異世界ファンタジー 長編 連載中

精霊の贈り物

作者からの一言コメント

能力を使う、王道冒険ファンタジーです

読了目安時間:2時間51分

総エピソード数:41話

★異世界転生・転移ものではありません。 魔王軍と争い続ける中、人はそれぞれ能力を持っている。 生まれた時から、僅かしか能力を持っていない者、圧倒的な能力を持っている者。 ある日、庶民の主人公が12歳の時に両親が突然姿を消し、 主人公が両親を探しに行く旅物語である。 そんな主人公には何か珍しい能力が…!? 能力を使いながらバトル、冒険をする【王道冒険ファンタジー】です。 「小説家になろう」様 「カクヨム」様でも掲載しています。 ※10月16日 勝手ながらで申し訳ありませんが、 話ごとに文字数が多すぎて誤字・脱字等 を見つけるのが難しくなり分割しました。

総エピソード数:41話

作品情報

作品名 精霊の贈り物
作者名 虹凛ラノレア
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 魔王 最強主人公 異能 アクション/バトル アクセサリー 能力 ファンタジー 冒険 貴族社会 真実 ライトノベル 魔法 精霊 第3回HJ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年8月22日 20時03分
最終投稿日 2022年12月5日 11時00分
完結日 -
文字数 85,591文字
読了目安時間 2時間51分
総エピソード数 41話
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 1件
応援ポイント 2,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 主人公【シンヤ】は日本人だ。 異世界に転移し、魔物に襲われている行商人の一行を助けた。 行商人はお礼として、奴隷を一人譲ってくれると言う。 シンヤが美少女奴隷に目移りしているとき、誰かが彼の腕を引っ張った。 それは助けた者の一人、猫獣人の奴隷【ミレア】だった。 「ん? どうしたんだ?」 「……」 シンヤの問いかけに対して、彼女は熱っぽい視線を向けるだけだ。 「えっと……。君が俺の仲間になりたいのか?」 シンヤはそう尋ねた。 すると、コクッと力強くうなずく。 「そうなのか……。でも、どうして俺なんだ?」 「赤猫族の女……。命の恩人には、絶対服従スル……」 「へ?」 シンヤは思わず聞き返す。 だが、彼が思考を整理している間に、ミレアが距離を詰めてきて……。 彼女の口唇が、シンヤの頬に触れた。 「え!?」 突然のことに驚くシンヤ。 その隙をついて、今度は彼の首筋に舌を這わせる。 「ちょっ……! 何してんだよ!!」 慌てて飛び退くシンヤ。 「強い雄の子種がほしイ……。シンヤ、あたしと子どもをつくろウ?」 「いやいやいやいや!」 「ダメ……?」 「いや、そういう問題じゃなくてさ……。命の恩人というだけで、そこまでしなくてもいいぞ?」 「ソレだけじゃない。匂いも気に入った……」 「はぁ……」 「それに、シンヤはすごく強い魔力を持ってイル……。あたしも魔力持ちだからワカル……」 「まあ、確かにそうだけどな」 「きっと役に立つ……。あたしを使ってほしイ……」 そう言うと、ミレアは再び顔を近づけてくる。 「おい……。ちょっと待てって……」 「シンヤ、スキ……。早く赤ちゃんつくろウ?」 「いやいやいやいや!!」 迫ってくる猫娘を押しとどめようとするシンヤ。 だが、ミレアの力は強く、どんどん押し込まれていくのだった。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • カオスネイバー(s)

    ある日、異世界交流ゲームが始まった!

    78,300

    310


    2022年12月10日更新

    世界各地に突如として出現した"鏡"は、異世界への扉になっていた! 破壊も撤去もできない"鏡"。いきなり大量に溢れ出すモンスター達。 混乱する人類に向けて、異世界ゾーンダルクの創造神だと称する青年からメッセージが届く。 『異世界交流ゲーム"TLGナイトメア"を楽しんでくれているだろうか?』 ……という感じで始まる物語です。 「カクヨム」「アルファポリス」でも、連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • あじさい色のアミィ~永久に枯れない花束を~

    全てのメイドさん好きの方に捧ぐ

    0

    0


    2022年12月10日更新

    アンドロイドの普及が進み、アンドロイドが『第二の人類』とまで呼ばれる域に至った近未来に、『響 恭平』の元にやって来たメイドアンドロイドの『アミィ』。 アミィは表裏のない素直な性格で、やや気弱で真面目すぎるところはあれど、基本的には主人のために全力をもって仕事に臨む気概を持ったメイドである。 そんなアミィは、恭平の為にメイドとしての仕事をこなそうと奮闘するが、そんな意気込みとは裏腹になぜか失敗の連続で、アミィの中に徐々に自責の念が積もっていく。 恭平はアミィが気楽に仕事に臨めるようにと、アミィを強く咎めることはなかったが、そんな恭平の気遣いは生真面目な性格のアミィには逆効果だった。 そして、自責の念が臨界点まで達したアミィは、ついに恭平に対して思いの丈を爆発させてしまう。そんなアミィを見て、恭平は自分の配慮がいかに軽薄だったのかを痛感する。 だが、それをきっかけとなって、恭平にメイドの主人としての自覚が芽生え、結果としてお互いを再認識することとなり、心機一転、改めて主人とメイドとしての共同生活をスタートさせる。 そんななか、とあるいざこざが引き金となり、アミィの中で、もうひとりのアミィが目を覚ます。 そのアミィは大胆不敵にして徹底したリアリストで、メイドの仕事とは縁遠い卓越した戦闘技術と相手の精神を揺さぶる話術、そして、筋が通らない事柄を見逃せない熱い義侠心を備え持っていた。 時には温厚で控えめ、時には好戦的で現実主義というアンバランスな性格を宿したアミィは、様々な人間やアンドロイドと触れ合いながら様々な出来事を経験し、やがては主人とメイドという枠を越え、恭平と共に道ならぬ険しい恋路を歩んでいく。 そして、その恋路のあらゆる箇所に横たわる二人目のアミィの出生の謎をきっかけに、恭平達は世間を揺るがす大事件へと巻き込まれ、立ち向かい、出会いと別れを繰り返す。 その事件の裏に幾度も登場する二人の男と一人の女。その三人の因縁はあらゆる事象を巻き込みながら交錯し、やがて二人目のアミィの存在そのものへと集約されていく。 この物語は、人工知能が進化を重ねた未来に於いて起こるであろう、人間と人工知能の共存によって生じる正の側面と負の側面を、二人の愛を通じて描いた物語である。

    読了目安時間:31分

    この作品を読む

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    189,987

    2,128


    2022年12月7日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:6時間32分

    この作品を読む