッ。あたしには最初から誰もいねぇよ」 「俺も?」  羅蔵の声に戻る。寂しそうな、傷ついたみたいな、そんな声で。 「俺もいらない?」 「違うっ!」 「----」 「え?」  ぶつぶつと呟く。    今、何て言ったんだ? 「麻弥……俺……」  そう言って羅蔵は、あたしをベッドの上で押さえた。表情は逆光で分からない。 「俺……、おかしくなりそう……おかしくなる……!麻弥……!」 〈……ニ……ゲ、テッ……!〉  その声はとても人間とは思えなかった。逃げて、そう聞こえた。あたしは言葉を返そうとしたが、返せなかった。首を締められていたから。 「ッ……、ぁ……ぞ……ッ」  苦しくても、辛くても名前を呼んだ。だが段々それが出来なくなる。締めつけられる力は強まるばかり。 「……っ……」  これはあたしの執念だ。たとえその姿が、もうあの羅蔵とは違っても。あたしは羅蔵の腕を掴んだ。微かに力が緩んだ気がする。だから話しやすくなった。 「……羅蔵っ!……あたしは……、あんたを……」 【愛してる】  その言葉を羅蔵が聞くことはなかった。  目の前には、穏やかに笑った麻弥の首が転がっていた……。   結局、あたしの【欲しいモノ】って何だったんだ? 『貴女は自分の欲を知りたいと思いませんか?』  分からないじゃねぇか。バカヤロー……。でも、まあ……いいか。あたしは死んだ。羅蔵の手で。あたしの息子、あたしが唯一愛した人、それに殺されるなら本望だ……。  END

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼馴染編完結 次エピソードアンケート中!

    ♡16,500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・35話・149,390字 紅 真

    2021年2月28日更新

    未来へと踏み出すための、軌跡をなぞる物語……。 日常という光の裏には、必ず非日常という闇がある。 この男、“百目鬼静司(どうめきせいじ)”もまた裏街道を行く、不良少年の一人。 「オイ、今俺が負けるって言ったよな? いい度胸だ。売られた喧嘩は買うのが主義。一人残らず殴り倒してやるつってんだよ!」 誰もがその名を聞けば、震え上がるのは必然であり、触れることは一切のタブー……。 しかし今、それは破られようとしている。 高校の屋上で奇妙な先輩、“水無瀬澪(みなせみお)”と百目鬼静司が出会ったとき、日常は音を立て崩れ、非日常が幕を開けた。 不良少年とどこかズレたヒロインたちの、非日常系ラブコメをお楽しみください……! イラスト:白瀬結衣 様 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • 青年は傍観する──異能者の妖退治を。

    ♡5,400

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・64,171字 玉井明

    2021年3月3日更新

    舞台は、現代においてありえないとされる魑魅魍魎が跋扈する地──坂月市。異能者、魔術師、陰陽師、退魔師などが潜むこの地に、ごく平凡な高校三年生の瀬古政和は、幼馴染みの兎山桜花を筆頭に、個性溢れる仲間たちと妖退治に追われる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 探偵が追う日常ミステリー。各章完結

    ♡19,200

    〇10

    ミステリー・連載中・14話・60,008字 柚子ハッカ

    2021年3月4日更新

    新米探偵(なんでも屋)で生計を立てる亘。 浮気調査やペットの捜索、草むしり、孤独死の後の荷物の片付け。頼まれれば何でもやる。そんな中で事件に巻き込まれることもあり…。 第一章は『ライターの秘密』 馴染みの店の爺さんが、昨晩スナックにライターを忘れてきた。それを取ってきて欲しいと頼まれて…。 爺さんはわざと忘れたのか?どうして俺に取ってきて欲しいと頼んだのか…? 第二章は『いろんな絆』 不動産屋の親父に喧嘩した本屋を営む息子の様子を見てきて欲しいと頼まれる。息子とは高校の同級生だったが、行ってみるとどうやら様子がおかしくて…。 日常のちょっとした事件を短編〜中編でお届けします。

  • 私の母校にも推研があり、副部長でした。

    ♡26,200

    〇200

    ミステリー・完結済・3話・11,365字 塵 薫

    2020年6月20日更新

    ミステリー好きの集まる都立曙橋高校の推理小説研究部(通称:すいけん)。 今日は、いつものように、各自好きに読書をして過ごすのではなく、今年の文化祭での研究発表テーマを決めていた。毎年恒例の「すいけん部員オヌヌメのミステリー」の方は、まぁ良いとして。(といっても、普段から推理小説をぜんぜん読んでいないのに半ば強引に仮入部させられたボクにとっては、ぜんぜん良くないのだけれど!) 問題は、もう一つのテーマ、「日常の謎」。各部員があげた「普段気にも留めていなかった日常の中の謎」をみんなで解決して発表しようというもの。しかし、各自があげた「日常の謎」を順に解いていくうちに、あれ? なんだかおかしな方向へ…… 初校は「日常の謎コン」に参加するために執筆しました。 その後、アルファポリスの第4回キャラ文芸大賞にエントリーするために加筆修正しました。 (各エピソードにもりもり修正が入ってしまっています。既読の読者さま、申し訳ありません) コンテストが終了したので、再度公開いたします。 加筆修正により、エピソードが1つ追加になっています。