現代/青春ドラマ 短編 完結済

一番星の坂道

作者からの一言コメント

この坂道は、この街で一番空に近い坂道だ。

↓↓↓下のタイトル【一番星の坂道】をクリックすると読めます(*'▽')

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 一番星の坂道
作者名 源侑司
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 青春 学園 夜空 公園
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月31日 20時25分
最終投稿日 2020年10月31日 20時26分
完結日 2020年10月31日 20時26分
文字数 2,620文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 正しく生きるための戦い方

    ♡8,500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・65話・259,135字 霜月みさき

    2021年1月20日更新

    「いいか、お前の力は何かを守る力だ。何かを奪ったり誰かを傷つけたりする力じゃ決してない」 この世界の人間は、炎や雷などの能力を生まれながらに持つ。 そんな世界で自分が異世界である日本という国の女子高生だったことを思い出した少女の人生は一変していく。 記憶と共に出現した少女の能力である「青い炎」はこの世界では禁忌の能力とされ恐れられ、かつてとある国のとある女王が最強の名を欲しいままにしていた能力だった。 月日は経ち、絶滅したはずの魔族の襲撃で大切な育ての親を失った少女は魔族への敵討ちを誓い騎士団に入団する。 しかし、禁忌の能力「青い炎」の使用を禁止された少女は仕方なく剣の腕を磨きながら魔族を倒すために任務をこなすことになる。 思い出した記憶の自分も今の自分も変わらないことが1つだけある。 「助けてと言われたら絶対に助ける」 それが自分の命を削ることになったとしても。 自分が本当は誰なのか、どこからきたのか分からなくても生き方はずっと変わらない。 大切な人との約束をずっと守り続けるだけだ。 そんな少女…井神みぃが世界を変えてしまうまでの話。

  • ――どうしてこうなった!

    ♡35,000

    〇1,800

    恋愛/ラブコメ・連載中・18話・77,424字 剥製ありす

    2021年1月20日更新

    その時計塔には、ある少女がいた。誇り高き紫色の髪を靡かせ、すべてを見透かす金色の瞳を持った少女が。ある者は彼女を魔女と呼び、ある者は彼女を賢者と呼んだ。 時にたった一つのすれ違いが、大きなうねりを生んでいく。まさにその最中にあった彼女は、ある種の諦観を伴った言葉で呟いた。――時計塔の魔女曰く。どうしてこうなった、と。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 踊り続けよう、果てるまで。

    ♡100

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・9話・31,322字 小野寺かける

    2021年1月20日更新

    某呟くSNSでの半身内交流企画【Bonds Links Idols】に参加しているアイドルたちのなんやかんや。 【カレンデュラ】童話「赤い靴」をモチーフとした三人組。ダンスが得意。 ・谷萩玲央――最年少。料理上手な高音域担当。 ・千両柘榴――リーダー。ビジネス片目隠れ。バリトンボイス。 ・丹和初雪――最年長。ビジネス紳士な縁の下の力持ち。 【霹靂神】雷をモチーフとした二人組。和風テイスト。 ・磯沢輝恭――リーダー。短気なオレサマ。カタカナが苦手。 ・嵯峨菊司――輝恭の幼馴染。ゆるキャラグッズを集めている。目隠れ。 ※よそのアイドルも登場します。 ※企画を知らなくても楽しめるはず。

  • 血の繋がらない元親子の、複雑な恋。

    ♡9,400

    〇100

    現代/青春ドラマ・連載中・60話・78,967字 硯 羽未

    2021年1月20日更新

    今年大学生になった小野田珠雨は、古民家カフェでバイトしながら居候している。カフェの店主、浅見禅一は現実の色恋は不得手だという草食系の男だ。 ある日母がやってきて、珠雨は忘れていた過去を思い出す。子供の頃に恋心を抱いていた女、あざみは、かつて母の夫であった禅一だったのだ。 女の子でありたくない珠雨と、恋愛に臆病になっている禅一との、複雑な関係のラブストーリーです。 主な登場人物 小野田 珠雨(おのだ しゅう)…主人公。19歳の女の子(一人称は俺)大学生 浅見 禅一(あざみ ぜんいち)…31歳バツイチ男性 カフェ経営 エブリスタより転載作業中。 レイティングは念のための保険です。