異世界ファンタジー 長編 連載中

勇者狩り

作者からの一言コメント

最強《チート》を撃て。

人命が軽視された所では 時には殺人が金になった そこで 賞金稼ぎが生まれた―――セルジオ・レオーネ(映画監督)  勇者によって魔王が倒され、平和が訪れた世界クリサリアだったが、それは人知を超えた異能力を手にした異世界転移者たちによる圧政・暴政の始まりに過ぎなかった。  “勇者狩り”を生業とする賞金稼ぎのビリーは、ある日、一人の女勇者マコトに捕らえられ、衝撃的な依頼を受ける。 「狩って欲しい勇者がいます。クリサリアの王であり、私の兄でもあるシリズ・バーゼです」  剣と魔法と銃の世界。異世界ウエスタン開幕。 ※他サイトで掲載していた小説の加筆修正版です。毎話、毎日だいたい夕方6時くらいに更新しますが、続きが気になってしょうがないという奇特な方はそちらでお読みくださっても構いません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 勇者狩り
作者名 祖父江直人
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 チート チート殺し 西部劇 ガンマン 異世界ウエスタン 神業VS異能
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年4月7日 17時11分
最終投稿日 2020年6月14日 18時00分
文字数 198,424文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 11件
応援ポイント 15,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡385,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話・781,463字 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • 見た目幼女が巫女になって黒龍とイチャラブ

    ♡17,500

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・6話・11,333字 茄子

    2020年9月27日更新

    いつからか、私を呼ぶ声が聞こえているような気がしていた。 例えば夏祭りに幻想的に赤く灯る赤提灯を見た時、例えば秋の燃えるような紅葉の紅に目を奪われた時、例えば冬の白い雪の中に咲く椿の赤さに目が惹かれた時、呼び声は強くなるような気がする。 そしてある日、私は点滅する赤い工事のランプに惹かれてふらり、と道路に踊りでて車に跳ねられて、宙を舞い、地面に叩きつけられた。 けれど目覚めた時は病院ではなく、どこかのお堂のような場所で、六芒星の上に全裸で寝そべっていた。 恐怖に怯えていると、平安時代の陰陽師のような格好をした男が部屋に入って来て私に着物を与えてくれた。 そして告げられたのは私を龍神の巫女候補として召喚したのだと言う事。 正直「は?」という感じだけれども、他の同じように召喚された少女達と龍神の巫女と成る為の儀式を行う。 それぞれ龍神の巫女になっていく中、私は災いを呼ぶと言われている黒龍の巫女になってしまった。 黒龍の巫女になったと言うだけで、周囲から嫌厭され、隔離された生活が始まるが、龍神の巫女になった者は必ず都にある穢れが溜まっている場所に行き浄化をしなければいけないと言われ、私も行こうとするが、止められてしまった。 曰く、余計な事をして黒龍の穢れを広めるなという事なのだ。 他の少女達が毎日忙しく巫女業に勤しんでいる中、私は腫れものを扱うように、嫌悪感に満ちた視線を向けられ屋敷の中で一人過ごしている。 黒龍の巫女となったからと言って、一人用の局も与えられ、本当にやる事と言えば御簾や几帳の隙間から中庭にある紅葉の木を眺めるぐらい。 だって、本を読めと言われても、ミミズが這いずり回ったような字で、なんて書いてあるのかわからないし、誰かと和歌を交換しようにも、黒龍の巫女である私と交流を図りたいとする人なんていなかった。 退屈な時間を過ごしていると、ある日、紅葉の木の下に艶やかな長い黒髪の、血のように紅い瞳を持った男の人が立っているのに気が付いた。 どうせ誰も居ないのだし、と思って十二単の裾を持って中庭に下りてその人に近づいてみると、「譲羽」と親し気に名前を呼ばれた。 ああ、私はこの紅い瞳を知っている。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る