歴史/時代 長編 完結済

天狗、月に哄笑ふ(てんぐ、つきにこえわらう)

作者からの一言コメント

天狗と巫女の本格派平安冒険活劇!

 どこからともなく笑い声が聞こえてくる。さては今宵も誰ぞが化かされたか。  化かしたのは山の怪異である“天狗”を名乗る、水目桜月鳥(ミズメノサクラツキトリ)なる翼を持った不思議な物ノ怪。  しかしミズメは、出羽国が月山を根城に、悪徳役人を騙してその富を貧者に分けたり、暴れて手が付けられない物ノ怪を退治する自称正義の物ノ怪である。  ある満月の晩、ミズメがいつものように愉しく辻捕り男を化かしていると、雇われ巫女が物ノ怪退治と称して立ちはだかった。  彼女はお人好しで方向音痴の巫女、その名は乙鳥(オトリ)という。  ふたりの出逢いが日ノ本を巻き込む大難事へと発展してゆく……。  狐狸に蛇に穴熊。神に物ノ怪、悪鬼悪霊、坊主に仙人。武士に狩人、貴人に変態、陰陽師。これらを相手取り、天狗と巫女が大暴れ。  歌詠み袖交う、みやびやかなる都人の時代を舞台にした平安幻想活劇。  あなたもきっと、天狗に化かされるに違いない。 (当作品は2020年7~11月のあいだに小説家になろうさんで連載していた作品です。完結済み) ※拙作「巫覡、寿ぐ(ふげき、ことほぐ) https://novelup.plus/story/790901231」と同世界の時代違いのおはなしです。  ストーリー上の続編ではありませんが、よろしければこちらも。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 天狗、月に哄笑ふ(てんぐ、つきにこえわらう)
作者名 みやびつかさ
ジャンル 歴史/時代
タグ 平安時代 天狗 巫女 和風 ファンタジー LGBT 百合 バディ チート ハッピーエンド 陰陽師 HJ大賞2020後期 和歌 歴史
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月7日 18時40分
最終投稿日 2020年11月7日 20時52分
完結日 2020年11月7日 20時52分
文字数 873,761文字
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 英雄と首斬り淫魔のダンジョン攻略

    ♡8,100

    〇90

    異世界ファンタジー・連載中・2話・4,927字 フォトンうさぎ

    2021年1月25日更新

    日時問わずいたるところで、モンスターが湧き出るダンジョンが多発する世界にて。 暗い所ならば寝床よりダンジョン。交差するならば体の交わりではなく鋼同士のぶつかり。飲み込むなら白濁ではなく鮮血を。 細身の刀を手に菫色の衣を身にまとい、淫魔(サキュバス)は今日もダンジョンに湧くモンスターの首をはねる。 刀を持って死地に飛び込み、赤い花を戦場に咲かせる異端なる剣客淫魔。守るために剣を振るう、英雄と名乗る物静かな男。 死体の山で恍惚と笑う彼女の背を、英雄が守る物語。

  • これは作られた英雄譚

    ♡75,300

    〇500

    異世界ファンタジー・連載中・26話・99,071字 人形使い

    2021年1月23日更新

    峻険な山々と荒海に囲まれた永世中立国モノリス。 それは五世紀も昔のことだ。 とある著名な魔術師が突如として訪れ、数々の奇跡とともに一つの予言を残し去っていった。 ~この国は、五百年後に滅ぶ~ 偉大な魔術師の残した予言に人々は畏怖した。だが長い歳月によって予言は風化し、いつの間にか忘れ去られていく。 その日が迫るにつれ大陸全土を巻き込む不穏な事態が相次ぎ、人々はかの予言を思い出した。そして気づいたのだ。その日がすぐそこまで迫っていることに。 亡国の予言、呪いと言い換えてもよいそれに対抗するため、国王直属部隊として魔術特務師団が急遽編成された。 とある事変を解決した功績が考慮され、若き英雄ヴィンス・アスカムは特務准将という破格の階級とともに師団長に任ぜられたのだった。 深紅の装束は英雄の称号を叙せられた彼だけに着用が許されている。その勇猛さと華麗さから、時に畏敬を込めて、時に嫉妬を秘めて、人々からクリムゾンナイトと呼ばれていた。 さまざまな思惑が渦巻く中、クリムゾンナイトは今日も街を駆け巡る…… ※毎週土曜日13:30更新予定です。HJ 小説大賞応募作です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 鬼と姫の六道をめぐる異世界バトル

    ♡500

    〇0

    歴史/時代・連載中・18話・86,750字 ドンキー

    2021年1月25日更新

    鬼に連れて行かれた千姫を救うべく、謎の雇われ剣士である小次郎が旅に出る。小次郎を送り出した千姫の父、信勝は小次郎の正体を知っている様である。人間道から地獄道へと入った小次郎は、かつての知り合い達の助けを得ながら千姫が匿われている閻魔御殿へと忍び込む。 一方、千姫を利用し生界と冥界の統一を図ろうと目論む閻王とその息子、赤兵衛、青兵衛、黒兵衛だったが、そのあまりの美しさに皆が千姫を妃にと取り合う事態に発展する。 そんな中、千姫は実は自分が信勝の娘ではなく、閻王の兄、閻紹と人間との合いの子であり、小次郎とは実は兄弟であった事実を知る。そして、閻魔御殿で起こった騒動に紛れて、駆けつけた小次郎の助けを得て見事、閻魔御殿からの脱出に成功する。 地獄道から修羅道へ逃れた二人は、やがて、小次郎の剣の師であるクリシュナの助けを得る。そこで千姫は、自身に潜む不思議な力に目覚める。実は千姫は修羅道の女シャチーの生まれ変わりだったのだ。 丁度、その頃、地獄道では大変なことが起こっていた。閻王が天道の使者ラースに唆されたルドラに暗殺されたのだ。ルドラは、さらに人間道にいる千姫の父、信勝の暗殺も試みるが、間一髪でやって来た千姫達に妨害され暗殺は失敗に終わる。 逃げたルドラは、今度は餓鬼道から信勝を呪い殺そうとするものの駆けつけた小次郎の相打ち覚悟の一撃に沈む。一方、人間道では城に鬼の軍勢が迫っていた。その軍勢を撃退していく千姫だったが……

  • このためだけに複垢作ったよ……

    ♡10,000

    〇0

    歴史/時代・連載中・7話・0字 るうね

    2021年1月25日更新

    SNSで三国志の世界を表現してみました。 のんびり書いていきますので、お付き合いいただければ幸い。 ※なお、複垢を特定することは容易かと思われますが、フォロー等していただいても反応はしません。 もしフォローしていただけるなら、本垢の @Ru_une の方をフォローしてください。

    タグ:

    演義中心