恋愛/ラブコメ 長編 完結済

ニセモノ夫婦、はじめました。

作者からの一言コメント

俺の妻を演じてほしい

「住むところは提供する。そのかわり、俺の妻を演じてほしい」 行き場所のなくなった璃乃(りの)が、酔った勢いで契約を交わした相手はイケメン上司。 しかも… 「抱かれたら運気が上がる」「しかもテクニシャン」 と言われている、とんでもない折り紙つき。 そんな彼と同棲&偽夫婦を演じることになった、璃乃の行く末は──? ある朝、璃乃が起きてみると、裸の男性と同じベッドに入っていた。その男性──新田とは酔った勢いでエッチをしてしまったらしい。しかも、ゆうべ出逢ったバーで「偽の妻を演じてもらう代わりに家に住んでもいい」と契約までしていたことを思い出す。両親がいなく、親戚の家に住んでいた璃乃だが、追い出されるようにして大学生のころから一人暮らしをしていたため、住むあてもなかったからそういう契約をした。そして、契約をした理由はもうひとつ。中学生のころ好きだった同じ学校の高等部の先輩に新田の顔がそっくりだったという理由。契約は契約だし住むところもないし、なによりすきだった人にこの人はそっくりだし…と、同棲生活を始める。その日のうちに、その新田が、自分が新入社員として入った会社の上司だったことを知るが、契約は契約だし、とやはり同棲生活はすることにする。 ② 間もなくして、新田とは寸前までいったけれど実際にはバージンを捧げていないことを知る。知らない人に捧げたんじゃなかった、とほっとする璃乃。そんなさなか、出社した璃乃は、新田と結婚した相手だと知った女子社員にいろいろ聞き出そうとされる。なんでも新田は、「抱かれたら運気が上がる男」「テクニシャン」ということで有名だそう。仕事もできるしルックスもいいしで、女子社員の憧れの的らしい。そんな中、おなじビルの別フロアの会社の社員であり、新田のマンションの隣人でもある成宮が、「きみたちって仲良しオーラが出てないね」と鋭いところを突く。新田に相談する璃乃だが、「ばれたらどうするんですか」とうるさい璃乃に、黙らせるために新田がキス。 それから様々なことが起こります、以上「恋愛小説コンテスト」に応募させていただいておりまして、規定文字数に添いました紹介文を追加させていただきました🌷 ※読者様のペースでお楽しみください🐰💓💞

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 ニセモノ夫婦、はじめました。
作者名 苑田愛結
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 現代日本 日常 R15 ハッピーエンド 結婚 乙女チック原作コン
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年2月25日 4時08分
最終投稿日 2021年3月23日 23時25分
完結日 2021年3月23日 23時25分
文字数 100,388文字
ブックマーク登録 29件
コメント 54件
スタンプ 156件
ビビッと 19件
応援ポイント 109,700pt
ノベラポイント 4,260pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    388,901

    7,941


    2021年1月20日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

  • 異世界逃避ーTHE ONLY WAY IS UP IN ANOTHER WORLDー

    逃げ出したっていいじゃない 人間だもの

    8,123

    150


    2021年4月20日更新

    気が付けば夜の電車の中。 何故此処に居るのかという事は思い出せない。 そんな時に出会った『神』に自分は死んでいるのだとを教えられる『僕』 そして神に誘われたのは、自分の見知ったものとは何もかもが違う世界であった。 新しい家族に与えられる新しい名前。 鏡に映る新しい顔。 いつの間にか覚えてしまった新しい言葉。 気の許せる新しい友人。 そして少しずつ思い出す過去の自分。 記憶を失ったまま色々な物を手に入れていく僕が、『過ち』と『幸せ』を思い出す、剣と魔法と傷の物語。 表紙はウエサカ様に描いて頂きました。

    読了目安時間:1時間21分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 水神伴侶と最後の恋を

    最後の恋を願ったら夫婦になってた

    9,700

    0


    2021年4月21日更新

    最後に、素敵な恋がしたかった。 世を儚んで龍が淵の滝壺に身を投げた、 アラサー女子の深琴(みこと)。 飲み込まれる寸前に零した未練に応える声があった。 「──その願い、聞き届けた」 目覚めてみれば水底に佇む薄暗い日本家屋。 周りは水に囲まれて魚群が泳いで通り過ぎた。 どうやら身を投げた龍が淵川の川底らしい。 其処にいたのはおかっぱ頭の美少女、水希と、 色素の薄い髪をした美青年、雨竜。 目覚めた場所は水神さまの住まう宮。 身投げを人身御供と間違われ、未練は願いと捉えられ、 水神の雨竜と夫婦になったと言われて……!? 人とでさえ上手く関われないのに、 神様相手にどうして良いか判らない。 人の世には戻れなくても構わないし、 未練はないと思っていた。 だけど目的のためとはいえいっぱいに愛されて 温かさを知ってしまった。 零した想いが未練なら、 最後の恋をすればこの身はどうなるのだろう。 寂れ、社もない水神に供物はなく、 後はただ朽ちるに任せるだけの旧い命。 身勝手な振る舞いで其処に座す者を引きずりおろせば、 空席を許さぬ後継にその座を指され座り続けた。 いつか来る終焉を待ち望んでいたはずなのに、 最後の華と愛でる内に先を望むようになる。 永遠を望むなど赦されるはずもないのに。 願ったのは永く苛む苦渋と悔恨。 針のむしろに座らせ見張る。 その罪咎から目を背けさせないために。 向けられた情は深く、慈しまれ、 望んだものとは少しばかり形を変えたそれに 包まれたのが事実ならば。 己が罪の深さは測れるものか。 静かな水底でとりあえずの生活を始めるものの、 三者三様に想いを秘めて、巻いた渦の向かう先には何があるのか。 見守って頂ければこれ幸い ※カクヨム様でも公開中です

    読了目安時間:3時間11分

    この作品を読む

  • ヤンデレの皮をかぶった女の子。

    ……のように見える

    1,000

    0


    2021年4月21日更新

    高校二年生の春、僕は勇気を振り絞ってとある後輩に告白した。 返事はOK。これで僕にも華やかな高校生活が!……と思っていたけれど。 彼女の言動はちょっと重たくて、何故か身の危険を感じていた。 週1~7投稿となります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む