そしてふたりでワルツを【漫画版あり】

最終話   終幕:ある晴れた日のキャロル

 国は今、新しい体制をつくり上げている最中だ。  王族の最後のひとりだったトーマスが消え、統治者が居なくなり、混乱するかと思われた国内。  しかし、意外にもあっさりまとまることになった。  反乱のあったあの日、ジュンイチに言われた通り問題の部屋へ駆け込んだヘルトゥ。  彼はそこでマリクから事情を聞き、すぐさま「王が居なくなった」と各陣営へ伝達。すみやかに停戦を促した。  もとより王の独裁により起きた反乱。その王が居なくなったとあって、反乱軍側に戦う理由が無くなった。  城陣営側にとっても、攻めてこられたから応戦しただけのもので。  主が居ないのに、一体何を守ればよいのか。  反乱軍は、勝った。  たしかに勝った……のだが、あまりにあっけない終わり方。何せ、捕まえて尋問しようとしていた王が影も形も無く消えてしまったというのだから、実感がいまいちわかない。  狼狽える、はたまた放心する者達の前で、ヘルトゥは声高らかに説いた。  自らが過去に犯した過ちの一部を。滅んでしまった国の話を。もう二度と繰り返してはならないと。  そうして、その場から教会、(貴族)、市民、スラムの代表者をすばやく決め、彼らをとりあえずのリーダーとし、言ったのだ。 「新しい国の体制を、皆が納得できるかたちで、これからつくりあげていけばいいじゃないか」。 (ちなみに、スラムの代表を決めるとき「君、やってみないか?」とヘルトゥが誘い「やらねーよ。めんどくせー!」とマリクが辞退するやりとりがあった)  そういうわけで、連日代表達による会議が開かれ、現在国は新しくうまれかわろうとしている。  ジュンイチとカミィは、宣言通りに結婚した。  怪我の治療が済んだあと、カミィはジュンイチによって自宅へ送りとどけられた。  反乱が決行されていたことを知らなかった両親は、ボロボロのカミィの姿を見て言葉を失った。  ジュンイチが事情を説明し、そのついでとでもいうように、 「それと、僕達結婚することにしたよ」  なんて報告したときには、カミィの母は言葉だけでなく気も失ったほど。  けれど、ジュンイチがカミィの命を救ったこと、侯爵の地位である吾妻家の当主であること、それになにより、無理に嫁がせた結果を聞いて、両親はこの報告に異を唱えることはしなかった。  そして、撃たれた傷が良くなった頃、ふたりは小さな結婚式を挙げた。  参列者はカミィの両親、そしてセバスチャンだけ。  マリクも一応招待したものの、欠席の返事が届いた。  誓いの儀式のとき、カミィの指には、ジュンイチがマリクから託されたあの指輪が嵌められた。約束を守り続けた証の指輪はやっと役目を終えて、あるべき場所にそっと収まって。  そうして夫婦になったふたりが吾妻邸にて共同生活をはじめてしばらく。  事件は起こる――。 *   「ジュンイチくん! わたしのプリンが無くなっちゃった!」  これは大事件だ! と、愛する夫の書斎に駆け込んだカミィが目にしたのは、まさにそのプリンの最後の一欠片を口に放り込もうとしているジュンイチの姿。 「あ。これ、カミィちゃんのだったの。ごめんね、糖分が欲しくて。僕、食べちゃった」  ジュンイチはポリポリと頭を掻きながら、スプーンを口にくわえてバツが悪そう。  カミィは目にいっぱいの涙をためて、 「ふえぇ! わたしのプリンなのに。ひどいよぉ。ふえぇん」 「泣かないで。新しいの買ってあげるよ。百個でも二百個でも食べていいよ。おーい、セバスチャーン!」  呼ばれてやってきた老執事の目に飛び込んだのは、泣いてしまっている奥様と、それをじっと観察している主人の姿。 「どうなされました?」 「プリン食べたら泣いちゃった。ああ、本当に、夫婦というものは難しくも面白い。この出来事はレポートにまとめておこう。プリンを食べると泣いてしまう、と……」  ふえぇん、から、シクシク、に変わってきた泣き声の横で、主人はやや興奮気味に、ガサガサと紙の山を漁りはじめる。  積み上がっていた紙の束が雪崩となって、部屋の床を埋めた。 「それでは私が、別のプリンを用意してまいりましょう」 「クリームの乗ったやつがいい」  その場で膝をついて一心不乱にペンを動かすジュンイチと、鼻をかみつつちゃっかり要望を述べるカミィ。  若い夫婦を微笑ましく思いながら、セバスチャンは立ち上がった。  そして振り返って一歩踏み出そうとした次の瞬間。  右足が、ジュンイチの散らかした紙の上をすべり、空を切って、視界が急激に半回転。  ゴッ! という硬い音がしたかと思ったら――  彼は床にひっくり返っていた。 * 「骨に異常は無いから、ただの打ち身だね。一日ゆっくり休めば、明日には動けるよ」  ジュンイチの診察を受けて、ベッドに横たわったセバスチャンは眉を下げた。 「申し訳ございません。まさか滑って転んでしまうとは。このままでは、本日の執務に支障をきたしてしまいます」  時計の短針はまだ真上にすら到達しておらず。  一日ゆっくり休息、というには早過ぎる時間。 「困ったな」 「まことに……。実のところ、ご結婚なされて坊ちゃまも屋敷で過ごされることが増えましたし、人員を増やそうと考えていた矢先でございました。もう少しはやく行動にうつしていれば」  ジュンイチは「へえ」と一言。 「それって、何か条件ある?」 「若く健康で、信頼できる、あわよくば坊ちゃまの友達にもなりえるような人物。が一番の希望でございます」 「友達っていうのは難しいけど、若くて健康なら、心当たりがある。連れてこよう」  ジュンイチはおもむろに立ち上がり、隣に座る妻の手をとった。 「カミィちゃん、出かけよう」 「うん! じゃあ、お菓子屋さんにも行こうねぇ」 「いいよ」 「わぁい。クリームの乗ったプリンを買おうねぇ」 「いいよ。セバスチャンは、僕が帰るまで寝てて」  仲良く部屋を出るふたりを見送って、セバスチャンは言われた通りに目を閉じた。  主人は、変わった。今の彼は、よく、笑う。 * 「やあ、元気?」  間延びした声が、風とともに頬を撫でる。  聞き覚えのある声に振り返ったマリクの視界に飛び込んだのは、ヘラヘラと笑って片手をあげる白衣。予期していなかった客の訪れ。 「ああ!? 何しに来た」   「なんスか!? 誰スか!? オレら今から仕事行くんだけど!?」  ボコがチョロチョロと突然の訪問者を威嚇するも、「こんにちはぁ」と、ジュンイチの後ろからカミィが姿をあらわせば、とたんに勢いをなくして頭を下げた。 「あっ、こ、こんにちは……ッス」  口を固く結んでマリクの後ろに立つデコに向かって、「やべーよ。可愛い女のコだ。ボスとどういう関係!? てかアレ? あのコなんか見たことある系?」と、小声で話しかけている。 「うるせーな。ちょっと静かにしてろ!」  マリクは振り返って部下達を怒鳴りつけ、数歩進み出て招かれざる客と対峙。  近づくと、厄介事の匂いがした。 「わざわざこんなとこまで、何の用だ」 「マリクくん。うちで働いて」 「……は?」 「じゃ、行こう」  ジュンイチは、事態が飲み込めず立ち尽くすマリクの腕を掴み、そのまま人さらいよろしく連れようとする。 「待て待て待て待て! おい! 何だどういうことだ!? おい、待て!」  早口で騒ぎ立てても、抵抗むなしくずるずる引かれ。 「待てっつってるだろーがよっ!」  殴りかかろうと拳を上げれば、後ろに目がついているのかと思うほど無駄のない動きで避けられ、流れるような動作で拳をキャッチ。デジャブ。 「くそっ! お前はあいかわらず空気が読めない!」 「何か不満がある? お給料はちゃんと払うし、住み込みの部屋だって用意する。ここよりずっと広いし、ベッドだって上質。生活環境はずっと快適になるよ」 「そういう問題じゃねーんだよ。俺にはもうすでに仕事があるんだ。なあ。デコ、ボコ?」  部屋の奥に向かって問えば、返って来たのは「え? なんスか?」と、気の抜けた返事。カミィと話し込んで、まったく聞いていなかった様子。 「あのねぇ。マリクが、わたしとジュンイチくんのおうちでお仕事したらとっても良いなって思ったんだって」 「あ、なるほど。そッスねえ! ボス、行ってもいいスよ! オレら仕事のやり方はわかるから、引き継いでやりますよ! いいなあ、貴族のお屋敷に住めるのかぁ。すげーいい暮らしッスね! あ、たまに遊びに行っていいスか?」  うらやましッス! と全力の笑顔で、おそらく本気でそう思っているであろうボコと、その横でただ頷くだけのデコ。部下の裏切りに、開いた口が塞がらない。 「決まりだね」  頷いて、ジュンイチは再びマリクを引きずりはじめた。 「待て! ちょっと、強引すぎねーか!?」 「欲しいものは自分で取りにいけって言ったのはマリクくんだよ」 「お前……馬鹿野郎」  マリクは観念して吾妻邸で働く決心をした。  きっとこれから、今までよりもっと楽しい毎日がはじまる。  そんな予感に包まれた、ある晴れた日のことだった。

ご覧いただき、ありがとうございました! 次回からはじまる外伝は連作短編形式で、話ごとにコメディ、シリアス、ほのぼの、ホラー等いろいろごッた煮ます。 むしろ本編より外伝が本番感があるので気が向かれましたらぜひ覗きに来てやってください!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ステラ

    シコティー

    ♡6,000pt 〇3,000pt 2019年8月28日 21時05分

    おぉ、大団円になったぁぁぁぁぁぁ!次は外伝だにゃ!マリクもいい感じになって良かった!恋愛でここまでハマるとは思わなかったので、沢山ポイント投げるね(´・ω・`)最高でした!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    シコティー

    2019年8月28日 21時05分

    ステラ
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年8月28日 21時36分

    ありがとうございまぁす!🎃悲しいこともあったけど、最後はとってもハッピーなのでした!終わりよければ全て良しなのだ!普段恋愛ものを読まない方にも読んでいただけたこと、すごく幸せです!外伝は恋愛以外のジャンルもあるので、引き続きお楽しみいただけたら嬉しいです!次回はダークめな回です

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年8月28日 21時36分

    男盗賊
  • マオ(えんどろ~!)

    陽向 舞桜

    ♡500pt 〇500pt 2019年8月28日 20時50分

    本編完結、おめでとうございます!カミィちゃんの指にはめられたのは、マリクから託されたあの指輪……ここで再びぶわっと涙が!二人のこれまでと、マリクの想いが蘇ってはしみじみ。マリクを迎えた吾妻家……これまで以上に楽しい毎日になりそうですね♪外伝も楽しみにしています(*ฅ́˘ฅ̀*)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    陽向 舞桜

    2019年8月28日 20時50分

    マオ(えんどろ~!)
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年8月28日 21時29分

    ありがとうございまぁす!🎃指輪を手放して、マリクがやっと思い出から開放されたのかなと思います!(物理的な意味だけじゃなくて精神的にも)やっと開放されたのに、これからもふたりに引きずられるマリクwになってしまいましたが、楽しい日々なら良いですよねっw外伝もまた遊びに来てい(文字数

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年8月28日 21時29分

    男盗賊
  • アマビエペンギンさん

    柏木美月

    ♡1,500pt 〇300pt 2020年3月13日 21時27分

    最終話で更に事件!?と思ったら(笑)。カミィちゃん達が幸せそうで良かったです。クリーム乗せのプリン、たくさん食べてください!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    柏木美月

    2020年3月13日 21時27分

    アマビエペンギンさん
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2020年3月13日 23時17分

    ありがとうございまぁす!🎃ジュンカミは永遠になりました♡マリクもこれで……です! 外伝ではこの後の彼らがゆるやかにまた変化していったり、本編で入れられなかったあれこれなど連作短編でやっております。 いただいた応援でカミィにプリンをあげたいと思います🍮ありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2020年3月13日 23時17分

    男盗賊
  • 男盗賊

    八代金

    ♡800pt 〇200pt 2019年10月10日 21時09分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは名作

    八代金

    2019年10月10日 21時09分

    男盗賊
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年10月10日 22時24分

    ありがとうございまぁす!🎃名作ですか……!もったいなきお言葉です嬉しいです!個人的には本編はむしろプロローグ、外伝が本番だと思っていますのでお時間ございましたらぜひ続きも覗きに来てやってくださいませ〜🎀じわじわと……ちょっとずつワルツの世界のことをこれからも書いていきた(文字数

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年10月10日 22時24分

    男盗賊
  • ユーシャ(えんどろ~!)

    朝比奈 架音

    ♡300pt 〇100pt 2019年8月26日 13時08分

    マリク……名実ともにスラムの王様になるチャンスだったのに……! でも、吾妻家で仕事ができるのは良かった。 これから賑やかになりそうですね! ジュンイチ君もカミィちゃんも、たぶんマリクもみんな幸せそうで本当に良かった! これは、ささやかなプレゼントです。 (っω<`。)つз

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    朝比奈 架音

    2019年8月26日 13時08分

    ユーシャ(えんどろ~!)
  • 男盗賊

    あっきコタロウ

    2019年8月26日 23時32分

    ありがとうございまぁす!🎃マリクはもともとスラムから出たいと思っていたので、ちょうど良かったはず……はず!笑 にぎやかにやってる彼らとか、マリクの過去とかも外伝でじわじわ出していくですので、ぜひまた遊びに……って、えっ!? プレゼントありがとうございます! うれしいです!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あっきコタロウ

    2019年8月26日 23時32分

    男盗賊

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 第2回ノベプラ大賞、一次通過しました!

    ♡876,199

    〇34,757

    現代/その他ファンタジー・連載中・85話 ほしのななか

    2020年4月10日更新

    【本作はディストピア小説に属する近未来ファンタジー作品です】 貧困により苗字を売られた少年『創』は幼い頃大切な友達を殺された。 『ペスト』に侵されたネズミを喰い死んでいった友の仇をとる為、この腐った世の中に復讐する為、メスの刃を世界へ向ける。 メスを向けた相手が『化け物』だということを『創』はまだ知らない。 中途半端な正義へのアンチテーゼ。 子供たちの無垢な想いが汚い大人を、悪を淘汰する瞬間。どうか見逃さないでください! (表紙は『魅羅ちぇ555』様に、挿絵は『真琴』様と『魅羅ちぇ555』様に描いていただいており全て許可を得たものとなります)

  • それは、願いと欲望の群像劇

    ♡87,650

    〇5,955

    ホラー・連載中・30話 Thera

    2020年5月31日更新

    物語の舞台は、革新と伝統の入り混じる振興都市エルモ。 図書院司書の殺害事件が発端となり、歪に噛み合った歯車は動き出した。 司書の浮気相手特定を依頼された探偵は、策謀の糸の絡まりを見つけ。奇妙な事件に巻き込まれた人々は、若草色の瞳の少女と出会い、忘れ去られた異形の姿を知る。 「お前か! そうかお前が! この美しき星図を乱す、雑音〈ノイズ〉なのだな──!」 誰かは叫び、誰かが嗤う。享楽と退廃の世界で繰り広げられる、願いと欲望の群像劇──ここに開幕。 ※とある街のうわさ話を辿る、物語。完結済みの『箱庭の街』と連作です。超絶大改稿しました。レヴィなぞという探偵が嗅ぎまわってます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三つの世界の物語です。

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・49話 水竜寺葵

    2020年6月4日更新

    三つの世界の物語です。 別サイト様にも掲載してますが冒頭に等ノベルアップオリジナルのお話を記載してます。 ※注意※ この物語には前作と前々作のからくり少女と幽霊屋敷の麗奈と孤独な少女とからくり明かしの住民達と同一人物が出てきますが、パラレルワールドに住む主人公達という設定です。前二作の余韻を残したまま読むと混乱をきたす場合がございます。ご注意下さい。 ・異世界トリップした先はなんと乙女ゲームの世界だった お屋敷で一人暮らししている主人公がある日謎の男に声をかけられその後異世界トリップ。そこは彼女の世界では人気乙女ゲームとして有名な世界だった。ゲームの知識を駆使して生き残り仲間達を助けるはずが……。誰をも味方に付けてしまう世界に愛された少女のお話。 ・~Another story~ 異世界から来た運命の子 これはもう一人の主人公のお話。異世界まで着た彼女の目的はただ一つ。「影」をこの世界から全て消し去ることただそれだけ。 ・遥かな時を超えて巡り会う者達 聖女物語が伝説となった頃十六歳になる娘の家に信託を告げる破魔矢が現れ、少女は神子となりこの世界を救うため仲間達と旅をする。 少女達の旅は新たな聖女伝説を生み出す。何もできない村娘に課せられたものは世界の終わりか新たな未来か。

  • 地味子が最高。

    ♡1,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・53話 三葉空

    2020年6月4日更新

    倉崎輝臣(くらさきてるおみ)は平凡な高校2年生。 そんな彼のクラスは女子のレベルが高く、男子たちはウッハウハ。 ただ、梨田みゆき(なしだみゆき)という地味子だけは冴えないとバカにされている。 ある時、輝臣はひょんなことからみゆきと接近する。 そして、彼女の本当の姿を知った時、彼の学園生活が変わった。 *この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※本作は『カクヨム』『ノベルバ』にも掲載しています。