そしてふたりでワルツを【漫画版あり】

メイン:みんな  ジャンル:ギャグ時空 ギャグ時空とは……本編と一切関係のない不思議時空のことである!!(もはや作者の二次創作である!)

閑話一   #マリクなう

 何かと忙しい吾妻邸で過ごす毎日。そんななか、マリクが空き時間のほとんどをつぎ込んでいる趣味、庭いじり。主人から「好きにしていい」と与えられた庭は、(元)侯爵家の名に恥じない広さを誇る。  かつてスラムの王と恐れられた銀狼も今やただの一使用人。しかし、ここにいる間だけは、一国一城の主。  目の前の土からぴょっこりと顔を出している若くて小さな双葉は、手間をかければかけるだけ立派に育つことを、マリクは知っている。植物は裏切らない。害虫や害獣などの邪魔が入らなければ。 「マリク~! なう!」  ……邪魔が入らなければ。  なうなう鳴きながらぴょんぴょん跳ねてやって来たのは、言わずもがなお屋敷の奥様・カミィ。背後にはこれまたいつものように不気味なニヤニヤ笑いを浮かべる主人・ジュンイチの姿もセット。  奥様の手には、何やら見たことのない機械。  小さな手のひらから少しはみ出すくらいの、四角くて薄い……なんじゃこりゃ。 「マリク! お庭なう!」    奥様は眉間にしわをよせるマリクの前におもむろに機械をかざし、指でトンとタッチ。カシャリと軽快な音が鳴る。   「わぁい! 撮れたぁ!」 「カミィちゃん、撮影したあとは、ハッシュタグをつけてツブヤキ(呟き)ボタンをタップだよ」 「はっしゅたぐ?」 「そう。"#"の記号をつけて、マリクなうとでも入れてご覧」 「おい、何してる? なんだその機械? また変なもんつくったのか?」  近寄って主人夫婦の手元を見やる。謎の機械には、右手にスコップ、左手に肥料の入ったバケツを装備したマリクの姿が鮮明に映し出されていた。 「あっ!? 俺だ。写真か? カメラなのかこれ?」 「んー。ちょっと違う。スマフォンだよ」 「スマフォン! いいのかそれ!? 世界観的に!」 「この世界(ワルツシリーズ)は基本的に僕がつくったって言えば何でもありだから。それにほら、ここはギャグ時空! 本編より制約がゆるい。このアプリ(ツブヤキッター)をつくったのも僕だ」  メタ的やりとりをする男性ふたりの隣で、カミィはツブヤキ投稿ボタンをタップタップ! 【おにわでおはなそだててrうまりく #マリクなう 画像つきツブヤキ】  誤字も無変換もなんのその。そのままツブヤキタップタップ! イエス! 二重投稿!  ピロンと即座に鳴り響く通知音。 「わぁ~。デコくんとボコくんからもうお返事がきたよ。ツブヤキッターっておもしろいねぇ。お手紙(サラマンダー)よりはやーい」 「リアルタイム通信だからね」 「なんて書いてあんだ?」 カミィ【おにわでおはなそだててrうまりく #マリクなう 画像つきツブヤキ】  | デコ 【手袋が手袋(グローブ)ってより”軍手”って感じがしますね】  | ボコ 【ちょwwそれwwwwww草不可避www大草原www直接ボスにはぜってー言えねーww】 「見えてんぞ、ボコ」  と、つぶやき(リアル)してもボコには届かない。スマフォンを通してツブヤキッターで呟かないとな! 「このツブヤキッターてのはアレか。電話の文字バージョンみたいなもんか?」 「察しがいいね。厳密には全然違うけど、今はその解釈でいいよ。僕は今日一日はカミィちゃんを観察する日だから説明が面倒」 「今日っつか毎日そうじゃねえか」 「おもしろいから一緒に見てる?」 「じゃあ屋敷へ戻って見よう。マリクくんお茶出して」 「おう」  というわけで、一同集まったのは吾妻邸ダイニング。  テーブルの真ん中にカミィが陣取り、ジュンイチとマリクが左右から覗き込む。 「ジュンイチくん、この、はっしゅたぐっていうのは、なぁに?」 「ハッシュタグはね、このタグがついたツブヤキをまとめて閲覧できる機能だよ。今話題のツブヤキなんかも見れるよ」 「#マリクなうはまださっきのいっこしかないね」 「マリクくんのなう()をツブヤキできるのはカミィちゃんだけだからね」  そっかぁ。と声を落とすカミィ。仮に他人からマリクのなうを得たとして一体何が面白いというのか。マリク本人は理解に苦しむ。 「じゃあ次はこれにしてみよう」  とカミィがいかにも雑に選んだのは【#噂のイケメン】タグ。  瞬時に画面が切り替わり、タグ付きツブヤキがずらり。  ツブヤキの内容は主に「○○で見た!」というような目撃情報。察するに、噂のイケメンとやらを見かけたら報告するためのハッシュタグらしい。位置情報はオフィーリア国周辺のみならず、聞いたことのないような遥か彼方の地まで。こんなに普及してたのか、スマフォン&ツブヤキッター。 「なんだよ噂のイケメンっ……て!?」  あまり興味深いタグではないなと、カミィの横から画面をスクロールさせていたマリクの目にとまったのは一件の画像つきツブヤキ。マリクは目を疑って、画面に釘付けになった。 「お、おいこれ、もしかして」  画像には紛れもなく見知った顔。見間違うはずがない。悔しい程に美しい月色の髪と突き抜けるような蒼穹の瞳。その造形があまりにも目立ちすぎるためか、噂のイケメンタグは数日おきにそこかしこでツブヤキされている。  同時に気になるのは……ときおり目撃情報に混ざる、怪談めいたツブヤキ。 【#噂のイケメン タグで呟いた人は、殺されてしまうらしい】と……。それを裏付けるように、ツブヤキしたアカウントはのきなみその後の更新が無い。  それでもこのタグのツブヤキが止まないのは、噂好きの人の業だろうか。好奇心は猫を殺す。この場合殺されるのは猫ではないが。 「あのふたり……」  実際の彼らを知っている人間からすると、怪談は都市伝説でなく、まぎれもない事実となる。  その時、マリクは確かに見た。ジュンイチの瞳が鈍く光る様を。  そして、気づいてしまったのだ。彼がこの、リアルタイム情報ツールをつくった真意に。  マリクは身震いして、「前から思ってたけど、できればこいつ(ジュンイチ)は敵に回したくねえな」と心のツブヤキボタンをタップした。 閑話一 END

おまけ(ある日のトーマス) 「どいつもこいつも人の写真を勝手に撮ろうとしやがって腹が立つ。いや、まてよ? これを逆に利用して信者を募り、俺様の国家を築けば良いんじゃないか? そうだ。使えるものは使えば良い。わははは」 トーマス【噂のイケメン公式アカウント。僕と一緒に国家をつくりませんか?】 「完璧だ。あとは愚かな豚どもが集まるのを待つだけ」 管理者からのメッセージ【不適切な表現によりアカウントが削除されました】 「俺様が一体、何をした!」 答え:国を滅ぼしました。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • メタルひよこ

    寿甘(すあま)

    ♡300pt 〇100pt 2019年8月30日 18時49分

    国を滅ぼしたなら仕方ないね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    寿甘(すあま)

    2019年8月30日 18時49分

    メタルひよこ
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年8月30日 18時51分

    ありがとうございまぁす!🎃そうですよね。仕方ないですね。しかも滅ぼした国、ひとつやふたつじゃないですからね……。ゲツトマあるところに国滅びあり、ですね……(???)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年8月30日 18時51分

    男盗賊
  • ステラ

    シコティー

    ♡3,000pt 2019年9月10日 21時05分

    マリクなう!なぁぁぁぁっぁぁぁう!やっぱ、マリクちゃんは、最高やで!結婚してサッカーチーム作らなくちゃ……

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    シコティー

    2019年9月10日 21時05分

    ステラ
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年9月10日 22時53分

    ありがとうございまぁす!🎃ヤバイ、シコティさん、マリクを孕ませる気マンマン……!♂♂ あ、いや、しかし、シコティさんのアイコン、今かわいい女の子ですね。ということはシコティさんが産むほう……? 

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年9月10日 22時53分

    男盗賊
  • アマビエペンギンさん

    譜楽士

    ♡1,000pt 2019年12月17日 0時51分

    この作者がふざけるノリ好きです(笑)。癖はあれど、みんな魅力的なんだよなあ。マリクくんの苦労人ぷりが好きながらも、ジュンイチくんが個人的に激ツボなので吾妻家の日常が楽しみです。 答え・国を滅ぼした、に爆笑しました(笑)。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    譜楽士

    2019年12月17日 0時51分

    アマビエペンギンさん
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年12月17日 4時11分

    ありがとうございまぁす!🎃イヤッホオオウ(再)!( ゜▽゜)「閑話」とついた外伝はこういうおふざけノリが多いです。こういう軽いノリばかりのオマケSSシリーズもあって、本編外伝のストックが切れたら出していきたいと思っています!ニッコリしていただけますように……!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年12月17日 4時11分

    男盗賊
  • 大正むすめ

    芥生夢子

    ♡1,000pt 2019年11月5日 12時27分

    #マリクなう わたしは追いたい! #噂のイケメン はお元気そうで何よりですねw

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    芥生夢子

    2019年11月5日 12時27分

    大正むすめ
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年11月5日 13時21分

    ありがとうございまぁす!🎃マリクなう、カミィに頼めば定期的にツイートしてもらえ……無理かな。カミィ飽き性だもの……2~3回やって「もういい」ていいそう……w 噂のイケメンは結構たくましいので病気とかしない限りは多分元気ですw外的な危険は番犬がおりますから👺

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年11月5日 13時21分

    男盗賊
  • ユーシャ(えんどろ~!)

    朝比奈 架音

    ♡1,000pt 2019年10月24日 23時03分

    平和だwww やっぱり、カミィちゃんにはこのほのぼの感が似合うww それにしても「マリクなう」という語呂の良いことwww さすがです!www

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    朝比奈 架音

    2019年10月24日 23時03分

    ユーシャ(えんどろ~!)
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年10月24日 23時45分

    ありがとうございまぁす!🎃平和ですw語呂が良いのでみんな使ってくださいますかね?wそしていつか#マリクなうがトレンドに入る日が来るでしょうか!?

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年10月24日 23時45分

    男盗賊

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第二回ノベプラ大賞一次通過しました

    ♡1,448,600

    〇25,865

    異世界ファンタジー・連載中・114話 Imaha486

    2020年5月30日更新

    - Illustrator かぼちゃ 「シーフと一緒に世界を救ったってのは、コンプライアンス的に色々とマズいんだ」 そんな意味の分からない理由で勇者パーティを追い出されたシーフのカナタだったが、故郷へ帰ろうにも、そこは魔王の城に最も近いサイハテの街。 宿や食事代は超高額、街を一歩出れば強敵モンスターだらけ、しかも財布の中身は無一文……。 ――そして、この世界は滅ぶ運命にある"救いのないセカイ"だった。 だが、そんな絶望的状況での「水の精霊エレナ」との出会いが、彼を……いや、世界の運命を大きく変える事になる。 カナタに課せられた使命はただ一つ。 それは、かつて誰にも知られる事無く悲劇の結末を迎えた者達を全員救い、この世界が平和を迎える「真のエンディング」へと辿り着くこと!

  • ウルトラジャンプのコンテスト応募用です。

    ♡21,000

    〇2,060

    異世界ファンタジー・完結済・5話 灯甲 妃利

    2020年5月31日更新

    タイトル:植民地化で世界を騙せ!~スパイとスパイとスパイも欺く情報戦争~ 弱小国家の王となった主人公と幼馴染の帝国女王が協力し合い、世界を欺き敵国のスパイも利用して、 戦争が起きない『平和』の実現のために列強諸国を叩き潰して覇権の掌握を目指す物語―― ※ウルトラジャンププロットコンテスト応募用です。 ◆◆◆ ウルトラジャンプの漫画原作プロットコンテストには、 他に『勇者と魔王の異世界SNS戦争』 『地味サキュバスをトップにするまで!』 『セクシー女優ですが、異世界でインストラクター始めました!』 『イフ・リロードの召喚勇者』 『コロニスト』-あの子が元の世界に帰れる日まで- という作品も応募しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三つの世界の物語です。

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・49話 水竜寺葵

    2020年6月4日更新

    三つの世界の物語です。 別サイト様にも掲載してますが冒頭に等ノベルアップオリジナルのお話を記載してます。 ※注意※ この物語には前作と前々作のからくり少女と幽霊屋敷の麗奈と孤独な少女とからくり明かしの住民達と同一人物が出てきますが、パラレルワールドに住む主人公達という設定です。前二作の余韻を残したまま読むと混乱をきたす場合がございます。ご注意下さい。 ・異世界トリップした先はなんと乙女ゲームの世界だった お屋敷で一人暮らししている主人公がある日謎の男に声をかけられその後異世界トリップ。そこは彼女の世界では人気乙女ゲームとして有名な世界だった。ゲームの知識を駆使して生き残り仲間達を助けるはずが……。誰をも味方に付けてしまう世界に愛された少女のお話。 ・~Another story~ 異世界から来た運命の子 これはもう一人の主人公のお話。異世界まで着た彼女の目的はただ一つ。「影」をこの世界から全て消し去ることただそれだけ。 ・遥かな時を超えて巡り会う者達 聖女物語が伝説となった頃十六歳になる娘の家に信託を告げる破魔矢が現れ、少女は神子となりこの世界を救うため仲間達と旅をする。 少女達の旅は新たな聖女伝説を生み出す。何もできない村娘に課せられたものは世界の終わりか新たな未来か。

  • 地味子が最高。

    ♡1,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・53話 三葉空

    2020年6月4日更新

    倉崎輝臣(くらさきてるおみ)は平凡な高校2年生。 そんな彼のクラスは女子のレベルが高く、男子たちはウッハウハ。 ただ、梨田みゆき(なしだみゆき)という地味子だけは冴えないとバカにされている。 ある時、輝臣はひょんなことからみゆきと接近する。 そして、彼女の本当の姿を知った時、彼の学園生活が変わった。 *この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※本作は『カクヨム』『ノベルバ』にも掲載しています。