そしてふたりでワルツを【漫画版あり】

メイン:吾妻&スラム組  ジャンル:ほのぼの、ちょっと良い話

外伝三   春の頃、めぐりめぐりて(1)

 刺すように攻撃的な風が影を潜め、ふわりとしたものにかわる季節。  吾妻邸裏口の軒先で、マリクは書類に目を通していた。彼の耳には、さきほどから止まること無くキャンキャンと子犬の鳴き声にも似た声が響き続けている。  まとわりつく声を無視して集中すること少々。マリクはやっと声の主へ顔を向けた。 「よし、書類良いぞ。で、さっきから何なんだ?」 「え~!? ボス聞いてなかったんすか? だからね、デコったらひどいんスよ。あいつ、昨日の夜仕事終わってから、突然『明日は休む』ってだけ言って帰ったんスよ」  言われてみれば。  今日はボコがひとりで来ている。いつもふたりセットのデコボココンビを片割れだけ見かけるのはずいぶんと珍しいことだ。 「今日は終わったら一緒に遊び行こうと思ってたのに、予定狂った~」  頭をかかえるボコを通り越して空を見れば。この時期特有の、やや白みがかった明るい水色。 「ああ、そういやもうそんな時期か」 「ボス何か知ってんスか? てか、オレの今日の予定どうしたらいいと思います!?」 「お前の予定なんか知らねーよ好きにしろよ」  書類をまとめ子犬を追い払おうとしたとき、邸内から軽やかな足音が。 「マリクー。まだぁ? はやくしないとお腹がすいちゃうよぉ。ジュンイチくんがもう車が出せるよって」  ひょっこりと顔を出したカミィは、ボコの姿を認めると緩く笑顔を浮かべた。 「あっ! ボコくん、久しぶりだねぇ」 「あっ、お姫様。ど、どーもッス」 「わたしお姫様じゃないよぉ」 「いーんスよ。オレのなかでアンタはお姫様なんス」  ボコは被っていたキャップ帽を脱いで片手を胸に当て、もう片方の腕を広げてお辞儀。紳士的でかっこいい挨拶のつもりらしいが、いかんせんお調子者なボコだ。せいぜい舞台上で挨拶をする道化師くらいにしか見えない。 「どっか行くんスか?」 「うん。あのねぇ、ピクニック」 「それオレも一緒に行っていいスか?」 「あぁ!? お前、何言って」 「うん。いいよぉ」 「やったー!」  奥様が良いと言えば、このお屋敷ではそれがルールになる。飛び跳ねる暇人の横で、マリクはひとつため息をついた。 「よりによって、ここかよ」  四人がやって来たのは、吾妻邸から車ですこしのところにある平原。  奥へ歩けば森があり、なだらかな丘とも繋がっている緑豊かでのどかな一帯。  そんな爽やかな空間に立った瞬間、マリクは眉根を寄せたのだった。  今日だけは、ここには来たくなかったのに。ピクニックができそうな場所などいくらでもあるというに、どうして今日、よりによってこの場所なのか? 「お昼ごはん食べよぉ。どこがいいかなぁ? あっちのほうが良いかなぁ?」  言うと同時、カミィは太陽の方角へ走りだす。 「待ってカミィちゃん! 僕が現在の時刻と風向きと天気と湿度と地形と過去の気温の統計から、昼食に最適なポイントを計算して誘導してあげる!」  突然走りだした妻を、ジュンイチが喜々として追いかける。 「何言ってんスかあの人!?」 「気にすんな。あいつの言ってることは俺にもよくわからん」  主人夫婦の後を追いなだらかな丘を歩く。両手には美味しい匂いのするバスケット。 「マリクー。こっちこっち! ここでお昼にしよう」  丘の中腹、ジュンイチとカミィが陣取った”昼食に最適なポイント”は、記憶にある”今日は近づきたくない場所”からは少しずれていて、マリクはほっと胸をなでおろした。 「いただきまーす!」 「わたしフルーツサンドから食べるー」 「じゃ、僕はフルーツサンドを食べるカミィちゃんの様子をレポートにまとめるね」 「ほわぁ? ジュンイチくんはご飯食べないの?」 「あとで食べるよ。桃色のご飯」 「わぁ、おいしそー」 「……なんかもうこのふたり逆にすがすがしッスね」 「ほっとけ。気にしてたらハゲるぞ」  両手にたべものを持って行儀悪くがっつくボコ。本当にレポートをまとめはじめたジュンイチ。頬を膨らませ黙々とフルーツサンドを口に運ぶカミィ。  それらを眺め、マリクもサンドウィッチに齧りつけば。葉菜のシャキシャキとした音に、今度はレタスの栽培でもしてみるか。と、脳内構想が捗って。 「お腹いっぱいになったらちょっと眠くなってきちゃったかなぁ」  食後、小さなあくびをして、カミィは草の上で横になった。曰く、日の当たる場所でのふかっとした草原の引力は冬の朝のベッドに匹敵するという。 「おい、こんなとこで寝たら風邪ひくんじゃねーか?」 「大丈夫。僕の計算では、この場所なら多少日が移動しても暖かいはずだから気持ちよく眠れると思うよ」 「じゃ、オレもちょっと寝たいッス。もう無理眠さやべー」  ボコもそのまま真後ろに倒れ込む。ぽすっと打った頭からキャップ帽が脱げて転がって、草に受け止められすぐにその動きを止めた。 「ったく、お前らは」  やれやれとマリクが片付けをはじめようとしたそのとき。  トッ――と、強い風が吹いた。  強引な風はカミィの髪を弄び、ジュンイチの膝で(レポート)を踊らせ、マリクの横の水筒を転ばし、ボコのキャップ帽を宙へ巻き上げる。  キャップ帽は鳥のようにつばで風を切り、ぐんぐん舞い上がって。そのまま勢いに乗ってふわふわと丘の向こう側へ。 「オレの帽子~! ちょっと取ってくるッス」 「あ!? 待てボコ、そっちは!! くそっ、だめだ聞こえてねえ」  マリクは急いで立ち上がりボコを追う。  途中一度振り向いて「あとで片付けるからバスケットは置いとけ!」と残ったふたりに指示すると、すでに寝入っているカミィの隣でジュンイチは紙に視線を這わせたまま、ひらりと片手をあげた。    この一帯、平原と森の境目の一部に、人目につきにくい獣道がある。その道に踏み入って横道にそれたところ。今日だけは、そこへボコを行かせるわけには行かない。  追いついて視界にとらえたボコは今まさに、落ちた帽子を拾いあげ、その獣道を発見したところらしかった。 「ボコ、ちょっと待て!」  引き止める手は虚しく。 「あれ!? デコ、こんなところで何やってんの!?」  ボコの素っ頓狂な声に、危惧していた事態が起きてしまったらしいことを悟って、マリクは天を仰いだ。

目標文字数達成したので、しばらく週1更新に戻ります。マッタリゆっくりお付き合いくださいますと幸いです。 よろしくお願いいたします。 目次に今後の予定含めたお知らせページも追加いたしましたので、更新が分かりにくいなどありましたらご確認くださいませ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 大正むすめ

    寿甘(すあま)

    ♡200pt 〇100pt 2019年8月31日 9時44分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ラティナ(うちの娘)

    寿甘(すあま)

    2019年8月31日 9時44分

    大正むすめ
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年8月31日 15時16分

    ありがとうございまぁす!🎃連続更新期間もずっとマメにコメントをくださってありがとうございました……! やっと少しのんびりペースになりますので、ぜひまたお立ち寄りいただけると嬉しいです! よろしくお願いします!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年8月31日 15時16分

    男盗賊
  • 女騎士

    呂彪 弥欷助

    ♡1,000pt 2019年9月15日 18時55分

    ああ、このお話! 私の好きなあの話の伏線のようなお話なので、キタ~! と叫ぶ勢いです8><8

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    呂彪 弥欷助

    2019年9月15日 18時55分

    女騎士
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年9月15日 21時21分

    ありがとうございまぁす!🎃うわ~! 嬉しいお言葉です!! 好きな話があるというのも嬉しいですし! それだけじゃなくちょっと繋がってるっていうので他の話も好きになってもらえてるというの最of高!! ふふふ、そうして全部好きになっていただくのだ( ̄ー ̄)ニヤリ

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年9月15日 21時21分

    男盗賊
  • 殻ひよこ

    白うさぎ

    ♡1,000pt 2019年8月31日 3時09分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    白うさぎ

    2019年8月31日 3時09分

    殻ひよこ
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年8月31日 5時19分

    ありがとうございまぁす!🎃まさかの、前編で連続更新を終わるという鬼畜の所業ぶちかましました!笑 後編は来週です~!w

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年8月31日 5時19分

    男盗賊
  • チンチラちゃん

    hake

    ♡500pt 2019年12月17日 9時59分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「尊い」…現場からは以上です

    hake

    2019年12月17日 9時59分

    チンチラちゃん
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年12月17日 18時19分

    ありがとうございまぁす!🎃このあたりから、本編では書けなかった登場人物達のエピソードが出てきはじめますので、メインの人たち以外の人のこともゆっくり見ていっていただければ嬉しいな、と思います! ほのぼのピクニック、尊い……いや、いつも見に来てくださるhakeさんが尊い(-人-)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年12月17日 18時19分

    男盗賊
  • マオ(えんどろ~!)

    陽向 舞桜

    ♡500pt 2019年9月24日 21時49分

    このメンバーでのピクニック、とっても賑やかで楽しそう(∩ˊ꒳​ˋ∩)フルーツサンドを食べるカミィちゃんの様子をレポートにまとめるジュンイチ……ふふふ♪素晴らしい**やっぱりジュンイチはツボです♪笑

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    陽向 舞桜

    2019年9月24日 21時49分

    マオ(えんどろ~!)
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年9月25日 8時48分

    ありがとうございまぁす!🎃僕も、このメンバーでピクニック楽しそうと思います!ゲツトマとピクニック行ったら間違いなく血が流れそうなのでこっちのメンバーのほうが安全な感じします。でも自由な人が多いから迷子とかはありえるかも?笑 ジュンイチにじっと見つめられながらご飯を食べるカミィ笑

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年9月25日 8時48分

    男盗賊

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最高位超能力者と新人警官

    ♡4,500

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話 藤也

    2020年7月15日更新

    人々の持つ能力細胞は、人により持てる量に大きな差があり、持てる量が一定を超えると超能力が発現する。 国は国民一人ひとりの細胞を持てる量をランク付けして一定を超えた人々を登録管理していた。 警察官なりたての田中真一は先輩の同級生である松田秋とであう。春生まれなのに秋(しゅう)という青年は街を歩けば誰もが振り向くような眉目秀麗な男であった。 見目美しい彼には秘密がある。 認定ランク最高位8、国に登録された超能力者である。

  • 【書籍版発売中!】

    ♡1,076,700

    〇46,949

    恋愛/ラブコメ・連載中・82話 上村夏樹

    2020年6月17日更新

    ※第1回ノベルアップ+小説大賞受賞作。書籍化決定です! 雪菜先輩は俺と同じアパートに住んでいるお隣さんだ。 ドSで毒舌少女の雪菜先輩は、俺の部屋に来ては罵倒と寝技、ときどき足技で俺を攻撃してくる。 「お仕置きしてほしいの? 欲しがりな豚ね。踏んであげるわ」 「ふふっ。だらしないオス顔……ざまぁないわね」 このように、女子高生に踏まれるのが俺の日常になりつつある。 しかし俺は知っている。あのドSな態度は過剰な照れ隠しで、本当は俺と仲良くなりたいってことを。 だって……隣の部屋から雪菜先輩の『デレ』が聞こえてくるんだ!! 『えへへ。今日も大好きな啓太くんのお部屋でいっぱいお話しできたー! 明日こそ、好きって言えるといいなっ』 部屋の壁越しに毒舌少女のあまーい本音が聞こえる、恋人未満の甘々いちゃいちゃ日常ラブコメ開幕! 学園要素も少しあるよ!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • こんにちは

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・完結済・1話 高枝はさみ

    2020年7月16日更新

    robust、です。low bustではありません。

    タグ:

  • ドラマ「相棒」の伊丹刑事の恋愛物語です!

    ♡600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話 十六夜星那

    2020年7月16日更新

    警視庁捜査一課に新たな新人刑事がやってきた!その名は櫻井日菜子(さくらいひなこ)。その新人を直々に指導し日菜子の上司になる事になったのが、捜査一課のエースの伊丹刑事。櫻井日菜子は天然で少し抜けている部分がある為、捜査一課の仲間になった初日早々仲間から可愛がられていた。 伊丹刑事の部下となった日菜子は必死についていこうとするも、伊丹刑事も伊丹刑事で少しだけ不器用な面があり中々上手くいかない様子。そんな二人がいつしか気が合う様になり、お互いがお互いのとある感情に気付き最高の二人になる日はいつなのか・・・。