異世界ファンタジー 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

独り

作者からの一言コメント

生と死を描きたい

読了目安時間:32分

総エピソード数:14話

独りの表紙

ルース(王都)の外れにある、通称ノラ街が舞台。 主人公は、ラト(性別:男)。 自らの素性も、なぜこの世界で生きるのかも実感が持てないでいる青年。 「どうして生きるのか?」 これは、死と隣合わせの世界で生きる者の物語。 ※『独り』はカクヨムでも掲載しています。 https://kakuyomu.jp/users/himajinnto

総エピソード数:14話

作品情報

作品名 独り
作者名 異世界攻略班
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル シリアス 転生/転移 男主人公 ダンジョン ファンタジー 異世界 冒険 魔法 残酷 仲間 パーティ ゲーム
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年12月29日 13時38分
最終投稿日 2020年12月30日 13時44分
完結日 -
文字数 15,938文字
読了目安時間 32分
総エピソード数 14話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界ショパン

    夢を叶える。たとえそれが異世界だとしても

    27,250

    391


    2022年5月21日更新

    ピアノ × 冒険 × スチームパンク! の「ヴィシュタイン・コピーライト」作者がお届けする、異世界音楽バトルファンタジー! 今度の舞台は異世界、ポーラ公国。 偉大な音楽家と美少女が、竜と戦うバトルファンタジー! 作品のコンセプトは「夢」です! 夢に賭ける若さと情熱。 夢破れてもへこたれず前を向く不撓不屈の精神。 夢を諦めきれない、いつだって夢を追い続ける諦めの悪い読者に、是非読んでもらいたい作品です。 ※正式なあらすじは、ネタバレ部分の更新が終わった頃にアップします。 ※しばらくは、頻度高めに更新します。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • エステラ-史上最悪のヒロイン-

    どうも。

    12,400

    100


    2022年5月21日更新

    微睡から目覚めたヒューは、自分の身体がなくなっている事に気が付いた。ヒューの首を刈り取ったのは、『氷結の魔女』と呼ばれるエステラ。失われた身体を取り戻そうと、何とかエステラの隙を探すヒュー。 だが、一緒に暮らすうちにヒューは、魔女エステラがあまりにも平凡で、普通の少女にしか見えなかった。そんなエステラの戸惑いながら、魔女たちと交流することでヒューは、魔女たちの真実を知る。 三〇〇年前、『原初の魔女』セノーテの呪いで荊の中に深く閉じ込められてしまった王国、シェオル国。 幼馴染のジャンとの対立。牙を剥く教会の悪意。人間に絶望し、復讐の道を歩むことになってしまった、『復讐の魔女』たち。 三〇〇年前の真実が暴かれる時、魔女と世界の哀しみの物語が静かに幕を開ける――。 怒涛のヒロイックファンタジー。 ※暴力表現・残酷な表現を含んでいます。15歳未満の方、苦手な方は閲覧をしないようお願いします。 本作品は2016年にWeb公開していた作品を加筆修正して公開したものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 戦国夜話 ドラゴンVSフェニックス

    よろしくお願いします

    83,951

    848


    2022年5月21日更新

    戦国時代で最強とうたわれた武将、越後の龍( ドラゴン )・上杉輝虎ちゃんと、戦国時代きっての最弱大名でありながら、領民や部下に支えられ、何度ボコられても復活する不死鳥( フェニックス )のような小田氏治。何の因果か、はたまた運命か?この二人が今、なし崩しに激突する! 戦国時代で異彩を放った、最強と最弱の二人がいかに「 山王堂合戦 」で八時間もの激闘を繰り広げ、雌雄を決していったかを綴って参ります。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • ビスマルクの残光

    ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する二人

    75,450

    238


    2022年5月21日更新

    時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む