恋愛/ラブコメ 長編 連載中

天女な男の娘は人気小説家を誘惑する

作者からの一言コメント

BLです。宜しくお願いします

読了目安時間:20分

総エピソード数:4話

天女な男の娘は人気小説家を誘惑するの表紙

 怪奇幻想(和風ファンタジー)小説家の坂川慎吾は天女のアバターを使っている男の娘Vtuber桃木玉緒にドハマりしてしていた。 「どんなに綺麗で可愛くても男だろう?」  と思っていた慎吾だが、考え方が丸きり変わってしまった。  自分を「変態か?」と思っていつつも、玉緒の声が聞けない生活など考えられないとまで思うようになってしまった。  慎吾は天女な男の娘Vtuber桃木玉緒の小説朗読がきっかけで出版社の目に止まり、プロの小説家としてデビューしたのだ。  更に慎吾は現実の男の娘とも深い縁があった。    それは、彼の担当編集者にして従兄弟で男の娘の坂川千秋である。  千秋は高校時代に予備校生だった慎吾に告白したことがあるのだ。     その時、慎吾は前述通り「どんなに綺麗で可愛くても男」との理由で断ったのだが。  そのあと、天女な男の娘Vtuber桃木玉緒にハマってしまった。  のちに担当編集者となった千秋はそれが気に入らない。  しかし今や慎吾は、男の娘Vtuber桃木玉緒にドハマりしている。  千秋は玉緒のアバターを見ても、声を聞いても「アタシの方が可愛いし、声だってあの男の娘Vtuberよりずっ~と女の子に近いじゃない!」としか思わない。  そう確信している千秋は止まらない。  従兄弟で担当編集者と言う立場を使って合鍵を手に入れ、慎吾のマンションまで乗り込んで来る始末。  慎吾は現実の玉緒に会いたいとまで思うのだが……それは叶わぬ願いなのだろうか?  千秋と恋と慎吾の恋の結末はどうなるのか?  そして、天女な男の娘Vtuberの正体とは……?              

総エピソード数:4話

作品情報

作品名 天女な男の娘は人気小説家を誘惑する
作者名 水守風火
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男主人公 BL 現代日本 男の娘 Vtuber 小説家 編集者 男の娘は成人してます 小説家は成人してます 時々挿し絵あり
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年11月25日 16時10分
最終投稿日 2021年12月19日 6時10分
完結日 -
文字数 10,021文字
読了目安時間 20分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 7件
コメント 7件
スタンプ 59件
ビビッと 0件
応援ポイント 19,303pt
ノベラポイント 122pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 「愛することはない」と言われた皇太子殿下の仮初め婚約者ですが、ひとときの自由を満喫します!(人質王女の私には秘められた力があるようです)

    不遇な人質王女が、周囲に幸せを呼び寄せる

    2,500

    0


    2022年12月7日更新

    幼い頃に半ば騙し討ちの形で人質としてブラウ帝国に連れて来られた、隣国ユーリ王国の王女クレア。 クレアは皇女宮で毎日皇女らに下女として過ごすように強要されていたが、ある日属国で暮らしていた皇太子であるアーサーから「彼から愛されないこと」を条件に婚約を申し込まれる。 (過去に、婚約するはずの女性がいたと聞いたことはあるけれど…) そう考えたクレアは、彼らの仲が公になるまでの繋ぎの婚約者を演じることにした。 移住先では夢のような好待遇、自由な時間をもつことができ、仮初めの婚約者生活を満喫する。 ある日、ある出来事がきっかけでクレア自身に秘められた力が解放され、それはアーサーとクレアの二人だけの秘密に。行動を共にすることも増え徐々にアーサーとの距離も縮まっていく。 「俺は君を愛する資格を得たい」 (皇太子殿下には想い人がいたのでは。もしかして、私を愛せないのは別のことが理由だった…?) これは、不遇な人質王女のクレアが不思議な力で周囲の人々を幸せにし、クレア自身も幸せになっていく物語。 ※小説家になろう様、アルファポリス様にも掲載しています。 ※旧タイトル「愛することはない」と言われたので、自由気ままに暮らします〜皇太子殿下の仮初め婚約者で人質王女の私には、秘められた力があるようです〜 また戻すかもしれません。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間29分

    この作品を読む

  • 嫉妬したがりの西園寺さん

    ほんわか百合ラブコメです

    300

    0


    2022年12月7日更新

    人間誰しも得意なことがある。 それは自分ではわからないことかもしれない。あるとき気がつくことかもしれない。 本当に大切なことは誰かの得意なことを認めること、誰かの大切なものを貶さないこと、誰かの恥ずかしい部分を笑ったりしないこと。 そうしたら幸せなことが待っているかもしれない。 誰かを大切に思える人が、誰かから大切に思われない道理などはないから、

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る