歴史/時代 長編 完結済

天狗、月に哄笑ふ(てんぐ、つきにこえわらう)

作者からの一言コメント

天狗と巫女の本格派平安冒険活劇!

読了目安時間:29時間8分

 どこからともなく笑い声が聞こえてくる。さては今宵も誰ぞが化かされたか。  化かしたのは山の怪異である“天狗”を名乗る、水目桜月鳥(ミズメノサクラツキトリ)なる翼を持った不思議な物ノ怪。  しかしミズメは、出羽国が月山を根城に、悪徳役人を騙してその富を貧者に分けたり、暴れて手が付けられない物ノ怪を退治する自称正義の物ノ怪である。  ある満月の晩、ミズメがいつものように愉しく辻捕り男を化かしていると、雇われ巫女が物ノ怪退治と称して立ちはだかった。  彼女はお人好しで方向音痴の巫女、その名は乙鳥(オトリ)という。  ふたりの出逢いが日ノ本を巻き込む大難事へと発展してゆく……。  狐狸に蛇に穴熊。神に物ノ怪、悪鬼悪霊、坊主に仙人。武士に狩人、貴人に変態、陰陽師。これらを相手取り、天狗と巫女が大暴れ。  歌詠み袖交う、みやびやかなる都人の時代を舞台にした平安幻想活劇。  あなたもきっと、天狗に化かされるに違いない。 (当作品は2020年7~11月のあいだに小説家になろうさんで連載していた作品です。完結済み) ※拙作「巫覡、寿ぐ(ふげき、ことほぐ) https://novelup.plus/story/790901231」と同世界の時代違いのおはなしです。  ストーリー上の続編ではありませんが、よろしければこちらも。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 天狗、月に哄笑ふ(てんぐ、つきにこえわらう)
作者名 みやびつかさ
ジャンル 歴史/時代
タグ 平安時代 天狗 巫女 和風 ファンタジー LGBT 百合 バディ チート ハッピーエンド 陰陽師 HJ大賞2020後期 和歌 歴史
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年11月7日 18時40分
最終投稿日 2020年11月7日 20時52分
完結日 2020年11月7日 20時52分
文字数 873,761文字
読了目安時間 29時間8分
ブックマーク登録 4件
コメント 1件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 900pt
ノベラポイント 15pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 昭和5年、歴史が書き換えられる

    第二次世界大戦に日本が参戦しなかったら?

    57,000

    30


    2021年5月8日更新

    昭和5年、八十九式軽戦車の炎上事故を受け揮発油機関を廃止し内燃機機関に切り替えを進めていた日本軍。 そこに歴史には存在しない民間企業が参入した結果歴史が少しづつずれ出した!? ※21世紀に書かれた私家版の歴史書と当時のクロス? 私家版の軍事研究書の体裁で書いているつもりです?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間14分

    この作品を読む

  • カミッション 歴史捜査ファイル1 ハーメルンの笛吹き男

    歴史上の未解決事件の謎を追う

    1,800

    0


    2021年5月8日更新

    ハーメルンの笛吹き男。おとぎ話ではなく中世ドイツで実際に起こった130人もの子どもたちの失踪事件。その真実を追うため、自他ともに認める凡人、野家邦仁が創造主を自称する少年によって13世紀のドイツに送られた。放浪学生の体を借り、ガイド役の大天使ミカエラと共にその謎に挑む。中世ヨーロッパと聞いてファンタジーの世界を想像していた邦仁だが、あまりの過酷さに帰りたいと泣きわめく。邦仁はハーメルンの笛吹き男の真実にたどり着くことができるのか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間10分

    この作品を読む