異世界ファンタジー 長編 連載中

独り

作者からの一言コメント

生と死を描きたい

読了目安時間:32分

独りの表紙

ルース(王都)の外れにある、通称ノラ街が舞台。 主人公は、ラト(性別:男)。 自らの素性も、なぜこの世界で生きるのかも実感が持てないでいる青年。 「どうして生きるのか?」 これは、死と隣合わせの世界で生きる者の物語。 ※『独り』はカクヨムでも掲載しています。 https://kakuyomu.jp/users/himajinnto

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 独り
作者名 異世界攻略班
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル シリアス 転生/転移 男主人公 ダンジョン ファンタジー 異世界 冒険 魔法 残酷 仲間 パーティ ゲーム
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年12月29日 13時38分
最終投稿日 2020年12月30日 13時44分
完結日 -
文字数 15,938文字
読了目安時間 32分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 旋風のルスト ~逆境少女の傭兵ライフと、無頼英傑たちの西方国境戦記~

    気高き美少女傭兵のサクセスストーリー!

    1,108,300

    20,441


    2021年5月8日更新

    『私は家畜にはならない。たとえ飢えて痩せ衰えても、自らの意思で荒野を歩む狼の生き方を掴み取る!』 ■17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。屈強な男たちと肩を並べて戦うが、女性としても小柄であり、実績も無く、名前も売れていないルストは傭兵として仕事を得るのも困難を極めていた。 だが、諦めない前向きな心を持つルストは、ついに未来へとつながる大きなチャンスを掴む。 『小隊長を任されたエルスト・ターナーです。よろしくお願い致します!』 ■そんなルストは、女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない。だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破り、人々のために確かな明日へと繋がる未来を切り開いていく。 『みなさん! これは困難ではありません! 千載一遇のチャンスです!』 ■気高さに溢れた美少女傭兵が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く! 孤独な道を歩んでいた一人の少女が、傭兵となり救国の英雄となり、幸せの絆を取り戻すロマン溢れるサクセスストーリー! 【第2回ノベプラ大賞最終審査候補作品】 《改稿/改善情報》─────── 全体構成を〔【第1部】ワルアイユ動乱〕と〔【第2部】ルスト、心の旅路〕の2部構成にしました。 ────────────────

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間23分

    この作品を読む

  • 江戸に立つ、龍の麺

    令和から江戸時代へ、ラーメンのお話です

    23,000

    110


    2021年5月8日更新

    駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君の主君松平信義 の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望――― 転生グルメストリーが今幕を開けるーーー

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 劇中世界:テアトリア

    世界は神々による演劇である

    0

    0


    2021年5月8日更新

    神話に『劇中世界:テアトリア』とある世界。 その世界に住む知性を持った五大種族は、他の生物とは違うとある本能を持つ。 『娯楽本能』――楽しみを享受することは、テアトリアの民にとって、食事や睡眠に等しい生理的欲求なのである。 そんな彼らは遥か古から『演劇』の文化を持ち、やがて自らの暮らすテアトリア自体も、神々の演劇であり、彼ら自身はその演者であると解するようになった。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • illustration : pikora氏 ※毎週金曜の22時更新。 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 セルフな挿し絵ありには「*」マーク付けてます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間32分

    この作品を読む